Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

Looking Through A Glass Onion

 2月2回目のセッションは13日、二子玉川・Gemini Theaterでの大人のビートルズセッション。この日は、鶴見で本庄さん、御徒町で哲ぼうさんのセッションが開かれていて、参加者がばらけたようです。

Img_6489

 

 いつものように近くの居酒屋で一杯やってからお邪魔しました。一緒に行くはずだったオグちゃんが体調不良で取りやめたため、一人酒でしたので1合少々でセッションに向かいました。

Img_6506

 シマウマ院長、長田さん、オキーフさん、福田さんら参加者は結構多くて、楽しく演奏できました。後期の難曲も何曲かあり大変でした。最後はヘロヘロ状態で、Day Tripperのリフでもたついてる状態でした。

Img_6504

 オキーフさんがリッケンの12弦を持参して、何曲か弾いていました。オキーフさんは「12弦じゃあなく10弦しか張ってない」と話してみえました。12弦は時々、弾きたくなりますね。

 間違えてまさにいのカポタストを持ち帰ってしまいました。スミマセン。次回、返却を忘れないようにカバンに入れました。

Img_6495

 セッション曲は以下の通りです。

 Let It Be、Please Please Me、A Hard Day's Night、You Can't Do That、Ask Me Why、This Boy、Everybody's Got Something To Hide Exept Me And My Monkey、Savoy Truffle、Dig A Pony、Revolution、Ticket To Ride、Every Little Things、Drive My Car、Michelle、If I Fell、I'll Follow The Sun、I Call Your Name、Please Please Me、Here Comes The Sun、Nowhere Man、Glass Onion、Dear Prudence、Taxman、And Your Bird Can Sing、Strawberry Fields Forever、Rain、Day Tripper、I Saw Her Standing There、Some Other Guy

 

Img_6500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

We All Want To Change The World

 2月最初のBeatlesセッションは5日、何カ月ぶりかの赤坂・Crawfish。例によって、オグちゃんと焼鳥屋へ行っていっぱい飲んでから出かけました。キンゴロウさん、シマウマ院長、信田さんら少数精鋭のメンバーでしたが、難曲も何曲か演奏しました。シマウマ院長は最近、ジョージとして生きていく、と宣言してギターを頑張っていました。

Img_6475

 覚えている限りの曲は以下の通りです。

 With A Little Help From My Friends、Baby You're A Rich Man、Here Comes The Sun、Michelle、Being For The Benefit Of Mr. Kite!、She Loves You、Nowhere Man、Back In The U.S.S.R.、Hey Bulldog、And I Love Her、Help!、You Never Give Me Your Money、Sun King、Lucy In The Sky With Diamonds、I Am The Walrus、In My life、Taxman、Rock And Roll Music、When I'm Sixty-Four、Tell Me Why、I Feel Fine、Revolution、Savoy Truffle

Img_6478

 

Rain, I Don't Mind

 

 冷たい雨となった1月28日の火曜日。御徒町・Jam Sessionのまっかさんのセッションに行く前に、なじみの立ち食い寿司へ同僚と行き一杯、いや、いっぱいひっかけました。いつもほぼ満員なのに、天候のせいか他のお客さまがいなくなる事態も。2人で熱燗7本も飲んでからセッションに行きました。

Img_6431

 久しぶりにジェットさん、ケンちゃんらと遭遇。酩酊状態でLady Madonna、Nowhere Man、Hellow Goodbye、While My Guitar Gently Weeps、Hey Bulldog、Let It Be、Octopus's Garden、Get Backを演奏させていただきました。ありがとうございました。

Img_6458

 

Img_6438

 

Img_6444

 気がついたらもう2月です。今月は、赤坂・Crawfishへ久しぶりに行ってみようと思っています。

 

 

 

Blue Mist Round My Soul

2020年2つ目のセッションは、二子玉川・Gemini Theaterでの大人のビートルズセッション。年末の大樂藝會イン銀座2019で応援いただいたジョン・トーマさん、ポール・たっつあんのBeaglesがホストのセッションです。駅前はきれいなイルミネーションが輝いていました。Bay Trippersのオグちゃん、桜井さんに加え、ヘンリ―さんと大樂藝會のお客さまでBassを弾く有馬さんとの5人で、隣の居酒屋・貮古玉一本堂でたっぷり飲んで参戦しました。

Img_6398

  思ったよりもお客さまは少なくて、オキーフさん、長田さん、リカちゃん、哲ぼうさん、シマウマ院長にさいもんのお二人、やっとかめの村田さんらでした。有馬さんは、初期が得意ということでしたが、われらの後期ナンバーもしっかり演奏していただきました。

Img_6414

Img_6419

Img_6421

Img_6422

 セッション曲はだいたい以下の通りです。

 Nowhere Man、I've Got A Feeling、One After 909、Don't Let Me Down、Something with Eric Clapton、Every Little Things、Something、Eight Days A Week、Sexy Sadie、Dear Prudence、Yer Blues、Rain、We Can Work It Out、She Loves You、Michelle、You Can't Do That、Do You Want To Know A Secret、Help!、All My Loving、And I Love Her、The Night Before、And Your Bird Can Sing、Here Comes The Sun、Hey Bulldog、In My Life、Tell Me Why、I Saw Her Standing There ... and more

Img_6426

 

 

 

Getting So Much Better All The Time

 新しくなった銀座線の渋谷駅に寄ってみました。

Img_6379

 2020年最初のセッションは16日、鶴見・ラバーソウルへ。前の会社の同僚で、武道館ライブのチケット3枚当たったという秋山さんと一緒に出かけました。ビバちゃんがナビで20人ほどが集まる人気セッションでした。クルさんとも久しぶりにお会いできました。

Img_6386

 チェイサーさんが持参したオールローズもどきのテレキャスモデルを使わせていただき、秋山さんとI Saw Her Standing Thereを演奏しました。見た目はそっくりですね。

Img_6394

 この日のセッションの演奏曲です。

 Nowhere Man、If I Fell、Something、Run For Youe Life、Paperback Writer、Everybody's Trying To Be My Baby、I've Just Seen A Face、Twist & Shout、Get Back、All My Loving、If I Needed Someone、Mr. Postman、Here Comes The Sun、Love Me Do、I'm A Loser、In My Life、I Saw Her Standing There、Wait、Come Together、Kansas City、Oh! Darling、Can't Buy Me Love、Long Tall Sally、Eight Days A Week、Something with Ukulele、Helter Skelter

 

 

Oh, That Magic Feeling Nowhere To Go

Img_6253

 年末年始の休みも今日まで。あっという間の9日間でした。

 富士山の近くでライオンにえさやってきました。

Img_6309

 

 

In My Life I've Loved Them All

Img_6177  

 明けましておめでとうございます。

 また一つ齢を重ねました。バンド活動続けられるように頑張ります。

 今年もよろしくお願いします。

 初セッションは、御徒町かな? 下北沢かな? 鶴見かな? 二子玉川かな?

 

 

 

You've Been Good To Me

 2019年、令和元年も残すところ2日余となりました。

Img_6175

 今朝も、ピシッとした冷気の中、富士山が真っ白でした。

 今年のライブは名古屋、東京とも2回ずつでした。東京では毎月数回、セッションに行きました。いろんな場面でさまざまな人にお世話になりました。ありがとうございました。来年もバンド活動第一で過ごしたいなぁと思っていますが、また一つ年を取るし、どうなることやら。よろしくお願いします。

It's Been A Hard Day's Night

 クリスマスのころに毎年開いている大樂藝會イン銀座は12月21日、銀座ラウンジ・ゼロで開きました。今年6月26日に亡くなった大樂藝會創設者の村串栄一さんを追悼しながら、7組が色とりどりの音楽をお届けしました。過去最高の180人が来場し、熱気あふれるステージとなりました。Bay Trippersはラス前に出演、ジョンとポールというビートルズバンド絶対のフロントをBeaglesの2人にお願いしてパフォーマンス。強力コンビのおかげで楽しいライブとなりました。

Img_6162s

 

 

 

 

 

 トップバッターは、稲熊均さん。村串さんの後輩で、村串さんの思い出を語り、ピアノ独奏。ショパンの「別れの歌」を聴かせてくれました。

Img_6120s

 

 

 

 

 

 続いては、今年夏に名古屋に転勤した、Bay Trippers元メンバーのバッシーことMr. Postman。ループマシンを駆使して、エド・シーランばりのパフォーマンス。バンド名と同じPlease Mr. Postmanから、Bohemian Rhapsody~We Will Rock Youまで、オリジナル曲も含め熱唱しました。

Img_6126s

 

 

 

 三番手は、お馴染みのガ・セネターズ。コピジナル復活か、と期待されましたが今年はかなわず。最初はヘンリさんがアコギ1本でPink FloyedのWish You Were Here、次はユカリーナがコーラスに入りEric ClaptonのTears In Heaven、さらに弥生さんがコーラスでユカリーナがあいみょんのマリーゴールドを歌いました。さらにBassのオサムちゃん、キーボードの櫻井ちゃん、ドラムスにイアン・ペイスになりきったオグちゃんが入ってEaglesのTake It Easy、最後は、みどりさんが加わりDeep PurpleのHighway Star。みどりさんの見事な歌いっぷりに拍手喝さいでした。

Img_6133s

 

 

 4番目は初登場のハニーハンターズ。オグちゃんの地元・調布などで活動している昭和歌謡バンドです。ギター、ベース、ドラムスにキーボード2台にVocalはハニーちゃん。涙の太陽、わたしの彼は左きき、天使の誘惑、恋の奴隷、真夏の出来事、喝采、上を向いて歩こう、ルージュの伝言というセットリストでオジサンたちには懐かしのメロディー。狭い通路で踊りだす人も出るなど大盛り上がりでした。

Img_6144s

 

 

 

 興奮冷めやらない雰囲気の中で登場したのは、モリ&チエを核にしたSimon & Garfunkelのトリビュートバンド、Silver Haired Daddiesです。El Condor Pasa、The Only Living Boy in New York、A Hazy Shade of Winter、America、The Boxer、Cecilia、Kodachrome-MaybelleneにMrs. Robinson。時間の都合でSound Of Silenceが聴けなかったのが残念でした。主催者権限で、アンコールを叫べばよかったと後悔しています。

Img_6153s

 

 

 

 Bay Trippersの後、トリは今年もGootzの皆さん。70人ものお客さまを呼ぶ力持ちです。Teach Your Children、How Long 、China Grove 、たどりついたらいつも雨降り、サントワマミー、Be My Baby、Bad Case Of Loving You、Rockin' Down The Highway、Something、Long Train Runnning、Kodachrome、Blowing In The Wind、タイムマシンにお願いというロックの名曲そろいのセットリストでした。年間7~8回のステージをこなしておられるそうで、昨年よりも格段に力をつけたステージとなりました。

Img_6161s

 

 

 

 Bay Trippersは、バッシー転勤の代役にトーマさん、急きょ出演できなくなったローラさんの代役にタツさんをお願いしてのステージ。前日夜に一夜漬けのリハで臨みました。運営とステージ、二つの役割がつらくなってきていて、まさにハードデイズナイトでしたが、会場からの団扇応援などで力をいただきました。名古屋で大間違いしたCarry That Weightのソロもちゃんと弾けました。全体として、いいステージだったと何人から声をかけられました。ありがとうございます。

 セットリストです。

 A Hard Day's Night、You Can't Do That、All My Loving、Penny Lane、I've Got A Feeling、One After 909、Don't Let Me Down、Golden Slumbers~Carry That Weight~The End

Img_6163s2

Img_6163s1

 次回の大樂藝會イン銀座は、2021年1月30日(土)を予定しています。会場は、同じラウンジゼロです。

 

 

 

 

 

I Never Give You My Pillow

 怒涛の12月が残り10日、1年の早さにあらためて驚いています。バンド活動も大忙しで、このブログの更新も遅れました。

Img_6082s

 12月8日、ジョンが亡くなって39年目の夜、名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルでの追悼ライブです。2001年から始まったこのBeatlesイベント、平和のための募金を呼びかけ、集まったお金をペシャワール会へ送っています。ライブ直前に届いたペシャワール会会長の中村哲医師の銃弾による訃報。いつにも増して平和への思いが大きくなりました。

Img_6091s

 ポーク・マッカートニーとトン・レノンのフロントに隠れてしまうドラムスはサンデー毎日になった亮さん。Bassは前田さん、Keyboardは田中さんと1年前と同じメンバーで臨みました。客席には、タロー一家や元メンバーの悦ちゃん、ちーちゃんも。昨年亡くなったMeatles後援会長・冨田輝司先生のお世話をしていた足立さんやKK&Mのマリーさんも来ていただきました。

Img_6084s

 お昼に大須のスタジオで練習、店でのサウンドチェックが終わって開演まで2時間。ついビールを飲んでしまったのが間違いだった気がしています。最初の曲のイントロで入れなくてやり直し。最後のCarry That Weightでピアノの音に聞き惚れてしまい、一番おいしいギターソロを弾き忘れてしまう大ポカ。反省しきりでした。

 この日のセットリストは以下の通りです。

 Cold Turkey、Back In The U.S.S.R.、Come Together、Something、In My Life、Here Comes The Sun、Don't Let Me Down、Golden Slumbers~Carry That Weight~The End、Let It Be

«Tomorrow Never Knows