Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後6時~、横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersの他、Bealtes、Silver Spoonなどが出演。セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

While My Guitar …

 カジノ、リアピックアップの音が出ないので、楽器店に持ち込んだら「ほこりでんな」と、ピックアップ切り替えスイッチを勢いよくバチバチバチと動かす。すると不思議な事にリアも復活でした。家に持ち帰り、アンプに通して音を出してみて久しぶりのリアの音を楽しみました。堪能して、シールドをギターから抜くと、カランコロンと金属音。シールドを差し込むジャック部分のナットが抜けてしまったのです。えーっと思いながら、はめようとしたんですが、ジャック部分がギターの中へ行ってしまいました。「素人じゃどうにもなりません」。電話した楽器店の店長さんに言われ、修理に出すことに。Made in Chinaだからなのかなぁ、やっぱり。

Pt360185

 3日のライブ、カジノが使えないので、久しぶりにSGを引っ張り出して、弦を張り替えました。ジャック部分もきっちり締めました。さあ練習しよう。

Everybody Had A Good Time

 初夏の街でハナミズキが白い花を咲かせています。区の木にでもなっているのかと思ったんですが、青葉区の木はヤマザクラでした。港北区の木がハナミズキでした。

Pt360184

 冨田庵オープンハウスから1週間。次は、下北沢・Breathでのライブです。タローさん(ds)、IT橋さん(vo、g)、田都仲間のローラさん(b)に、名古屋からKさんを迎えて組んだBay Trippersのデビュー戦です。他のビートルズバンド3組とのジョイントです。憲法記念日の5月3日(木)午後6時30分開場、7時スタート。Bay Trippersは3番目、午後8時半ごろの出演予定です。ルーフトップと80年代に流行したStars Onをやろうと思っています。Stars Onは20分のメドレー、記憶力(曲順が覚えられない!)と体力勝負です。チャージ1500円+ドリンク代です。お待ちしています。

Everybody's Laughing, Everybody's Happy

 ミートルズ後援会長の終の棲家、小さな良心の泉「冨田庵」のオープンハウスが21日、愛知・豊田というか足助で開かれました。矢作川沿いの山に囲まれた柿渋で塗られた新居完成のお祝いに100人近くが駆けつけました。

Pt360174  歓迎の挨拶に立った冨田先生は80歳。

 「一時は隠居も考えましたが、四分の三世紀の私の命を支えてくれた人たち、多くの教え子たちのサポートを受けながら、せっかくだからこの地を拠点に最後まで現役を務めていきたいと思っています。歴史から学びながら、数量経済から質的経済への脱却に向けて少しでもお役に立てば、とまだ思っています」
 「満州事変の年に生を受け、東日本大地震と津波、原発事故の時代に人生の最後を迎えようとしていることは、私に与えられた運命なのでしょう。静かに受け止めたいと思っています」
 「私にとって最も大切なのは、出会いでした。色々な人、物、そして色々に揺れ動く現象と言ってもいいのかもしれません。すべての出会いが私にとって貴重なものでした。成長を助けてくれました。親しみと信頼の出会いも、敵対、嫌悪感にあふれた出会いも、私にとって大事なものでした。生まれてこれまで世界中でおそらく数十万人以上の出会いを重ねてきて、今、振り返ると、一番大切だったのは、世界30カ国以上の国々で出会った子どもたちです。南北アメリカ、アジア、太平洋、北欧、ロシア、ヨーロッパ、アフリカ、そして日本。出会った子どもたちの顔が走馬灯のように脳裏を駆け巡ります。何もしてあげらなかったのに、子どもたちは私に大切なものを与えてくださいました。ありがとう。弱い私を、困難な時、危険な時も自分の身の危険を顧みず護り、支えてくれた子どもたちに心からの感謝を皆さんの前で言わせていただきます」
 「ご厚情に甘えることなく、背を伸ばして与えられた命を生き抜いていければと思います。人は他人のために生まれてきたのですから。最近、この言葉の意味を理解できるようになりました。今日は、本当にありがとうございます」

Pt360176  大きな拍手が起きました。続いて新居を建てたオークヴィレッジの稲本代表が祝辞を述べ、先生と二人で記念植樹をしました。京都御所で拾ったドングリを育てた苗木だそうです。

Pt360178  心配された雨もなく、広い庭に名古屋のフレンチレストラン・パイの美の特製料理が並べられました。ステージでは二胡グループ「伽羅」の演奏が始まりました。素敵な音楽に聞きほれていたのか、誰も手を伸ばしません。伽羅の演奏後、「乾杯」をして、ようやくパーティーが始まったようでした。

 Pt360180 わいわいがやがやの中、ミートルズのステージです。最初は、N村さんとRyoさんのユニット「不惑のフォークデュオ」。「どうにかなるさ」「帰れない二人」「アイ・シャル・ビー・リリースト」「たどり着いたらいつも雨降り」「プカプカ」など、不惑の年代でなく還暦近い年代に懐かしい曲を聴かせてくれました。

2012042120110000  曇り空から太陽が顔を出す中、続いてハニーパイ*2のユニットを中心にオールミートルズで臨みました。バンドテーマのHoney PieからHere Comes The Sun、Because、Eight Days A Week、You're Going To Lose That Girl、Here There And Everywhereといつものナンバー。サックスを吹きたい、というリクエストが寄せられ、K村さんを入れてYesterdayを演奏しましたが、サックスとキーがちょっと合いませんでした。申し訳なかったです。続いてN村さんのDon't Let Me Down、EOさんのLet It Be、The Long And Widing Road、Hey Judeと、往年のミートルズバージョン。その後、Eっちゃんのボーカルに戻り、In My Life、IT橋さんで先生の一番好きなFree As A Bird、そして最後はStand By Me。全14曲、ドラムはRyoさんのカホンで代用しましたが、まずまずの演奏だったようです。アンコールをステージから強要し、IT橋さんが会場リクエストに応えAnd I Love Herをソロで披露しました。

 KK&Mは、急な仕事が入って参戦できず残念でした。

 山にはまだ桜が残っていました。先生も昨年夏の体調不良から徐々に元気を取り戻しているとのことで安心しました。野外ライブも気持ちよかったので、また訪れようという声も上がっていました。

Where You Once Belonged

 名古屋・丸の内の那古野神社、散り始めていましたがまだ桜を楽しめました。21日に豊田市でミートルズ後援会長新居のオープンハウス。桜は終わっているでしょうが、温かい会になりそうです。KK&M、不惑のフォークデュオと一緒に楽しんできます。

Pt360170

Wednesday Morning

 水曜日の朝じゃなくて火曜日の朝、早起きしてしまったので出勤前に千鳥が渕に行きました。ニュース番組でもたびたび紹介されているだけあって、見事な桜でした。朝からかなりのの花見客が訪れていましたが、さすがに宴会は見当たりませんでした。若い頃は花を楽しむなんて考えもしませんでしたが、時折舞い落ちてくる花びらを見ながらの30分ほどの散歩が心地よかったです。穏やかな一日が過ごせました。

Pt360164
 ようやく暖かくなりました。コートももう不要ですね。

Besame Mucho

 1962年の4月8日はやっぱり日曜日でした。Beatlesはこの日、リバプールのカスバコーヒークラブで演奏した後、3度目のハンブルグへ出発したそうです。ハンブルグ・スタークラブでの演奏は13日から5月末まで。帰国後、6月6日にアビイロードのEMIスタジオで、オーディションの後最初のレコーディングをしました。曲は、Besame Mucho、Love Me Do、P.S. I Love You、Ask Me Whyの4曲だったそうです。デビューシングルLove Me Doのリリースは10月5日でしたが、この日が歴史の動いた日だったわけです。

 それから今年で50年です。半世紀が過ぎました。すごい時間がたったのですが、未だに色褪せないの不思議な音楽です。

 名古屋のフォーティーバックスが、ビートルズ50周年コンサートを6月10日(日)午後5時半から新栄・クラブ ダイヤモンドホールで開きます。たぶん、ビートルズの50年をたどるような構成になるんじゃないでしょうか。楽しみですね。

20120610jpg

Little Child

 数日前、同僚から「ビートルズの息子たちが二代目ビートルズを作るらしい」と聞きました。チェックしてみたら、ロッキング・オンのブログ「ロンドン通信」に報告されていました。ポールの息子のジェイムスが、BBCのインタビューに「ショーン・レノン、ダーニ・ハリスン、ザック・スターキーに次期世代Fab Fourみたいなバンドを組もうと打診しているところ」と答えたといいます。英国内のメディアでは大騒ぎになっているそうです。うーーん、複雑。ポールが曲を提供するのかな?

Pt360148  今日は、多磨霊園へ花見を兼ねて墓参り。少し寒かったけど、ほぼ満開でした。

Cellophane Flowers Of Pink

201204062  今日、東京都心は桜が満開になったと気象庁が発表しました。日比谷公園も桜の下にブルーシートが並んでいました。風がやや強く、夜は肌寒く、夜桜見物もつらそうな気がしますが、花より団子かな。週末は多摩に花見に行きます。

Yes We're Going A Party, Party

 昨夜はRockamenco VS 大渕博光 with Trianguloのライブ「月と太陽」が原宿でありました。竹下口近くのミュージックレストランに行きましたが、原宿はおよそ30年ぶり、若い人の多さにあらためて驚きました。昨年4月に予定されていたライブでしたが、震災で1年遅れての開催になりました。

201204052 ソールドアウトになったライブ、お客さまの98%は女性。食事とお酒を楽しみながらという落ち着いた雰囲気でした。サックスを入れたバンドの大渕さんのステージの後、Rockamencoが登場。前半は、タローがカホンをたたき、お洒落なお店に合わせたようなパフォーマンスでしたが、後半は熱気いっぱい。ラス前のMorenaで半分ぐらいの観客が立ち上がり、あちこちで踊りだす姿も。アンコールではほぼ全員がスタンディングオベイションでした。

 この日のセットリストは、狂った蝶、Vida Mia、ビリーとジャック、Flameno de ROCKMENCO、太陽に向かって、Happy Monday Morning、パイラ!パイラ!、Morena、Passionで、アンコールが満月、Lo Bueno y lo Malo、Volare。Volareは大渕さんのバンドも再びステージに上がっての大盛り上がりでした。

 次回は8月10日、六本木・morph tokyoでワンマンです。

Got A Good Reason

 春の嵐というか、日本海産台風はすごかったですね。渋谷駅で田園都市線、一時運転見合わせに遭遇してしまいました。幸い、30分弱で運転再開となり、助かりました。

 ミートルズの東京ユニット、IT橋さんがバンド名候補を14も挙げてくれ、全員一致でBay Trippersに決まりました。「市が尾@横浜(Bay)が拠点ですし」ということです。デビュー戦は5月3日、下北沢・Breathです。張り切って、まっぺん練習することになりました。10日には久しぶりに赤坂・Crawfishに3人で参戦です。

A Day In The Life

 A long, clod, lonely winterを地でいく3月の末日、横浜・市ヶ尾のライブ喫茶・インマイライフのビートルズスペシャルデーVol.14へ行ってきました。演奏する予定がメンバーの都合でダメになりましたが、第2部は告井さんのソロライブだし、田都のまとめ役ヒロシさんの所属するプラスティックソウルも聴きたかったので、いそいそ出かけました。

Pt360130  最初の出演はSR69。SRはサディスティックレボリューションと聞こえましたが、不明確です。ギター、ベース、ドラムス、キーボードにサックスという構成で、もちろん歌うのですが、サックスがメロディーを奏でるというのが基本パターンになっているようです。Day TripperからAll My Lovingでスタートし、水の流れる音を効果につかったDear Prudence、インストのA Day In The Lifeなど工夫されていました。Tomorrow Never KnowsやI Am The Walrusなど、マニアっぽい曲も多く聴けました。

Pt360132  続いてホフナーさんが率いるプラスティックソウル。ヒロシさんがギター、ラリアンさんがキーボードに入っており、ドラムスは何と24歳のアズミさん。店のテーマ曲・In My LifeやI Want To Tell You、Get Back、One After 909など中後期の曲を中心にバランスのいい、素敵な演奏でした。Sgt. Pepper'sからAnd Your Bird Can Singへつながったり、アズミさんのHoney Don'tにも拍手が大きかったです。ラストは、ホフナーさんの歌うI'm Down。高音もバッチリでした。アンコールでHere Comes The Sun、If I Needed Someoneとジョージの2曲も。昨年9月にインマイライフにお邪魔してからいろいろお世話になったヒロシさんですが、何と6月に海外に転勤だそうで、インマイライフは今回がラストステージ。いろいろ思いのこもった演奏になりました。

 三番目は、ブルージーな弾き語りでのKAZさん。5月にここでライブをするということでPRを兼ねての出演だったそうです。下北沢・ブレスのスケジュールで見たことがあり、バンドでのライブが楽しみです。

Pt360135_2  第2部はおなじみのサージェント・ツゲイ・オンリー・ワン・クラブ・バンドです。2時間、計29曲+2曲のステージでした。歌詞を変えて唯一、歌入りのSgt.Peppe'sで始まるのは、このところのお約束でしょうか。I Am The Walrus、Martha My Dearと続いた後、デビュー曲Love Me DoからShe Loves You、I Want To Hold Your Handなど初期のヒットパレード。Ask Me Why、All I've Got To Do、Till There Was Youなどから、あの脅威のI Saw Her Standing Thereでいったん休憩。後半戦は、休憩中にBGMで流れていたNorwegian WoodからSomething。チューニングをオープンDに変えて、Within You Without You、Come Togetherで魅せました。会場からリクエストを求め、The Long And Winding Rord、Eleanor Rigby、While My Guitar、Strawberry Field Forever。最後はShe's Leaving HomeからA Day In The Lifeで締めました。「歌も聴かせてよ」という客席からのオファーに、センチメンタルシティロマンスのルーシー、夏の日の思い出の2曲でこたえてくれました。「また、夏ごろにやりたいな」と話していたので、これも楽しみです。

 今回は参加できなかったけれど、5月26日のVol.15には出ようと思っています。楽譜を見ずに弾けるよう、練習しなくちゃ。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »