Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時開演~5時30分終演、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。1ドリンク付き2,000円。新橋烏森ワインバル協賛のアルゼンチンワイン試飲会あり。                                                        ★Beat! The Meatles 忘年会Live 12月16日(土)午後2時-5時、名古屋・栄のメモリーレーン(中区錦3-15-10 タワービル7階)。Honey Pie、うな武、KK&M、Meatlesが出演。入場無料(追加ドリンク500円)。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

Don't Let Me Down

 スタートは、Don't Let Me Down。Get Back、Hey Jude、Let It Beと続け、そこからAbbey Roadへ突入しました。栄の夕刻、通行人をビートルズで引き込もうという作戦でした。午後から6バンドが出演のこの日(23日)のもちの木広場ライブ、お客さんは一番多くなりました。作戦成功です。来ていただいた皆さん、ありがとうございます。いつもいつも感謝いっぱいです。

1131325_img_2   Abbey Road、初めのCome Together、Something、Oh! Darlingはいつもの調子です。Here Comes The Sunもサビの数も間違えることなく終わりました。問題は、Becauseでした。ライブでの演奏は初めてです。練習は延べ2日間で1時間ぐらいかな。まぁ、思ったよりはひどくなかったぞ、という感じだったのですが…。

 ナゴヤドームへわずかな望みを託して出かける前に来てくれた俵町さんからメールで感想をもらいました。

 「今日のミートルズ、客席ではバランスとてもよかったです。ま、若きジョンとポールをコピーするという無謀さは大変ですよね、ボーカルには。ビコーズは折角やるのならやり続けてほしいですね。絶対に。私のイベントに出た、ビートルズコピーバンドで、ビコーズだけで25時間以上練習しましたというバンドがいました。素晴らしい一時を会場が共有した瞬間がありました。楽器も上手いメンバーがアカベラで。どうも、この時の残像が強烈でして。すみません。ビコーズ、ビートルズだぜそうさミートルズだぜと納得させていただければ…それじゃプロで喰っていけますよね。お互い腕を上げなければでン十年、悟りは未だですよね」

 やっぱり初披露のSun Kingも同じようだったでしょうね、きっと。よし、年末にリベンジだ、と誓うミートルズです。悟りは未だです、確かに。

 約3人の応援団に無理強いしたみたいなアンコールに応えてのStand By Me。ちょうど日の入りと重なり、演出はよかったですね(自画自賛?)。主催のライブハウスから、オジサンではなく大人のバンドのライブある時は連絡します、と声をかけていただきました。よろしく、スリースターさん。1131322_img

 閑話休題。この日、ライブ会場の100メートルほど南の噴水前で、Rockamencoのツインドラムの一人、須田ポニーくんのバンド「ellmer」がストリートジャムをやってました。インストですが、お洒落で格好いいバンドでした。さすがプロですね。ellmerは10月5日、今池パラダイスカフェで1stアルバム発売記念ライブがあります。

 Rockamenco、12月にツアーがあり、名古屋には25日、アポロシアターに登場です。新しいアルバム出るのかな? 

 

Yellow Submarine

 英国勤務の同僚からお土産をいただきました。ありがとー。前にBeatlesの切手を買ってきてと頼んだんだけど、すでに売り切れだったそうです。同僚はリバプールも何回か行ったそうです。日本流に言えば、リバプールは「ビートルズで町おこし」に成功したみたいですね。これからもビートルズで食う人々は消えないのでしょう。でも一度は行ってみたいなぁ。

1131316_img_2  写真の右は靴下、左はカフスです。どっちもYellow Submarineのデザインです。靴下は、今度のライブに履いていこう! タグに80%COTTON、18%POLYAMIDE、2%LYCRAとQUALITYが書いてありましたが、生産国はありません。

 今度のライブは、あさって、「秋分の日」の23日(火)午後4時40分から、栄・もちの木広場です。セッティング込み70分をもらってます。前に書いたようにAbbey Roadを中心に演奏しますが、屋外だし、通行人にアピールできる人気曲もいくつかやります。どれだけ足を止めてもらえるかな、と密かに楽しみにしています。

 Bacause、まぁ何とか、です。演奏しますというか、コーラスします。本番ではどうなるかな? B面メドレーは、Sun King から Her Majesty まで一直線です。

 天気はよさそうです。気合入れて楽しみます。

Because

 久しぶりのライブが確定しました。9月23日(火)、秋分の日です。場所は、栄・セントラルパークのもちの木広場。3回目です。

 ミートルズの前身、内海のグラスオニオンだった時、ジョンの死から10年目の1990年12月8日が最初。この時は、名古屋のテレビ局が取材に来て、ニュースで流れました。

 2回目はミートルズになって3年目の2000年4月23日。「アースデー愛と平和のコンサート」でした。デビュー直後のコブクロが、ミートルズの"前座"でした。信じられないでしょうが、事実です。

 今度のもちの木広場ライブは、車道のライブハウス・クラブスリースターが主催で、大須のコメ兵にバンド募集の張り紙がありました。午後からいくつかのアマチュアバンドが出る中に参加します。もちろん、最年長&最大重量バンドです。「永遠の前座バンド」を標榜してますが、今回はトリです。終わってすぐにビールを飲みたい、というわがままから、主催者にお願いしました。出演は、16:40、午後4時40分からです。1時間ほどの予定です。

 Abbey Roadの曲を中心に演奏します。Because、できるかな?

 雨天中止です。晴れて秋空の下で気持ちよく演奏できることを願っています。栄に遊びがてら、聴きに来てください。よかったら打ち上げも一緒にどうぞ。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »