Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★第42回ジョニエンビートルズ祭り 5月31日(日)15:00開場。小岩・Johnny Angel。企画バンド・RUBYとして出演。MC1,500円。                                                      ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

Tomorrow Never Knows

 あっという間に3カ月ぶりのライブです。あちこちからご来場いただけるようで感謝しています。お客さまだけでなく、演奏する側も、日ごろのストレスを解消できたらいいなぁと身勝手なことを思っています。ギターの音が必要以上に大きくならないよう気をつけなくちゃ。

 「LIVE! Meatles meet Rauguns vol.3」は、あす5月31日(土)、新栄・CBC前のライブハウス・トーラス(052-931-9721)です。開場は午後4時半、開演は5時です。1ドリンク付き1000円です。ポスターのコピーを見てもらえれば、どんなライブかすぐに想像できますね、オジサンなら。出演は、この順番です。午後8時には終了予定です。

KK&M blows Peter, Paul & Mary / The Meatles hold Beatles / The Rauguns release Bob Dylan / "Z" dazes Led Zeppelin

 ミートルズの出番は、5時半の予定です。最初はImagine、最後はDon't Let Me Downと、いつもの曲ですが、中身はこの5年ぐらいでは初めての曲をお届けします。アルバム「A Hard Day's Night」(1964)、「For Sale」(64)、「Rubber Soul」(65)、「White Album」(68)、「Yellow Submarine」(69)、「Abbey Road」(69)から10数曲を予定しています。うまくできるかな?

 雨が心配です。お待ちしています。

YA! YA! YA!

 20世紀の終わりまで、名古屋・栄のプリンセスガーデンホテルの地下に、YA! YA! YA!というライブハウスがありました。名前の表す通り、ビートルズ専門のライブハウスでした。東京に住んでいた20代のころ、六本木にあったキャバーンクラブにも1回か2回、行きましたが、同じような店で、ハウスバンドが30-40分ぐらいのステージを何回か務めます。時には客のリクエストにも応え、誕生日の人にはホワイトアルバムのBirthdayを演奏するというお約束もありました。YA! YA! YA!には3回か4回行ったような記憶があります。一度は、ドラムスコを連れて行ったこともあります。当時、すでにビートルズカバーバンドを組んでいたので、演奏を聴くと、無性にギターを弾きたくなったものです。

 517kinro40bucks1999年の閉店まで15年間ハウスバンドを務めたのがフォーティーバックスです。リーダーの楠田晴正さんはジョンの役で、当時からようしゃべっとりました。今は新栄、CBCの裏でメンローブアベニューという分かりやすい名前の小さなライブハウスを開きながら、あちこちでライブを続けています。ミートルズのライブにも来てもらったことがあります。確か、昨年の6月、トーラスでのロウガンズとの最初のライブでした。ノーギャラでも気持ちよく、歌ってしゃべっていただき感謝しています。

  そのフォーティーバックスが、今度の土曜日、17日午後6時半から鶴舞の愛知県勤労会館で「フォーティーバックス・プレイ・ザ・ビートルズ」という力のこもったコンサートを開きます。1500席という大きな会場では13年ぶりで、Love Me DoからLet It Beまでビートルズの全曲213曲は無理ですが、そのダイジェスト版というか、ビートルズの歴史をたどりながら40曲ほど演奏するということです。選曲のため、メンラブでずっと順番に歌っていたのをご存知の方も多いと思います。メンバーもピアノ2人を含め8人ほどで、楽しいライブになることは間違いありません。ビートルズと同時代の50歳代から、親がその世代の若い人、はたまたまったく初心者の中学生でも楽しめそうです。前売り5000円で、まだ若干、席が残っているようです。楠田さんは「僕も、ファンの皆さんも年取ったから、座って聴いてもらえるように」と言ってますが、オープニングで立たないときっと悲しみます。みんなで盛り上げに行きましょう。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »