Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★第42回ジョニエンビートルズ祭り 5月31日(日)15:00開場。小岩・Johnny Angel。企画バンド・RUBYとして出演。MC1,500円。                                                      ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

We hope you have enjoyed the show

 ミートルズ・ミート・ローガンズvol.3、大勢の人に来ていただきました。バンドメンバー14人を除いて50人近くの来場がありました。本当にありがとうございます。打ち上げのビールのおいしかったこと。そのためにやってるんだと、いつものように錯覚するほどの楽しいひとときでした。

1121219_img   ライブは結成されたばかりのKK&Mからスタート。アバラにひびが入って出演できるか心配したというマリーさん、初ステージとは思えない落ち着いた様子で、悲しみのジェットプレーン、風に吹かれてをさわやかに歌い上げました。パフのハモリもよかったですね。遅れてみえたお客さんのために、ラス前にもう一度登場してもらいましたが、お疲れさまでした。次回のステージはトリで、ぜひ30分以上、聞かせていただきたいと思いました。

 ローガンズは、GK(げんかん)K橋さんを新しいドラムに迎えてのステージ。落ち着いたステッィクさばきが、アコーステッィクな曲調に見事に溶け込んでいました。

1121238_img_2  レッド・ツベルクリン改めZは、ギターアンプをステレオで鳴らすN村さんのギターと、新婚K藤くんの新しいベースがシンクロ、いつも驚かされるMさのドラミングは、腰痛が再発したとは思えない迫力でした。

 さてミートルズです。「永遠の前座バンド」を標榜するだけに今回は2番手で登場しました。新加入のキーボード&パーカッションのChiちゃんがストリングスを重ねたImagineでスタート、キーをE♭に上げたNo Replyもまずまずで、いい出足でした。12弦ギターに持ち替えて、You Can't Do Thatは、最初の音、つい指がGでなくF#にいってしまい、情けなくやり直し。If I Needed Someone、If I Fellはハモリも何とかこなしました。「If I Fellのハモはよかった」と、東京から駆けつけた前ドラマーのS藤さん。12弦の3曲はこれで終わり、続いては原田知世バージョンでキーをA♭へ上げてのI Will。これも最初のカウントをやり直しました。いったい、どうなるんだ。再びN村さんとHB野さんのコーラスでBaby's In Black。8曲目は、Run For Your Life。途中の間奏で出遅れ、焦りました。中期までの曲を終えたこのころ、照明の熱と冷や汗でシャツはぐっしょりでした。

1121226_img  続いてPolythene PamとShe Came in Through the Bathroom Windowのメドレー。Abbey RoadのB面の一部ですが、ステージで演奏すると、ちょっと中途半端な感じがしました。次回はGolden Slumbersへ続けたいと思いました。ドラムの裏打ちから始まったOld Brown Shoeは、間奏でバックのリズムがわからなくなりまたまた冷や汗でした。気を取り直してのKansas Cityはまぁ、こんなもの。Hey Bulldogもエンディング、決まりました。最後のDon't Let Me Downはバンドのテーマ曲みたいなもの。浜松から夜勤明けで来たE深さんのピアノはお見事でした。

 ちょっと予定時間よりも短いけれど、終わった、ビールだ、と思った瞬間、思いもよらず「アンコール」の声。どうも、次のローガンズが早すぎるので時間調整のため声を掛けたらしいんですが、ちょっぴりうれしかったのは事実。1週間前の練習で遊びでやったCome Togetherを急きょ、演奏しました。ただ、エンディングは決まらず、それが残念でした。ともあれ、約50分、無事、演奏できました。新しい曲は、やはり練習不足で、まだバンドとして熟成されていない感じでしたが、ライブはそういうことを抜きにして、やっぱ楽しいですわ。秋にはVol.4を予定してますが、夏にもやりたくなりました。暑気払いで頑張りますか。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »