Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

お疲れ様でしたぁ~

どもども~Eっちゃんでございますぅ~風邪から復活しました~

2007年恒例ライブも無事?終えましたが、メンバーの皆さんご苦労様でした。そして、応援に来て頂いたミートルズファンの皆さん、いつもいつもありがとうございます。

今年は、ナゴヤドームLIVEやオアシス21LIVEなど、大きなイベントで歌う機会が多く、とっても刺激を受けた一年でもあり、E子にとって良い年になりました。また来年も沢山のLIVEがある様なので、とっても楽しみにしています。浜松から、ふっ飛んできますね。(笑)

今年一年、本当にありがとうございました。そして来年も、ミートルズの応援よろしくお願いします。それでは、良いお年を‥

12月LIVEを携帯で撮ったのを載せておきますね。

Photo Photo_2

よいお年を

 怒涛の12月ライブが終わりました。ご来場の方々、また遠方で応援エールを送ってくださった方々に、感謝、感謝であります。

 5年目となった16日のベンチャーズバンド「ウエスト・ワンズ」とのおやじバンド合戦、いつもいつも観客数では完敗です。バンドメンバーを含め、41対24ではほぼダブルスコアです。でも、永遠の前座バンド、わがミートルズへも熱い声援と拍手をくださり、感激です。乱入してきたレッド・ツベルクリンは、10日の本家再結成ライブに刺激されたか、とても素晴らしく、ゲストのドールも一味違うビートルズを聴かせてくれました。

 今年最後のライブ、気持ちよく12曲、50分の演奏ができました。Get Backから始まり、Can't Buy Me Love、Rain、Oh! Darling、Let It Be、Hey Jude、Revolution、Helter Skelter、I've Got A Feeling、Come Together、Golden Slumbers~Carry That Weight~The Endのメドレーを経て最後はDon't Let Me Downで決まりました。こうしてセットリストを見ると、あらためてすごいヘビーな選曲だなぁと思いますね。ヘビーなのは体重だけでないミートルズらしいといえば、そうなんですが…。「アンコールはないの?」とベンチャーズのお客様から言われたのがうれしかったなぁ。「嘉納治五郎ってのを最近の若い人は知らないんですね。関係ないけど次はヘイ・ジュード」というE尾さんのオヤジギャグが妙に受けていたのも特筆すべき出来事でした。

 実は、ベースのHB野さんが1週間前にアキレス腱断裂! 急きょ、ドラムのオリジナルバンドのギター・K石さんにピンチヒッターを依頼、この日、本番前に2時間合わせただけで臨みました。もう一つのアクシデントは、ボーカルの悦ちゃんが前日から急な発熱。薬飲みまくりで何とか熱を抑えての出演でした。それでも、前回の疲労困憊ライブとは違って、元気いっぱい演奏できたと思います。来てくれたみんな、本当にありがとうございます。今年も1年間、お世話になりました。

 来年は、2月16日、ミートルズ後援会長の冨田先生の喜寿パーティーからスタートです。津島藤まつりも3年ぶりに呼ばれるかも知れないし(暗に強要してる?)、総選挙が終わったころ(いつあるのかな?)俵町さんとの競演ライブに合意しました。もちろん、ローガンズとのライブもあるでしょう、きっと。また遊びに来てください。よいお年を。

ホントにハードデイでした

 ジョンが射殺されて27年目の8日、ドキュメンタリー映画「BED PEACE アメリカvsジョン・レノン」の封切りに合わせて港区のイオンでの公開記念ライブイベントに呼ばれました。午前8時にPAや機材をJBスタジオに借りに行き、8時30分からイオンのらせん階段下にセッティング。リハも30分以上できました。午後1時の開演まで、近くのスーパー銭湯で寝ていたメンバーもいましたが、コーヒー飲んだり、飯をご馳走になったり、ゆったり過ごしました。

 始まる30分ほど前からぼちぼち観客が集まり、1時には50人以上がステージ前に。知ってる顔は5人ぐらいでしたので、やっぱり、ビートルズ人気はすごいなぁと思い知らされました。

 スタートはGet Back。ビートルズとジョンの時代へ戻ろう、という思い込みです。初期のPict0099From Me To You、She Loves Youと続けるうちに来店者が足を止めてくれるではありませんか。練習スタジオ仕様のPAですが、音のバランスもいいようです。前に座っている幼児を連れたお母さんが一緒にくちずさみ、クラップで参加してくれています。ノリノリで踊っている子どももいました。Helpの追っかけコーラスも声がちゃんと出て、快調にクリア。後期のHey Jude、Let It Beという超有名曲のころ、らせん階段の上の2階やら3階から、まるで青盤、赤盤のジャケットのように顔が覗いています。Don't Let Me Down、Come Togetherもいつも通り。Imagine、Stand By Meとラスト2曲はジョンのソロナンバーで締めました。

 予定を10分ほどオーバーしましたが、気持ちよく演奏できました。俵町のサックスさんから「今までで一番よかった」と声がかかりました。映画のポスター付きのサウンドトラックもそこそこ売れたようです。半分のメンバーは、完徹あるいは2時間ほどの睡眠で駆けつけましたが、ホント、ここまでは元気で、気持ちもよかったんですが…。

 撤収に1時間近くかかり、夜の部のアンティークノエルへ直行しました。到着したのはリハ予定時間の午後4時。イオンのノリでサウンドチェックをこなしましたが、この後、出演までの2時間に大きな落とし穴が待っていました。外は暗くなるし、店には酒が並んでいます。気がつくと、2人がカウンターで生ビールを傾けています。1杯が2杯になり、焼酎のロックへもいきました。楽屋ではひざを抱えて眠っているのもいます。待ちくたびれたのか、早起きのせいか、一つライブをこなした疲れからか、なんとなく体も気持ちも落ちてきているような感じです。そういえば、1人はイオンの後、瀬戸へシンポジウムに行ってまいました。6時20分に戻ってはきましたが、疲労困憊の様子です…。

1101097_img_9   お客さんは6時ごろから姿を現し始め、6時40分ごろには満員の状態。いつもいつも、大勢の人に来ていただいて、感謝しています。特に今年は、命日のこの日、いくつも追悼ライブがありました。その中から選んでここへ来ていただき、うれしくてたまりません(40Backsの楠田さんも同じことを書いていました)。 予定より10分早いスタートです。本日の出演バンドがどこも演奏しないというので、スタートは急きょ、Imagineに。Don't Let Me Down、Money、A Hard Day's Night、I Feel Fine、Ticket To Rideと飛ばしていきます。新曲のRainもまずまず、Hello Goodbyも許容範囲だったかな。やっぱり初演奏のRevolutionはちょっと練習不足でした。でもSomething、Stand By Meと計11曲、MCが少しくどくて50分近い演奏になりました。

 あとで録音テープを聴くと、そんなにひどくないんですが、どうも演奏に疲れが出ていたようです。一生懸命がんばろうとした気持ちはあったんですが、寄る年波には勝てません。ダブルヘッダーはやっぱ、きつかったようです。

 まあ、いろいろありましたが、本当にありがとうございました。

 次は16日、ベンチャーズのウエストワンズとの対決です。ゲストに、レッドツベルクリンとドールを迎えます。午後5時開演、軽食付き飲み放題4000円です。お待ちしています。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »