Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後6時~、横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersの他、Bealtes、Silver Spoonなどが出演。セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

Something

 なんか梅雨に戻ったみたいなうっとおしい天気が続いています。地震もイヤだけど、豪雨も大変です。もう少し、落ち着いた日々が過ごせないものかと沈んでしまいますね。

 明日31日、名古屋・東新町のトーラスで3時から7時まで開かれる「ばなな☆マラカス Vol.2 ~うたをチカラに~」というライブに、ジプシー・ローズが出演します。ドラムのRょうさんがスケジュール確保に失敗し、助っ人ドラマーはMさです。どんなになるのか楽しみです。当日2000円、ドリンク別途500円。なんと禁煙だそうです。

 8月28日に中区栄3-35-5、BLスタジオ若宮(052-253-8655)3階のLst-1で開く公開練習みたいなセッション「Summer Session 2011」の概要が決まりました。午後1時オープン、1時15分から女声3人でビートルズを歌うHoney Pie 2、楠田さんの講座生徒さんのTrue Love(そうグループ名がTrue Loveに決まりました。女性5人、男性3人ですが、男性はほぼ無視したネーミングかもしれません)が1時45分ごろから、2時30分からはItabashi On Stageで、東京へ転勤した若いI橋さんが一人でやります。3時15分ごろからMeatles元祖が登場です。1994年にN村さん、Rょうさんと組んだ時に戻ってやってみよまい、ということになり、練習なしで望みます。ベース、キーボードはサポートしてもらう予定です。ここまで、ビートルズばっかりですが、4時ごろからはPP&MのKK&Mです。このセッションのため8月中に、暑さにもめげず3回練習するそうです。楽しみですね。4時45分ごろからGypsy Roseです。ここは安心して聴けますね。5時半には終了予定です。

 夏の終わり、久しぶりにバンド仲間が集まって騒いで飲もうという、言ってみれば身内のイベントですが、よかったら遊びに来てください。途中からでもいっこうに構いません。見学は自由(無料)です。

Another Girl

 会社の同僚のジャズバンド・市毛トリオとフュージョンバンド・ウルフトラップのライブに行ってきました。ウルフトラップはピアノ、ギター、ベース、ドラムスの4人組。2008年12月に、名古屋・トーラスでのライブで一緒した時以来なので、ほぼ3年ぶりです。ピアノトリオ、フュージョン合わせて2時間半のステージでしたが、気持ちよく過ごせました。ウルフトラップも、インストだけでなく、女声ボーカル曲が途中で入っていたのが良かったのかもしれません。複雑なリズムにのせたテンションコードの曲はカッコよかったです。T尾さんが風邪のためお笑いMC不発だったこともあるのかもしれません。秋には2回目のソウル公演だそうです。いい刺激を受けました。

 会場は赤坂のCrawfish。2階席もあるちょっと変わった造りのライブハウスでした。毎月第4週土曜日はフリーセッションをやっており、もっと面白いのが毎月第2火曜日はBeatlesセッションデーということです。ギターもストラト、テレキャスにリッケンバッカーが置いてあり、誰でも演奏できるそうです。今度、I橋さんと行かなきゃね。 

Your Mother Should Know

 ビートルズというか、EMIの公式ホームページが2011版ザ・ビートルズ全楽曲人気投票をしています。6月1日から始まり、8月31日までが募集期間。6月22日現在の中間票が発表されていたのですが、1位がIn My Life、2位Let It Be、3位Hey Jude、4位A Day In The Life、5位Strawberry Fields Foreverという順番でした。前回、2009年のデジタルリマスター発売に合わせた投票結果は、以前のブログでも紹介したのですが、Let It Be、In My Life、Strawberry Fields Forever、A Day In The Life、Hey Jude、While My Guitar Gently Weeps、Something、Across The Universe、Yesterday、I Am The Walrusの順。1-5位は順番こそ違え、同じ5曲ですね。最終的には、どうなるんでしょうね。オヤジばかりでなく、結構、若い人も投票しているようで、昔昔に生まれたお母さんなら知ってるよ、という状況じゃないのがすごいですね。

 あのRockamencoが久しぶりのライブです。渋谷・スターラウンジで8月2日午後7時半開演。今をときめく「なでしこジャパン」のメンバーだったことでも知られる石田ミホコさんとのジョイントです。ブルースギターのichiroさんが抜け、Bassが北斗さんからマーシーさんに代わって初ライブ。新曲もいくつか用意されているようです。当日2500円。

 もう1つ、お知らせ。「アコギ1本でビートルズ」の告井延隆さん(センチメンタル・シティ・ロマンス)が9月24日(土)午後4時から、岐阜市靭屋町の空穂屋(うつぼや)で、ソロライブです。飲み物、ドーナツ付きで3000円だそうです。オススメです。

Sunday Drivers

 8月28日(日)に名古屋・若宮BLスタジオで開くサマーセッション。素晴らしいバンド仲間との公開練習ですね。ここに岐阜で始まった楠田晴正さんのビートルズ講座の生徒さんが参加します。Across The Universe、If I Fell、You Really Got A Hold On Me、Something、Here There And Everywhere、Chains、Jealous Guy、I Saw Her Standing There、It's Only Loveとそれぞれの歌う曲リストもいただきました。公開練習のために練習せなかんね。

 ところでこのグループを何と呼ぼうか、と思案しています。昨年、岐阜でのライブに出た際は「ヤング@ビートルズ」と名乗っていましたが、グループ名なのかアドレスなのかよう分からんので、「楠田ガールズ」と仮に呼んでいたら、メンバーから「却下」されました。じゃあ柳ケ瀬生まれだからYGS48はどうかとも思いましたが、「どうもね…」とやっぱり却下。うーん、どうしよう。やっぱりビートルズの歌詞からもってくるしかないでしょう。

 Cellophane Flowers、Sunday Drivers、Wednesday Morning、Eggmen、Cream Tangerine、Pineapple Hearts、Ginger Sling――さて、どうなるでしょう。

Come Together

 ちょっとマニアックな本を買いました。「ビートルズ作品読解ガイド」。All You Need Is Love以後の80曲ほどの歌詞を解説している本です。前書に「ビートルズ作品の歌詞について蔓延している誤解、誤訳、そして不正確な聴き取りを正すこと」が意図とありました。

 ずっとCome Togetherの歌詞は、どういう意味だろうかと気にしてました。いろんな翻訳を読みましたが、どうも納得できません。ジョンの歌詞を日本語の頭で理解しようというのが間違いなんでしょうが、気になるものは気になります。そんで、こういう本を見つけると、思わず購入してまうわけです。

 Here come old flat-top, He come grooving up slowly

 He got joo-joo eyeballs, He one holy roller

 He got hair down to his knees, Got to be a joker he just do what he please

 一番の歌詞の冒頭から分からんのです。多くの翻訳は、flat-topを航空母艦としています。辞書を見ると、flat-topは確かに空母とか髪型の角刈りとありますが、それは違うでしょう、やっぱり。Come Togetherは、チャック・ベリーのYou Can't Catch Meのパクリだと訴えられたましたが、確かにこの曲に同じ「Here come old flat-top」という歌詞があります。ここでのflat-topは、自動車の形のことのようです。「読解ガイド」は、さすがに空母とはしていませんが、ギターの形を示しているのではないか、と書いています。grooveを「演奏する」「踊る」という意味ととらえているから、そう判断したようです。でもgrooveはやっぱり、ノリでしょう。

 チャック・ベリーを大好きなジョンが、彼の曲から歌詞をいただいていることからして、このflat-topは、チャック・ベリーそのもののリーゼントスタイルのぺちゃんこ頭、じゃないのかなぁ、と思います。oldは「時代遅れの」なのか「昔の」なのか分かりませんが、ジョンにとってヒーローだった時代のベリーを言ってるんじゃないのかなぁ、と思います。joo-joo eyeballsが「目ん玉ギョロギョロ」というような意味なら、なおさら最初の2行は「聖なるロッカー」であるチャック・ベリーを歌ったものではないでしょうか。それが、3行目になってジョンに重なってくるわけです。膝まで髪が長かったわけじゃないけど、後期のジョンはハンブルグ時代のリーゼントじゃなくなってるし、マッシュルームカットともすでにおさらばでした。それで好きなことしかやらない「ジョーカー」になってまったに違いない、という理解です。ジョーカーは、冗談やしゃれを言う人、馬鹿げたことをする人、ふざけた奴というような意味で、まさにジョンそのものではないでしょうか。言ってみれば、ジョンのロックンロール回帰宣言みたいなことなのかなぁと思います。

 まぁ、ホントにジョンはジョーカーで、よう分からん、というのが正直なところです。

When I Was Younger So Much

 ギターは中学生のころから弾いていましたが、バンドで遊ぶようになったのは大学生になってからです。学生時代一番のライブは、何といっても1976年(たぶん)2月にやったスキー場のダンスバンド2週間です。T女子大スキー部とW大理工学部スキー部が合同で長野・飯山のスキー場でスキー教室を開催、夜、何も楽しむもののないお客さまのためにバンドとして雇われたわけです。その前の年までは、両部の学生で組んだバンドがあり、いわば内部調達していたのですが、バンドメンバーが卒業したため、後を引き受けたのです。O沼、I藤、T島、N友各氏との5人編成でした。

 その先輩バンド、「ピラフ」が9日、新宿のライブハウスでワンマンライブでした。4、5年前に再結成し、毎年12月にライブを開いていたのですが、これまでは見にいけず、今日、ほとんど40年近いやっとかめでした。人のこと言えないけど、メンバーもお客サンさんも、みんな年取ってました。2部構成、20曲以上の演奏でした。第2部にしか間に合わなかったのですが、ステージに立つ面々の楽しそうなこと。ラストのGet Backなどビートルズナンバーも何曲かありましたが、American BandとかBorn To Be Wildなど懐かしいナンバーが続々と奏でられました。Mary Janeもありました。正直、うずうずしてきました。轟音で演奏できたら、このストレスが解消できるような気がしてきました。

 ステージが終わっての打ち上げで、年末、12月3日のピラフライブに前座を務める方向で話がまとまりました。ミートルズ、東京進出です。どういうメンバーでできるか、明日から考えます。

 ところで、このブログのカウンターがもうすぐ5000突破です。それで気になったのですが、この1カ月のミートルズブログ、アクセスが192件もありました。一日平均7人ですが、先週の5日、何と36件もアクセスがありました。どうしちゃったのでしょうかね、びっくりしました。

 それにこのところ毎回、コメントもいただけて感謝してます。mitsuyoさん、ありがとうございます。8月のスタジオせセッション、お待ちしています。 

In Summer Meanwhile Back

 グランマさん、暑いけど練習、頑張りましょう。

 今日、ミートルズの後援会長・冨田先生からメールをいただきました。

 豊田市に計画していた終の棲家の建築がいよいよ始まるそうです。80歳の決心です。2008年2月に開いた77歳を祝うライブからもう足掛け3年になるのか、と時の速さにまた驚いています。米国の家族も許してくれたそうです。施工は高山のオークビレッジなので、素晴らしい家になるでしょう。年末に完成し、来年2月19日のお披露目だそうです。”小さな良心の(湧き出る)泉”「冨田庵」と名付けられたそうです。先生らしいですね。オープンハウス・パーティー、何としても行かなくちゃね。

 タイトルの「夏」はPenny Laneにありました。

One Summer Night

 梅雨はまだ明けてないのに、暑い日が続いています。節電の夏だから、余計にそう感じるのかもしれません。

 ちょっと先ですが、8月28日の日曜日、午後1時からミートルズの友達と「Summer Session 2011 with beautiful friends of the Meatles」をやることに決めました。一人でギター弾いとっても面白ないんですね、やっぱり。ライブやらんと、練習せんしね。

 名古屋・若宮八幡宮近くのBLスタジオ若宮(中区栄3-35-5、052-253-8655)の45畳の部屋(Lst-1)が会場です。スタジオなんで、ライブというより公開合同練習みたいなものです。バンドでの練習ができていないこともありますが…。楠田さんの教室の生徒さん、ミートルズ女声コーラス隊のハニーパイ2、ジプシーローズ、KK&Mなどと楽しい汗を流そうという企画です。出演者、まだ増えるかもしれません。

 スタジオなんで飲食は禁止、ビールはセッション後の楽しみです。聴くだけのお客さんも歓迎です(期待しちゃダメですよ)。椅子は用意します。

Beatlesの歌詞に「summer」という単語は2回出てくるそうです。1つは今回の表題の「Mr. Moonlight」、もう1つは何だろう?

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »