Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

I Feel That Ice Is Slowly Melting

 お昼前の日比谷公園です。春は明日、やって来るそうです。

20120229

Sgt. Tsugei's Only One Club Band Ⅲ

 告井延隆さんの「アコギ1本でBeatles」シリーズ第3弾が3月25日に発売されることが、公式ホームページにアップされました。

 http://tsugei.web.fc2.com/

Small1151565_img  I Saw Her Standing ThereからFrom Me To You、I Want To Hold Your Hand、She Loves You、Please Please Meと初期のヒット曲が続きます。Day TripperやWe Can Work It Outなども入り、Yesterday、I'm Looking Through Youまで全20曲です。「ラジオで聴いたTwist And Shoutが衝撃でした。あれが原点。Beatlesの本質は初期のあのエネルギー」と話していた通りのアルバムになっているんじゃないかな、と期待しています。取り組み始めて5年以上、最初のアルバムから4年がたっていますが、進化は止まらないみたいです。3月11日のトーラスライブ、3月31日の市ヶ尾・インマイライフでのライブが楽しみです。

 写真は2009年10月、岐阜でのライブです。

I Saw Her Standing There

 2012021914400000 告井さんが、愛知・岩倉のアコースティックミュージックカフェ・おとぎばなしでライブ。K'sミュージックオフィス社長が潜入しました。「告井さんの6本の弦の間にバンドがいた」と3回目にして参ったそうです。3月に出る初期の曲を中心にした3枚目のCDからのI Saw Her Standing There、「完成まで2年かかったそうです。ベースが踊りながら、すごかった」。トーラスでのライブ、楽しみです。

Rock And Roll Music

 武道館でのビートルズライブはRock And Roll Musicで始まり、I'm Downまでの11曲、30分ほどのステージでした。1966年6月29日未明に来日、30日から7月2日までに5回の演奏をしました。名古屋の田舎の中学生だったので、武道館に行くという発想は全くありませんでした。ただ、夏の夕方にテレビ放映を真剣に見ていた記憶があります。

 テレビ放映は7月1日午後9時から日本テレビで1時間番組として流れました。関東地区の視聴率は56.5%だったそうですが、実は名古屋地区はそれより4時間半前の午後4時30分からCBCで放送されていたそうです。これを授業が終わって飛んで帰って、食い入るように見たんですね。カラー放送だったようですが、家のテレビは白黒だったんで、今、DVDなどで見るイメージとはだいぶ違っていたと思います。放映されたのは、1日昼の部のステージだそうです。昼の部は3時スタート。1時間後に放送されたわけですから、当時としてはすごいことだったんじゃないかと思います。番組の終わりに、当時発行されていた「Teen Beat」という音楽雑誌のBeatles特集号が当たる懸賞が流れ、応募したら後日、送ってきた覚えがあります。

I'm Down

 ブライアン・アダムスのライブに行ってきました。7年ぶりという日本公演は大阪、名古屋に続いて武道館2夜。最終日のこの日も1万人近い観客でほぼ満員でした。現在52歳、80年代に活躍したカナダ出身のロックミュージシャンで、気持ちいい夜を過ごしました。House ArrestからSomebody、Here I Amとノリのいいロックで始まり、これまでのヒット曲を網羅したようなセットリストだったそうです。多くの曲で観客が一緒に歌っているのにはビックリしました。16曲目のWhen You're Goneではアリーナからデュエットする女性を選びステージへ上げました。福井から来たJA勤務のミカさんと言ってましたが、堂々と歌っていたのにも驚きました。全部で24曲、2時間強のパフォーマンスでしたが、最後の3曲はバンドメンバーを下げ、アコギでワンマンショー。ハープを吹きながらの曲もあり、元々はアコギからなのかなぁ、と思いました。ブライアンのハスキーな歌声も魅力的ではありましたが、ずっとブライアンと一緒だというキース・スコットのギターに目がいってました。塗装のはげかけたストラト。メロディアスな曲調に合った、メリハリの利いた演奏に聞きほれていました。それにしてもストラトの小さく見えたこと。

Pt360112  会場の武道館が初めてロックコンサートに使われたのは、1966年6月のビートルズ公演でした。それから46年ですか。何人のロックスターが、ここで演奏したんでしょうね。

Yesterday

 名古屋・栄のバーデン・バーデンは、偶数月の第二水曜日が「The Beatles Night」。5年目で、もう37回もやっているそうです。知らなかったなぁ。ホストバンドの<ザーザーズー>がサポートし、お客さんか自由に歌い、演奏できるみたいです。

 2012020908510000

 2月8日がその夜だったわけで、K'sミュージックオフィスのKさんが初参戦しました。連れは、YS本さんにHYSさん、それに「伝説のボーカリスト」M谷さん。YS本さんのギターでHYSさんが3月11日に備えてかYesterdayを熱唱。YS本さんはI'm Looking Through YouとNo Reply、M谷さんはGolden SlumbersからThe Endを歌い、Kさんはハモったということです。7時オープン、演奏開始8時で、4時間飲み放題2000円。YS本さんは黒ビール7杯飲んだそうで、Kさんは「!」としながらも「気にいった」。

Power To The People 2

 3月11日のライブ、決定しました。「震災を忘れないチャリティーライブ2012 Power To The People~Never Forget 3.11」です。12:30開場、13:00開演です。会場は、東新町CBC北側のライブハウス・トーラス=名古屋市中区東桜2-21-13 グリーンシャトウ東桜5階、052-931-9721=です。 出演は、楠田ビートルズ教室の生徒さんらのTrue LoveとDarlin's、流がコラボしたK'sミュージックオフィス、押尾コータローふうギターの荒居清貴さん、ピーター、ポール&マリーのKK&M、ミートルズの女声ユニット・Honey Pie2 に、年末の忘年ライブもご一緒した大人のロックを聴かせるGypsy Rose。

 それに特別ゲストが何と、告井延隆さん。アコギ1本でビートルズを始めて5年余、この3月には初期の曲を中心にした3枚目のアルバム「Sgt. Tsugei's Only One Club Band 3」を出す予定だそうです。9日には稲沢、10日も名古屋・岳見町でライブがありますが、トーラスにもやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!です。4時過ぎの登場になる予定です。

 入場料は、1ドリンク付き2000円です。お早めにどうぞ。

You May Say I'm A Dreamer

Pt360108  Rockamenco行ってきました。いやぁ、よかった。3回目のライブだったIT橋さんは「久しぶりに鳥肌立った」と話していました。

 開演15分前に入った時は20人足らずしかお客さんがいなくて、どうなることかと思ったけれど、その後続々やってきて、結局はほぼ満員、熱気も満々。20分押しと聞いていたのが、10分で開演となりました。オープニングは「バイラ!バイラ!」。ノリノリのスタートから好調でした。「孤独を愛する女」「狂った蝶」と渋い選曲に続いて、アコギバージョンに転換。タローがドラムからカホンに移りました。「ビバ・アモール」「ノー・サティスファイ」「エスペランザ」とアレンジを変えたおなじみの曲。「もっとアコースティックに」という紹介で新曲の「フラメンコ・デ・ロッカメンコ」「太陽に向かって」。カバーの「ソング・フォー・ユー」はありちゃんと暖くんの2人のバージョンでした。

 これもカバーの「ビコーズ・ユー・リブ」の後、「早いものであと4曲」のお知らせ。1時間ちょっとたっているのに、あっという間でした。「ハッピー・マンデー・モーニング」「モレーナ」「リビン・ラ・ビバ・ロカ」「パッション」と怒涛のステージ。ポニーは、いつものスティック回しの大サービスを決め、会場も最高に盛り上がりました。黒のTシャツに着替えて出てきたアンコールは「満月」と「ボラーレ」。「俺たちまだ夢を見てる」と歌う「満月」が心に残りました。

 ichiroさんが抜けてから1年、新しいRockamencoの姿が見えてきたライブでした。早く、2枚目のアルバムを出してほしいなぁ。

Your Mother Should Know

 9日は六本木のmorph-tokyoでRockamencoのワンマンライブです。ワンマンは、昨年秋の渋谷・JZ Brat以来4カ月ぶりです。オープン19:00、スタート19:30です。前売り3500円、当日4000円、別にドリンク代600円ということです。また寒波が襲ってくるという予報ですが、2012年の初ライブ、きっと熱く盛り上げてくれるでしょう。

 Let's all get up and dance to songs of Rockamenco !

Penny Lane

 開演前に流れていたのはアコースティックギターのSgt. Tsugei's Only One Club Band Ⅱでした。節分の3日、TOKYO FMホールで開かれたセンチメンタルシティロマンスのライブへ行ってきました。主催はNPOのSinging Angels。震災で被災した子どもを支援するためのコンサートで「For 3.11 2020」というタイトルがついていました。

 センチのライブは初めてでした。1973年に名古屋で結成、以来40年も活動を続けている大人のバンドです。先月のIn My Lifeビートルズナイトで、告井さんが「急に決まったんだよ。昨年秋の横浜以来かな。この先も予定はないよ」と話しておられ、昨年8月に25年ぶりというオリジナルアルバム「やっとかめ」の評判もいいと聞いていたので、見に行きました。「やっとかめ」というのは、名古屋の言葉で、漢字で書くと「八十日目」、80日ぶりだなぁ、つまり久しぶりということです。Pt360101

 アマチュアバンドのオープニングアクトの後、告井さんや細井豊さん、中野督夫さんら5人のメンバーが気負いもなく登場。「久しぶりだね」「旅の途中」「Nonky Tosan」「Natalie」などアルバム「やっとかめ」の収録曲を中心にステージが進みました。告井さんは最初、テレキャスターを弾いていましたが、竹内まりやさんが作った「Natalie」ではペダルスチール、「Sun Sunny Friend」ではジャンベっぽいパーカッションと、忙しく楽器を変えていました。やっとかめにタバスコスライドギターも見せていただきました。途中で、ゲストとして斎藤哲夫さんが登場、昨年、倒れて入院したそうですが、元気に「夜空のロックンローラー」を歌いました。Sgt. Tsugeiのライブで聴いた覚えのある「夏の日の思い出(ダンシング・ミュージック)」から「ハイウェイ・ソング」で終了、アンコールは「風景」「雨はいつか」でした。

 さすが結成40年、「メンバーが個別にサポートしてきたアーチストを数え挙げたらきりがない」と紹介されるだけあって、素晴しく楽しいステージでした。特にハモはもう完璧です。「夜空のロックンローラー」や「夏の日の思い出」など3声、4声のハーモニーはすごかった。自然体のステージもキャリアを感じさせてくれました。ホールではなく、酒を飲みながらのライブハウスだったら、もっと気分が和むというか、ノレたのかなという印象でした。うーん、ギターを弾きたくなったぞ。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »