Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★第42回ジョニエンビートルズ祭り 5月31日(日)15:00開場。小岩・Johnny Angel。企画バンド・RUBYとして出演。MC1,500円。                                                      ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

Getting Better

 ベンチャーズのコピーバンド、還暦のウエスト・ワンズと6回目、その名の通りのロウガンズとは4回目の共演となった昨日(12月27日)の忘年ライブ「BURN OUT!!」は、たくさんの方々に来ていただき、ありがとうございました。4時のウクレレ漫談から、KK&M、ロウガンズ、ミートルズ、ピッカー・ヘッズ、TOKYO NEWSPAPER BAND、最後のウエスト・ワンズまで6組、延々4時間半もの拷問に近い長時間ライブでした。

Img_1460  最後まで楽しんでもらえただろうな、と勝手に思っています。というのは、2時間過ぎた時に登場したTOKYO NEWSPAPER BAND(写真)がよかった。うまかった。ピアノをメインに、ギター、ベースとドラムの4人組のフュージョンバンド。ミートルズ企画ライブでは普通、登場しようのないハイカラなバンドでした。さすが東京もんだわって感じです。長さでだらけてきた雰囲気が一気に緊迫しました。トーラスのマスターが「ドラムの方、こんなにうまかったんですね」と失礼な(?)褒め方をしてました。RyoさんのMCもよかったですね。その前の、アイリッシュフォークバンドのピッカー・ヘッズもマンドリンやバンジョーの響きと優しい歌が心地よかったですね。

 それに対して、ミートルズはいつもの通りの爆音でした。この1年のたまりにたまったものを出してしまえと思っていたせいか、ギターの音が特に大きかったようです。お許しください。8日のAbbey Roadライブからカム・トゥゲザー、アイ・ウオント・ユー、ビコーズの3曲のほか、バック・イン・ザUSSR、ゲット・バック、アイ・ウィル、ハロー・グッバイに、お約束のヘイ・ジュード、レット・イット・ビー、スタンド・バイ・ミー、ドント・レット・ミー・ダウン。ホワイル・マイ・ギターはゲストのS田さんに歌っていただきました。ありがとね。

 今年はライブ5回でした。本当にありがとうございました。10年前と比べれば多少は上手になっている、とうれしい言葉をいただきました。これからも「Getting Better」でいきます。「これ以上悪くならない」。いい言葉だなぁと思います。来年も頑張ります。また、ライブで会いましょう。よいお年を。

Thank You Girl

2008decemberposterphoto アンティーク・ノエルでのジョン追悼ライブが終わりました。たくさんの人に来ていただいて本当にありがとうございます。初めて聴いていただいた人には「正直、予想外だった」と褒めていただきました。久しぶりに来ていただいた人は、ただ笑ってみえました。何回も来ていただいている方は、あえて論評せずでした。

 アビイロードの全曲、しかも「ハー・マジェスティ」まで、MC入れて50分間の演奏でした。もう何年も前からレパートリーにしている「カム・トゥゲザー」や「サムシング」「オー・ダーリン」「ヒヤ・カムズ・ザ・サン」などは、細かい不手際は無数にあったものの、まあ無難にできました(と思います)。ただ、やっぱり「サン・キング」は練習がまだ足りませんね。スミマセン。「ビコーズ」は短いバージョンに無言の批判があったようですが、9月のもちの木広場ライブよりは成長していたのではないでしょうか(と思いたい)。

 ジョンの亡くなった日から28年。お江戸ではオノ・ヨーコが来て「ジョン・レノン・スーパーライブ」が開かれました。朝のニュース番組でやってましたが、思いは負けてないぞ、と負け惜しみかな。ともかく、皆さん、ありがとうございました。

 次のライブは年の瀬、27日(土)午後4時開演で「BURN OUT!! オヤジバンド忘年ライブパーティー」です。会場は、新栄のCBC北向かい、ライブハウス・トーラス=電話052-931-9721、http://www.nagoyataurus.com/Taurusweb.html=です。ジェイク沼袋のウクレレ前口上、KK&MのPP&M、おなじみロウガンズに続いて5時過ぎからミートルズです。今度はおなじみの曲ばかりです。われわれの後は、アイリッシュ・フォークのピッカーヘッズ、そして東京から亮さまのTOKYO Neswpaper Band、大トリはベンチャーズのウエストワンズです。バンドメンバーだけで20人以上います。けっこう込み合うことが予想されますが、予約は不要です。遊びに来てください。1ドリンク代(500円)だけお願いします。飲み物はダメだけど、食べ物は持ち込み可です。差し入れも歓迎ですよ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »