Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時開演~5時30分終演、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。1ドリンク付き2,000円。新橋烏森ワインバル協賛のアルゼンチンワイン試飲会あり。                                                        ★Beat! The Meatles 忘年会Live 12月16日(土)午後2時-5時、名古屋・栄のメモリーレーン(中区錦3-15-10 タワービル7階)。Honey Pie、うな武、KK&M、Meatlesが出演。入場無料(追加ドリンク500円)。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

I Me Mine

Date_20110927125430_230x295_4e8148d  12月8日のノエルライブでご一緒するOne After 909 のリードギター、デビッド氏とのメールで、ジョージ・ハリスンが亡くなって今年で10年ということを教えてもらいました。最近、よく感じるのですが、この時も「ああ、もうそんなになるのか」と思いました。

 がんを患っていて2001年11月29日、58歳で死去しました。若く逝ってしまったなぁ、とあらためて思います。初期のころのBaby's In BlackやAll My Lovingなどのチェット・アトキンスふうギター、12弦リッケンバッカーでのIf I Needed SomeoneやYou Can't Do That、シタールの導入も知られていますが、自分にとっては何と言ってもAbbey RoadのHere Comes The Sunであり、Somethingのギターです。White AlbumのWhile My Guitarも、当時はクラプトンが弾いているとは思わなかったので衝撃でした。最初に買ったアルバムRevolverのTaxmanのソロもずっとジョージが弾いていると思っていました。

 そんなジョージのドキュメンタリー映画「ジョージ・ハリスン/リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」が11月19日から公開されるそうです。東京では角川シネマ有楽町、TOHOシネマズ六本木ヒルズなどで、名古屋でもTOHOシネマズ名古屋ベイシティで上映されます。監督は、ストーンズのシャイン・ア・ライトも撮ったマーティン・スコセッシ氏。パート1が1時間35分、パート2が1時間55分というから、大作ですね。未公開映像や未発表音源もあるそうです。ポールやリンゴ、クラプトンもインタビューに応じているそうです。12月2日までの限定上映なので、忘れずに行かないとね。2002年に出た571ページもあるジョージの自伝「I・ME・MINE」を本棚から引っ張り出して読み始めました。

 映画の公式サイトは、http://gh-movie.jp/

All You Need Is Love

 スポーツニュースを見ようとTVをつけたら、ビートルズの曲が流れてきました。

 番組予告でした。NHK総合で、11月2日午後10時55分から11時24分までの「SONGS」がビートルズ特集だそうです。ホームページで確認したら「武道館来日コンサートから45周年を記念した特集。ラブソングに注目して送る」そうです。曲は、I Want To Hold Your Hand、All You Need Is Love、We Can Work It Out、Something、Hey Judeなどだそうです。世界中に中継されたOur Worldの映像も流れるみたいです。

 

Happy Xmas

Pt360025    年末ライブのお知らせVol.2です。

 12月23日、金曜日の祝日、いや祝日の金曜日と言うべきでしょうか。しかもクリスマスイブの前日、午後3時から、恒例の忘年ライブです。会場は、8日のジョン追悼ライブと同じ名古屋市東区泉のライブバー・アンティークノエルです。

 2003年以来続いている一宮西高校一期生バンドのウエストワンズとの競演です。今回は、ジプシーローズ主管で、ミートルズは女声3部コーラスのユニット・ハニーパイ2で出演します。3時からジプシーローズ、4時からハニーパイ2、5時からウエストワンズの予定です。

 てっきり、パイ2は前座と思っていましたが…。Ask Me WhyからBecauseまで10曲をお披露目しようと思っています。バッキングはギターとピアノ。もしかしたらベース、パーカッションのサポートが入るかもしれません。カラオケでは満足できなくなった飛び入り歌手も押しかけるかな?

 チケットは例年通り、飲み放題、軽食付きで4000円です。メンバーに連絡してください。早いもん順です。

 ライブバー アンティークノエル=http://www.na.rim.or.jp/~noel/index2.html

Give Peace A Chance! 2011

 ジョンの命日の12月8日、名古屋・栄のライブバー アンティークノエルで恒例の追悼ライブGive Peace A Chance! 2011が開かれます。ミートルズはいつものように前座、午後7時スタートで出演することが決まりました。9月に六本木アビイロードで出張ワンマンライブを成功させたワンアフター909など、これまたいつもの皆さんと競演です。ミートルズ、昨年までとは違う”元祖”メンバーを中心に出ます。直前までリハができないかもしれませんが、頑張ります。

 この追悼ライブは9.11テロのあった2001年から、アマチュアのオヤジバンドを集めて開かれています。もう11回目です。収益の一部と来場者の寄付をアフガン支援活動を続けているNGO・ペシャワール会へ贈り続けています。昨年は、アフガンで亡くなったペシャワール会メンバーを悼む曲も演奏しました。毎年、さまざまの年代の方がお見えになり、にぎわっています。ライブチャージは1ドリンク付き2000円だと思います。遊びに来てください。

 ライブバー アンティークノエル=http://www.na.rim.or.jp/~noel/index2.html

I Don't Want To Spoil The Party

 23日、名古屋・若宮BLスタジオで秋フェスが開かれました。主催のKさんから楽しい報告がありました。

 演奏する人10人、観客は5人でした。5時15分から練習スタート、6時からEちゃんとI深さんの浜松ユニット・ソイペーストが「瑠璃色の地球」「誕生」「サンキュ」「サマーサンバ」を聞かせました。サンキュでは、ハモ乱入しました。電話でのオンライン練習でした。こういうときテレビ電話はいいだろうなと思いました。Eちゃんの日本語の歌はうまいと聞いていましたが、皆さん、感動していました。こうやって皆に紹介できて満足です。

 ハニーパイ2は、某氏の代役を、IT橋君が見事に務め上げ、いつもながら感心しています。若い子はええわ。少し年をとってますが、YS本さんにもベースでお手伝いしてもらいました。彼は、コーラス曲が大好きだそうです。私達もいつもより、自分の声が聞こえて唄いやすかったです。

 問題のトゥルーラブは、ボーカルが猛練習の結果を出し、よかったです。春日井でカラオケ5時間も頑張ったかいがありました。ピアノ、ギター、ベースの男3人を従え、私はへっぽこドラムを頑張りました。練習なしで、やってまいました。ドラム以外は、よかったと思います。前回より、格段の出来だったと感じました。もうカラオケでは満足できんと抜かしております。

 IT橋さんとSK井さんのユニット・流は、涼しい目をしたSK井さんの作った曲や、IT橋君がこの日友人の結婚式で歌ったビートルズのノルウェーの森、ヘイジュード、ミスタームーンライト等を聞かせました。とても好評でした。いつもながらの贔屓ですが、とても、いいです。流の後援会会員ナンバー2から増えていません。拡張しないかん。

 最後は、カンサスシティ、ツイストアンドシャウト、観客総スタンディングで、踊り狂っていました。これからアンコール曲を決めていくといいと思いました。

 IT橋さんはくたくたになったそうですが、ホントに楽しそうですね。客の演奏できるライブハウスのノリですね。皆さん、お疲れ様でした。12月のライブもこのノリで盛り上げてください。


Paperback Writer

 来年の6月30日か7月1日にライブをやろうと、バンド仲間から言われました。6月30日というと、ビートルズの日本公演初日ですよね。1966年。もちろん花の東京へ行くことなんかできず、というより端からそんな考えに及ばなかった田舎の中学2年生でした。

 トランジスタラジオで、9500万人のポピュラーリクエストなどの番組を聴いていました。ビートルズは、Nowhere Man、Girl、Michelle、What Goes Onの4曲が入ったコンパクト盤を買った覚えがあるぐあいで、Rubber Soulに熱中していたということはありませんでした。当時のヒット曲っていうと何だろう。ストーンズは4月にAftermathを出し、Mother's Little HelperとかLady Jane、Out Of Timeなどが入っています。5月にはPaint It Blackも出ました。イントロをボッコのギターで弾いてました。ウォーカーブラザーズのThe Sun Ain't Going To Shine Anymore、ママス&パパスのCalifornia Dreamin'、Monday Mondayなどもチャート上位にありました。ダスティ・スプリングフィールドのYou Don't Have To Say You Love Meなんて曲もあり、このHave ToはMustの言い換えみたいなことを思った記憶がかすかにあります。

 それで、来日直前にはPaperback Writerがリリースされました。なんか、すごい多重録音だけど、ヘンな歌詞だなぁとも思いました。来日公演はCBCテレビに食い入ってみましたが、この曲もやったのにびっくりしました。今年が来日45周年でしたね。半田の空の科学館で再現ライブして20年もたっています。まさにIt was twenty years agoですね。

 

Getting Better

 毎日練習していれば、だんだん上手になるはずなんだけど―。

 客が演奏して楽しめるところ、名古屋はなかったけど、岐阜にはC♭とSunsetと2軒ありました。東京は、ビートルズに限ったその手の店がよおけあります。

 すでに、赤坂のCrawfish(毎月第2火曜日)と市ヶ尾のIn My Life(毎週金曜日、2カ月に一度はスペシャルデー、次回は11月26日)には行きましたが、まだまだあります。新宿のLENNON HOUSE(第2、第4木曜日?)、上野・anton studio(第2金曜日)、三軒茶屋・Come Together(随時?)、赤坂・Jaka'z(平日随時、次回のビートルズセッションは12月11日)、新北沢・BREATH、渋谷・Lantern(毎週水曜日)、所沢・Live Studio Nave(ビートルズ研究会を11月26日)。他にもまだまだありそうで、すべて制覇できるかなぁ。

 来週23日は、午後5時から若宮BLスタジオで「秋フェス」ですね。1週間、猛練習しよう!

Imagine

 ジョンの71歳の誕生日の9日、ポールが米国のビジネスウーマン、ナンシー・シェベルさん(51)と結婚した、というニュースが流れました。おめでとう。ポールもすでに69歳。自宅で開かれた披露宴では、新妻に新曲をプレゼントしたという話もあるようです。結婚の数日後にはヨーロッパツアー「On The Run」を行うという発表もありました。元気ですね。

 同じ日、アイスランド・レイキャビクではジョンとヨーコの「イマジンピースタワー」から光が発せられたようです。前々回の投稿「Without Any Fear」のコメントにヨーコからのメッセージが寄せられています。イマジン・ピース・タワーのホームページでは9日の式典の様子も流れています。

http://imaginepeacetower.com/

I'll Be Back

 8月にほぼ30年ぶりに会ったジョニーO沼さんから、ライブの案内が届きました。11月20日(日)、東京駅八重洲口のHit Studio Tokyo。開場12:40、開演13:00、終了18:30と5時間半の長丁場です。O沼さんが学生時代に所属していた音楽サークル「くされ園」の恒例の発表会のようで、7バンドが出演です。J-SAT(80年代ジャパニーズロック)、どんなやっちゃBLUES BAND(Soul & Blues)、WATER CUP(ポップス)など、さまざまなジャンルのバンドがノミネートされていますが、「仄かなお笑いとともに」とか「微熱中年、これでも最年少」とか、まあオヤジバンド大集合って様相です。

 ジョニーO沼さんのバンドは「六ぼると」。リッチーのディープパープルと同じ編成の5人組。15:10から15:45までの出演です。チラシには「ハードロック-バラエティー」「究極のリズミカルえんため」とあります。ジョニーは「今年は練習できていないので…」と言い訳していますが、「技術じゃないよ、ハートだよ、魂だよ、ロックは」というノリで遊びに行こうと思っています。2ドリンク付き1500円と安いし。Highway StarやSmoke On The Water、Heartbreakerなどを演っていた20代へ気分だけでも戻ってみよう。

Without Any Fear

20101210  フォーティーバックス恒例の年末ライブのお知らせが、楠田晴正さんのサイトに載りました。12月10日(土)午後6時30分スタート。会場は、新栄・雲竜フレックスビル西館のクラブ・ダイヤモンドホールです。木戸銭は5000円。

 このところのコピー「40Bucks play the Beatles」のサブタイトルが「Happy Xmas」です。40年前の1971年12月10日に、この曲が日本でリリースされたそうです。今年のジョン追悼ライブは、Happy XmasとImagineの大合唱になるそうです。3年ぐらい前から、観客の高年齢化に合わせて、すべて椅子席にしていますが、始まればすぐに「なんで座っとるの。最初ぐらい立たなかんがね」と強要しますが、まあずっと立ちっぱなしということはないので、アラカンには正直うれしい配慮です。今回は、さらに「トイレ休憩付き」とあります。いつも2時間半ぐらい、ぶっ通しですが、楠田さんも毎年1歳ずつ年取るわけだし、「人にやさしいエコライブ」というわけです。

 Happy Xmasは副題にWar Is Overとあります。有名なジョンとヨーコからのメッセージですね。1969年12月、世界11都市に「War Is Over If You Want It」という看板を掲出しました。ベトナム戦争を思ってのことです。Happy Xmasはその2年後のリリース。そして、それから40年。ジョンのメッセージが今でも通用することを悲しむのではなく、前向きにとらえて歌い継ぐことこそが世の中を変える力になるんじゃないかなぁ、と思います。

 楠田さんのBeatles講座も10月から3年目に突入。生徒さんたちのTrue Loveがこのライブに出られるといいですね。

Being For The Benefit Of Miss K

 Kさんのために、というよりもKさんが張り切っています。8月のSummer Sessionの好評(?)に味をしめ、23日(日)午後5時から9時まで、名古屋・栄のBLスタジオ若宮3階でAutumn Sessionが開かれます。ミートルズの女声コーラス隊Honey Pie 2、フォーティーバックス・楠田さんのビートルズ講座生徒のTrue Love、東京のIT橋さんのユニット・流などが参加します。

 午後5時開場で、セッティング完了しだい演奏開始というか、リハというか、練習。午後6時ごろから、ET子さんのソロ(浜松市のカラオケ大会で感動賞獲得です!)に続いてギターIT橋さんでHoney Pie 2、7時ごろからTrue LoveがBeatlesの初期ヒット曲を披露、7時45分ごろから流がBeatles色を強めて歌います。

 見学だけの人は無料です。BLスタジオ若宮は、若宮八幡宮の北側の西隣です。街に出かけた人はちょっと寄ってやってください。

 10月、11月は忙しくて、23日も名古屋へ行けないし、週明け11日(火)、赤坂CrawfishのBeatles Jamも参加できそうにありません(IT橋さんとタローは行く予定です)。この3連休、家でひたすら練習します。みんな、頑張って。

Everybody Had A Hard Year

 オープニングは「Passion」。2本のガットギターとツインドラムの刻むリズムに「今日はいいぞ」とうれしい予感です。2カ月前、8月の渋谷・スターラウンジのライブと比べると、まるで別のバンドのようです。演奏にメリハリが利き、キレもいい、バンド全体の醸し出すグルーブが会場を沸かし始めました。

Pt360018  6日、渋谷のJZ Bratで開かれたRockamenco、ほぼ2年ぶりのワンマンライブ。正直、期待以上、いやこれまで最高とも言っていいライブでした。2曲目「Rainbow」から、久しぶりの「Viva Amor」に続いて新曲の「Bailaora(バイラオーラ)」。Sntanaのカバー「Smooth」から「バイラ! バイラ!」で1部が終了です。2部はバラードの「そこにあるシアワセ」を、有ちゃん、暖くん、ポニーのトリオでしっとり。カバー「Don't Let Be Misunderstood」もちょっと違う雰囲気でよかった。またまた新曲の「Yo Soy El Viento(ジョソイエルビエント)」の後は、”空っぽのハイライト”と歌いだす「Happy Monday Morning」。この前向きさがロッカメンコらしいな、とあらためて実感しました。ジプシー・キングの代表曲「Volare(ボラーレ)」から、Ricky Martinのカバー「Livin' La Vida Loca」へのフィナーレはノリノリでした。アンコールはお約束の「Morena」。

 終わってからも再度のアンコールを求める拍手が長く続いていました。みんな、よかった、と感じたんでしょう。いやぁ、よくよみがえったなぁと思います。元気もらいました。バックに徹したエレキギターとキーボードのサポートが入りましたが、この使い方もピッタシでした。エレキのソロが表に出たのは1曲ぐらいでしたが、暖くんと尾ーちゃんのギターをうまく浮き出させていたように感じました。14日の沼津も行きたくなりました。12月の東京(16日、クラブエイジア)、名古屋(21日、アポロシアター)もきっと熱いライブになるでしょう。行かなきゃ。

Mi Corazon

 6日午後7時30分から、渋谷セルリアンタワーのJZ Bratで、Rockamencoが久々のワンマンライブです。JZ Bratは、大人の雰囲気のライブ&ダイニングクラブだそうで、80席限定です。8月のスターラウンジから2カ月、6人になって二度目のライブですが、サポートも入る未確認情報も聞こえてきました。ちょっと楽しみです。

 10月14日には沼津でLive in "Tony's Honolulu"、12月16日には東京・club asiaで石田ミホコ、Kunio Kishidaとのジョイントライブ、12月21日に名古屋・Apollo Theaterでのライブが決まっています。行ってやってね。

Don't Make It Bad

 あっという間に10月になってしまいました。今年も残り3カ月。あと3カ月しかないのか、まだ3カ月もあるのか、人によって違うでしょうし、自分だけで考えても、仕事のこと思うと「3カ月も」だし、ライブまでの練習期間は「3カ月しか」です。人の感じ方というのは、勝手というのかフレキシブルというのか、まぁ、そんなもんでしょう。だから「Take a sad song and make it better」がいいんですよね。

 毎年、12月はライブが続きます。今年も12月8日、ジョンの命日ですが、いつものように名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルで開かれる追悼コンサート「Give Peace A Chance 2011」に呼んでもらえる、と思っています。元祖Meatlesで出演予定ですが、練習できるか、どうか、不安でいっぱいです。

 ベンチャーズ専門のWest Onesとの忘年ライブは12月23日の天皇誕生日に午後3時からアンティークノエルで開きます。主催は、Gypsy Roseで、Honey Pie 2として参加します。もうすぐチケットもできるので、ファンの皆さまには別途、メールでお知らせすることになると思います。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »