Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★第42回ジョニエンビートルズ祭り 5月31日(日)15:00開場。小岩・Johnny Angel。企画バンド・RUBYとして出演。MC1,500円。                                                      ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

Goodby 2010

 2010年が今日で終わります。時はずっと流れているのですが、やっぱり大きな節目でしょう。この1年、本当にお世話になりました。栄のアンティークノエル、パイの美、岐阜のクラブG、多治見修道院、徹明公民館、柳津カラフルタウンなどに大勢のお客さまに来ていただきました。来ていただいた皆さんに加え、会場の方、イベントの関係者、そして愉快なバンド仲間、ありがとうございました。

 今年はビートルズの解散から40年、ジョンが亡くなって30年ということで、世の中もけっこう、ビートルズが話題となりました。最近でも、アップルでの楽曲配信が解禁となり1週間で200万曲がダウンロードされたとか、G新聞は12月8日夕刊1面トップで、ジョン追悼の記事を展開しました。コミック誌の「ぼくはビートルズ」も楽しいですね。1月にはジョンの若いころを描いた映画「ノーウェアボーイ」がなんと、柳ケ瀬のシネックスで上映されます。フォーティーバックスの楠田さんの言う通り、ビートルズは永遠に続く「音楽ジャンル」なのかもしれません。

 来年もミートルズはビートルズに挑戦です。Beat! The Meatles のキャッチコピーに負けないよう練習します。またお付き合いください。よいお年を。

In My Life

 怒涛のライブが19日のYear-end Live Partyで終了しました。見に来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。一緒にステージを務めたバンド仲間の皆さんもありがとうございました。素人なのに、10月末から5本のライブは多すぎたと反省しています。練習も足りず、集中力も欠けていました。録音を聴いて、申し訳なく思っています。

 8日のジョン追悼ライブは、ミートルズのお客さまが20人を超え、大盛り上がりでした。Imagineからスタートし、Stand By Meまでジョンの曲ばかり14曲。久しぶりのTwist & ShoutやらHey Bulldog、Moneyなどはノリだけでこなしました。1年前にペシャワール会名古屋の人と約束したアフガンで亡くなった伊藤和也さんを悼む「君を忘れない」も何とか演奏できました。

 19日、今年最後だからと、メンバーの歌いたい曲を選びました。やっとかめのBack In The U.S.S.R.で始まり、いきなり本番のHere There & EverywhereにNo Reply、8日に続いてのAnd Your Bird Can Singなど、挑戦する気持ちが上滑りだったかも知れません。ギターシールドが不調だったり、カポが消えたり、ハプニングも満載で、時間も浪費し予定した2曲を残してゲームセットでした。N村さんから「今日のミートルズは前座にふさわしかった」と厳しく指摘されました。録音を聴くと、確かに反論できない曲がナンボかありました。キヨシローのうな武、キャロル・キングやイーグルスなどのジプシー・ローズ、ベンチャーズのウエスト・ワンズの素晴らしい演奏に負けていました。それでも温かい拍手をいただき、ご来場の方々には重ねて感謝であります。

 まあ、いろいろありましたが、今年はEちゃんの歌ったインマイライフが心に響く一年でした。

 All these places had their moments,   In my life I've loved them all

 リベンジは2011年に!

 

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »