Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)午後1時開演~5時30分終演、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。不死身のひと・村串栄一、Bay Trippers、ガ・セネターズ、漆間巌グループ、ゼロⅡなど。1ドリンク付き2,000円。新橋烏森ワインバル協賛(予定)                                 ★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  8月19日(日)午後4時~8時、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。中日新聞社の貸切イベント。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postmanに続きMeatlesとして出演。                      

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

I've Got Time

 Img_3187_2


 9月7日、ちょっと遅めに鶴見・Rubber Soulの寄本さん、Itoちゃんのセッションに。Something、Drive My Carなど数曲を弾かせていただきました。


Img_3215


 翌週、11日は赤坂Crawfishへ。骨折した哲ぼうさん、サラリーマンになった安掛さんなど芸達者がそろい、楽しいステージを楽しめました。ドラムの青年から「20代ギリギリで司法試験合格しました」と報告もありました。

Img_3206


 演奏された曲は30曲余。
 Something、Here Comes The Sun、One After 909、I've Got A Feeling、Don't Let Me Down、Octopus's Garden、And Your Bird Can Sing、Hey Buldog、Pease Please Me、I Saw Her Standing There、She Loves You、P.S. I Love You、You Really Got A Hold On Me、Jet、Band On The Run、Strawberry Fields Forever、Penny Lane、Act Naturally、What Goes On、I Wanna Be Your Man、A Hard Day's Night、Long Tall Sally、Ai'nt Dhe Sweet、Eight Days A Week、Oh! Darling、Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、Back In The U.S.S.R.、Baby's In Black、Nowhere Man

 14日は、赤羽での飲み会が早く終わったので下北沢・Breathのキンブレに久しぶりに行きました。思ったほど人がいませんでしたが、トーマさんと小倉さんがいて、何曲か一緒に演奏できました。


Img_3223


Get Back To Where You Once Bolonged

Img_3135


 19日、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデンで、さよなら中日ビルのイベントライブにMeatlesとして出演しました。猛暑が一服、心地よい夜風の中で演奏できました。ライブの出来は、うーーーんと言葉に詰まります。練習不足と寄る年波には勝てませんでした。それも、ライブの醍醐味にしましょう。


Img_3040s


 ルーフトップライブは、青森からリリーが里帰りして結成されたエト・ワンズ。干支のワンワン、つまり戌年生まれの武江さん還暦を祝ってできたバンドがトップバッター。Stand By Me、想い出の渚、青い珊瑚礁、ありがとう、The Gift、さよならの向こう側。アンコールにダンシングヒーローでした。


Img_3043s


 続いて沼野オジサンを若い社員が支えたスピッチュ。その名の通りスピッツの曲を披露してくれました。


Img_3047s


 続いてバッシーがMr. Postmanとしてアコギでの弾き語り。卒業写真に続いてHey Judeではループマシンを使いコーラスを演出。約300人の観客を巻き込んでの熱いステージ。最後は、ずっと好きだったでした。

 ここでビル役員からのリクエストに応え、高校三年生と青い山脈のシングアウト。大きな歌声が響きました。

Img_3100s


39747726_1673154426144401_254939874


 最後がMeatlesでした。バッシーも残って参加しました。
 中日ビルが開館したのは1966年。ビートルズが来日した年です。東京公演の1曲目Rock And Roll Musicからこの日のステージを展開しました。We Can Work It Outに続いては、ポールがOut There TourのオープニングナンバーにしたEight Days A Week。Lady Madonnaの後は、お待ちかねの後期ナンバーです。「本当の屋上で演奏するのは17年間の夢でした」というバッシーをメインボーカルにしてGet Back。続いてCome Together、Here Comes The SunとAbbey RoadのA面とB面の1曲目、ルーフトップからDon't Let Me Downと続け、ラストはGolden Slumbers~Carry That Weight~The Endでした。アンコールの声が15秒ほど出ませんでしたが、Let It Be、さらに最初にエト・ワンズがやったStand By Meで最後の曲としました。PAセットから8時間、酒もほとんど飲まなかったのに楽しめた真夏の一日でした。コンサートの幹事を務めていただいた武江さん、新ビル準備室の皆さん、来場されて聴いてくれた皆さんに感謝、感謝です。ありがとうございました。
 会場では号外も出ました。

39777280_1673162636143580_371273336


 Meatles、次のライブは12月8日(土)、栄・アンティークノエルでのジョン&ジョージ追悼「Give Peace A Chance!」になりそうです。

You've Seen Seven Wonders

 灼熱地獄が続いています。昔、1990年代、環境庁の職員が「温暖化という言葉を使ったのは間違いだった。灼熱化とか気象異常とすべきだった」と言ったのを思い出しました。

Img_2961


 前の記事で紹介した「韓国歌謡史」出版を報じた中日新聞記事です。名古屋で出版記念会が開かれたのは7月22日。この日の名古屋の最高気温は39.5度でした。汗だくで会場に向かいましたが、作家の磯貝さんや大須の酒幕のヨンジャさんに会え、楽しい時間を過ごせました。

Img_2952


 朴さんのけがもよくなっていたようでした。


 東京に戻り、25日はヘンリさんとライブのはしごでした。

Img_29664

 最初は、年末恒例になった「大樂藝會イン銀座」の会場となっているラウンジ・ゼロの開店4周年ライブ。オーナーの中村信雄弁護士がリードギターのバンドです。Vocalとしては、SAY-GOさんと井出麻理子さんが登場、LaylaからWonderful Tonighとクラプトンナンバーや1970年代初頭の大ヒット曲Long Train Runningなどを演奏されていました。中村先生は「今年になってギター触ったのは4日前」と話していましたが、近くのクラブのお姉さん方が目立った会場は盛り上がっていました。


Img_2982yuka

 2件目は、築地のBlue Moodで、YUKAのレコードデビューライブ。昨年の中村先生のBirthday Liveでツェッペリンを歌ったことで知り合い、普段活動している六本木のハイサイJrへも一度、ヘンリさんと一緒にお邪魔しました。

 デビューアルバム「Mixed Emotions」からの曲を中心としたステージでしたが、途中でLong Train Runningが同じようにメンバー紹介の曲として演奏され、ちょっとびっくりしました。ステージは迫力満点で、40年ぐらい前にバンドを率いてデビューした福島邦子さんのロックを思い出しました。


Img_2987

 翌日の26日、高円寺での懇談会に出る前に、20代を過ごした阿佐ヶ谷から高円寺を散歩しました。阿佐ヶ谷ガード下の一番街では、とんかつ屋さんだけが知っている店でした。最初に住んだ6畳一間の泰山荘は取り壊され、立派なアパートになっていました。


Img_3005

 8月最初のセッションは3日、鶴見・Rubeer Soul。ラディックさんがホストで、ゲストはチャック近藤さん。1995年に出版されたチャックさんの「全曲解明!! ビートルズサウンド大研究」はいつも手元においてあります。ItoちゃんやSugiジョンさんもサポートメンバーのような感じで、お客さんも哲ぼうさん、坂本障子貼寸さん、トーマさん、石井ビーバーさん、西川さん、あびろうさんなど強力メンバーぞろい。でもなぜかドラマーは不在で、ラディックさんは熱中症になるでは、というほどの活躍ぶりでした。楽しい雰囲気の中で40曲ぐらいが演奏されました。


 セットリストです。
Act Naturally
I Call Your Name
Do You Want To Know A Secret
I Saw Her Standing There
Ask Me Why
Everybody's Trying To Be My Baby
Something
Drive My Car
She Loves You
I Want To Hold Your Hand
You Can't Do That
Baby It's You
Back In The U.S.S.R.
One After 909
Please Please Me
Till There Was You
No Reply
Rock And Roll Music
I Want You
Bad Boy
Ticket To Ride
Help !
Anna
Money
You've Really Got A Hold On Me
I Feel Fine
And Your Bird Can Sing
I've Got A Feeling
Nowhere Man
And I Love Her
Don't Let Me Down
Please Mister Postman
Eight Days A Week
I'm Happy Just To Dance With You
With A Little Help From My Friends

You Know The Reason Why

 気候変動が大きな災害をもたらしています。猛暑の中、被災地に思いを馳せます。

 12日、日暮里で開かれた朴燦鎬さんの「韓国歌謡史」出版記念会。李政美さんが矢野敏広さんのアコースティックギターで、本に描かれた3曲を披露しました。最後の曲が「イムジン河」でした。歌詞は李さんのオリジナル。中学3年の時、深夜放送のラジオから流れた「帰ってきたヨッパライ」を作ったフォーククルセダーズに教えてもらった曲です。平壌のカラオケスナックで聴いたことも思い出しました。

Img_2907


 その足で、新婚さんの哲ぼうが仕切る御徒町のセッションへ。高林ジョンさん、オキーフさん、不動さん、おぎやんら3カ月ほどお会いしていなかった人たちと一緒でした。Revolution、Happiness Is A Warm Gun、Yer Blues、Dear PrudenceといったWhite Albumの曲やAll My Loving、Ticket To Ride、この日4回目というSomethingなどのほか、Abbey Road のShe Came In Through The Bathroom WindowのギターソロからB面メドレーを演奏させていただきました。

Img_2925


 翌13日は横浜美術館の「モネ それからの100年」展の内覧会へ。睡蓮や夕陽など30点近いモネと、そのレガシーの世界を楽しみました。名古屋で先に開かれ人気を集めた展覧会で9月24日まで開かれています。


Img_2927


It's Been A Long Time

 久しぶりというか、ほんと、やっとかめです。3月から3カ月ほど更新をさぼってしまいました。桜の季節から、梅雨を駆け抜け、夏到来です。


 6月29日の金曜日、これまた久しぶりの鶴見・Rubber Soulで哲ぼうさんのセッションです。鴨下さんが名古屋へ、信田さんが神戸へ転勤となるというので、その壮行会みたいなセッションになりました。Back In The U.S.S.R.から始まって様々な曲を演奏できました。


36376277_1268503516617664_338393816


 この日、ビックリしたのは哲ぼうさんに彼女ができて、来週にも籍を入れるという話でした。おめでとう、哲ちゃん!ちょっとピンボケですが、二人の写真を。

Img_2797s


 6月23日はローラさんの誕生日でした。下北沢・BreathのAll Together Now!!に出演しました。こちらも3カ月ぶりのライブでした。White Album50周年を記念して、White Album特集のセットリストを組みました。

 映像はこちらへ。
 https://youtu.be/LEG8ADFEDbc

Sleeps In A Hole In The Road

Img_2538


Img_2535


Img_2537


 埼京線戸田駅から会社へ向かう途上、梅、木蓮、河津桜が満開になっていた今週でした。今日、17日は東京でソメイヨシノが開花したというニュースが流れました。春が来ましたね。Here Comes The Sunが弾きたくなる季節です。


 今月初め、4日の日曜日、パウロ鈴木。&ゴマワールド with 難波弘之による第3弾アルバム「GOMA WORKS Vol.3」の発売記念ライブへ行きました。楽しいライブでした。


Img_2498


Martha My Dear

28741698_277174256153080_501505452_

 3月10日(土)は下北沢・BreathのBeatles Live 「All Together Now!!」に出演しました。バッシーに代わって高ピーさん、キーボードは新たに加わった櫻井さんと、初めての組み合わせでした。

 ルーフトップの曲と今年50周年のWhite Albumからの選曲でセットリストを作りました。結構、マニアックなステージでした。

 Get Back
 Don't Let Me Down
 I've Got A Feeling
 One After 909
 Helter Skelter
 Dear Prudence
 Martha My Dear
 I'm So Tired
 Why Don't We Do It In The Road
 Hey Bulldog
 Back In The U.S.S.R.
 (アンコール)Dig A Pony

 ほかの出演者は、トーマさんや吉武さんのざ・銀蜜、市が尾・インマイライフなどで何度もご一緒したKaz's R&R Garden、渋谷さんのWild Wings、ジャンさんのBeatlesSで、知った顔がいっぱいでした。友人の谷口さん、助川さんも来てくれて、楽しい時間を過ごせました。やっぱ、ライブは最高です! ありがとうございます。
 

If You're Lonely

 バレンタインデーの翌日、15日は鶴見・Rubber Soulの「浜の…Beatles Session」へ。3月10日のBreathライブにトラで出ていただく高林ジョンさん、いつも写真を撮ってくださる石井さん、ずいぶんやっとかめの坂口さん、この日も唯一のドラマーだったヒッコリーさん、ウクレレでジョージ追悼のSomethingを演奏された飯沼さんに岩本店長さんなど、楽しいメンバーでした。

28052510_1576996642377835_159715989


 10時ごろにはお暇しました。それまでの演奏曲は以下の通りです。

 All My Loving、Every Little Thing、Kansas City、Dig A Pony、One After 909、Eight Days A Week、Come Together、Don't Let Me Down、You Can't Do That、Revolution、Please Mister Postman、Day Tripper、Something、While My Guitar Gentley Weeps、Octopus's Garden、I've Got A Feeling、Get Back、Hey Bulldog、I Don't Want To Spoil The Party、Ticket To Ride、Nowhere Man … and more

You Can Talk To Me

 左側の「Metles Live」のリストに挙げていますが、3月10日(土)に下北沢・Breathでライブです。Breathのビートルズイベント「All Together Now!!」への出演です。バッシーが参加できないので、鶴見・Rubber Soulのセッションで一緒になる高ビーさんに応援を頼みました。ピアノは昨年末の大樂藝會2017で、ガ・セネターズのキーボードを務めた櫻井さんです。後期の曲を中心に演奏します。オープン18:00、スタート18:30で、Bay Trippersは19:45ごろからの予定です。みんな来てね!

20180310breathb0001


Your Mother Should Know

26992743_1998175210505370_973701769


 甲府のQさんこと山崎敬子さんから、ライブのお誘いがありました。

 「歌謡曲のライブします。歌手はアイドルっつうか、ババドルになりきっています。こわいもん、見ませんか?」

 2月24日(土)山梨市 お泊りは石和温泉とか・・
 3月7日(水)蓼科 横谷温泉 冬の横谷渓谷トレッキングとか・・・
 3月24日(土)甲府市 お泊りは湯村温泉とか・・・
 4月26日(木)蓼科 横谷温泉 桜が満開かも・・・

«Thursday Night