Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

When I'm 88

 「本当にどうも、皆さんありがとうございます。前から感じていたことですが、つくづく私は幸せ者だなぁと、本当に実感しました。いろいろ議論をしたり、反論したり、時には嫌いな人もいますけど(笑い)。でも、そういう人の中にも、その人の持っている美しさ、優しさを見つけ続けていきたいと思っています。見つからなかったら、それは私の能力の欠如です。私は、すべての人が美しい、優しい心を持っていると思います。それを何とかしてみんなで実行できるような風土づくりを、ミートルズと一緒にやっていきたい、と思います。皆さん、お元気で」

 Img_1149 愛知みずほ大学学長の冨田輝司先生の77歳を祝うライブパーティー「Celebration of Life」は、66人が参加して、大いに盛り上がりました。30分にわたる先生の講義(?)を採録しようかと思いましたが、結局、最後の挨拶を上に掲載しました。バンドはこれから、エライことやっていかなあかんようになりました。

 パーティーは、先生のきょうだいや教え子、一緒に働いた人、今の同僚など長年、さまざまな分野で活躍してきた先生らしく多彩な人々に参加していただきました。ありがとうございました。先生はラオスの特製赤いマフラーをかけて登場、花束やプレゼント、祝辞もたくさんいただきました。ナッシュビルのスーザンから届いた「Tomita family Video」(16分)の上映も好評だったようです。酒幕のヨンジャさん、電報をありがとう。

 ライブは、こういうパーティーを意識して、Here Comes The SImg_1194unからHere There And Everywhere、In My Life、Oh! Darling、Something、Birthday、She Loves You、All My Loving、When I'm 64、Woman、Let It Be、Free As A Bird、Imagine、Stand By Me、Don't Let Me Down というミートルズにしてはおとなしい、というかシブイセットリストにしました。フリーアズアバード、レットイットビーは先生からのリクエスト、ウェナイム64は、届いた花束の一つに「米寿おめでとう」とあった(これは、これでウケていました)のを受けて「88」に歌詞を変えて演奏しました。初めてミートルズ聞いた人も多く、けっこう喜ばれました。いや、ホントに。先生の同僚のハリーからは絶賛されましたよ。イマジンからの3曲は先生にもステージにあがってもらい、コーラスをお願いしました。背もたれのない椅子にもたれ、あわやという事態もありましたが、いいライブができたと思います。ありがとうございました。

  スーザンからは今年の終わり、12月にラリー・ハンセンとミートルズのリユニオンが計画されそうだというニュースも届きました。「ラリー・クリスマス」のライブ楽しみにしていてください。

Rockamenco

Rockamenco(ロッカメンコ)というバンドがファーストアルバム「PASION」(パシオン)をリリースしました。名前の通り、ロックとフラメンコを合体したグループで、ロック部隊は、あのブルースギターのichiroさんを筆頭にベースとツインドラムのリズム隊、フラメンコはカンテ(ボーカル)の有田圭輔(KSK)さんにギター2人という構成です。昨年5月、「Morena」という曲でメジャーデビューし、この13日、初アルバムとなりました。Pasion_2 

一言でいうと、とにかくカッコいい。リズムがガチッとしとるし、憧れのフラメンコギター、という感じ。それにブルースギターが絡み合って、骨太の歌に心が、大げさに言うと魂が揺れます。アルバムタイトル曲はほぼインストで、ギターの掛け合い、フラメンコギターは速いんですよね、それがどんどん盛り上げていきます。デビュー曲の「Morena」はやっぱりキャッチーだし、アルバムに先駆けて発売された第2弾シングル「Esperanza」(希望という意味)もいいですよ。最後の「Happy Monday Morning」は、タイトルからしてブルースっぽいでしょ。Menloveの楠田さんも気に入ってくれて、ブログで書いてくれました。

なんか、最近はライブができないグループが多いそうですが、ライブがまたすごい。昨年、名古屋でのライブも2度、見に行きましたが、初めから終わりまでノリノリでした。次の日、足腰が痛かった気もします。3月からツアーが始まり、名古屋は4月11日、大須のELLです。お出かけください。

なんで突然、ロッカメンコの宣伝なんだ、と思うかもしれませんが、ツインドラムの一人が一昨年末、Meatlesと共演したgulffを脱退したtaroです。このアルバム、今日のライブ「Celebration of Life Prof. TOMITA 77」で、BGMとしようと思っています。

ロッカメンコのHPは、http://www.rockamenco.com/index2.html

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »