Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

Don't Let Me Down

 26日は市ヶ尾・インマイライフで15回目のBSD(Beatles Special Day)でした。バンドメンバー、その応援のほか一般のお客さまもいていい雰囲気でした。

 トップバッターは初出場の、全部大文字のTHE REASONさん。
Thereason1205262  貴重な地元バンドということです。そろいのスーツにネクタイ姿、ギターはグレッチにリッケンバッカー、ベースは左利きでもちろんヘフナーです。ドラムは女性です。いきなりの曲が? 歌詞からI'll Be On My Wayらしいことが推測されましたが、2曲目のSome Other Guyも??。3曲目は知っていたWorld Without Loveでしたが、ピーター&ゴードンバージョンではありません。MCやローラさんの解説で、レコードデビュー以前のレパートリーだったことが分かりました。4曲目のDevil In Her Heartからはデビュー後の曲が続きました。It Won't Be Long、P.S. I Love You、This Boy、All My Loving、Please Please Me、Roll Over Beetohven、I Saw Her Standing There。曲によってメンバーの立ち位置が変わり、1本のマイクでのコーラスの歌い方もキマッていました。ステージにギブソンSGとカジノが置いてあったのですが、ここでギターを交換、She Said She SaidとPaperback Writerと、一気に中期の曲に移りました。アンコールに応えたShe Loves Youまで14曲。ジョン役のリーダーは汗ぐっしょりの熱演で、大きな拍手が送られていました。地元にこんな素敵な正統派ビートルズバンドがあるなんて、東京はやっぱり大きな都市ですね。インマイライフのハウスバンドというか、ホストバンドになってくれるといいなぁと思いました。

 2番目は久しぶりのマシュマロパイです。
Marshmallowpie120526 今回はどういう仕掛けがあるのかなぁ、と思っていました。1曲目がDrive My Car、2曲目がThe Word。続いてNorwegian Wood、Nowhere Man。そうRubber Soulの全曲演奏でした。時にギターが2本になり、小物パーカッションを多彩に使い、曲もショートバージョンにするなど工夫してRubber Soulの全14曲、コーラスをたっぷり聴かせていただきました。

 THE REASONさんの初期、マシュマロパイさんの中期とくれば、最後のBay Trippersは後期でしょう、というと計画的な気がしますが、全くの偶然。3月に予定していたRoof Topを2カ月遅れでの疲労、いや披露になりました。IT橋さんが電源忘れでエフェクターを使えない状態でGet Backからスタート。ところが、最後の部分でギターとドラムがいきなり間違え、苦笑いの中でのスタートでした。Don't Let Me Down、I've Got A Feeling、One After 909、Dig A Ponyとこなしました。季節が進んだせいか、ステージの照明が熱くて、汗が噴出してきました。「さて最後の曲です」とお約束のMCで、20分のStars Onを始めました。本人たちは、それほど感じていませんでしたが、観客の人から「後半、少しバテ気味でしたね。Stars Onからやったほうがよかったんじゃないですか」と言われました。確かに、終わった途端、思わず「マスター、ビールください」とステージからオーダーしてまいました。体力勝負の曲であることをあらためて思い知らされました。
Baytrippers1205263 実は、ヒロシさんのオランダ転勤に続いて、今度はベース・ローラさんの大阪単身赴任が発覚しました。どうなってしまうんだろうと思いましたが、「インマイライフのBSDは2カ月に一度、それに合わせて帰って来ますよ。オランダより近いし」と力強い言葉。7月28日のBSD vol.16にも出演することになりました。THE REASON、マシュマロパイの皆さんも次回、出演されます。楽しみです。さて、何をやるか決めなきゃね。

Come Together

 ヒロシさんのバンド・Plastic Soulが下北沢・ブレスのビートルズイベントライブに出演するというので、出かけました。この日の出演は4組。最初は3ピースのB-At。Getting Betterから始まり、ジョンのトロントライブバージョンでのMoneyや解散後のポールやジョンの曲などを聞かせてくれました。2番目はBeat Explosion。二度目の出演ということで、今回はA Hard Day's Nightを除く10アルバムから1曲ずつの選曲。Please Please Me、All My Loving、Mr. Moonlightと続き、ラバーソウルはIn My Life。ピアノのパートはギターが頑張ってカバーしていました。White AlbumからBirthdayをやりそうなMCの後、Savoy Truffleという渋い選択でした。ベーシストが左利きで、首を傾けながら歌うなど楽しいステージでした。4組目は、Beatlove。14カ月ぶりのライブだそうですが、手馴れた感じで、Twist & ShoutからShe's A Woman、I Feel Fineなどノリノリの曲がいっぱいでした。

Bat20120520

Beatexplosion20120520

Beatlove20120520

 Plastic Soulは3番目でした。ベースのバンマスがお休みで、これまたサウスポーのベースさんでした。毎月1回、参加されていたそうですが、ヒロシさんにはここでのライブもしばらくおあずけ。ヒロシさんは「またいつか戻ってきて演奏します」とMCで話していました。演奏は、Back In The U.S.S.R.から始まり、I Want To Tell You、Drive My Car、If I Needed Someone、What Goes On、You're Going To Lose That Girl、Get Back、Dig A Pony、Here Comes The Sun、One After 909の10曲。アンコールの声にはHelp!で応えてくれました。いつも通り、生真面目なギターと歌で楽しませていただきました。

Plasticsoul201205201

すべての演奏が終わった後はセッションタイム。タローと2人、Come Together、Something、While My Guitar Gently WeepsをPlastic Soulのメンバーの皆さんに混じって演奏させていただきました。ありがとうございました。

When I'm Walkin' …

 1週間後の土曜日、26日は横浜・市ヶ尾のライブ喫茶インマイライフでビートルズスペシャルデーです。Bay Trippersとして2度目というか、ヒロシさん送別会を加えると3度目のライブです。3日のブレスと同じセットリストで臨みます。マシュマロパイともう1組、初めての不ループが出るそうです。午後7時から始まり、Bay Trippersは3番目の出演です。ミュージックチャージは不要で、ドリンク代のみです。

 そのインマイライフが、てくてくTVの取材を受けたそうです。you-tubeで45分の番組を見ることができますよ。
 http://www.youtube.com/watch?v=UShU_p3_KJg

Hello, Goodbye

 市ヶ尾のライブ喫茶インマイライフのビートルズスペシャルデー(BSD)に初めて参戦したのは、横浜に引っ越して半年後の昨年9月でした。IT橋さんとの2人だけで30分ほど演奏、終わった時に「打ち上げ行きましょう」と声をかけてくれたのが、ヒロシさんでした。ギターも弾くしピアノも弾くし、もちろん歌も歌います。インマイライフのビートルズイベントの牽引役のようでした。「事前に演奏する曲目を教えてくれればサポートします」という心強い申し出をいただいたのも、この時だったと思います。

 そのヒロシさんが6月に転勤することになったのです。それもオランダ! ちいと遠いわけです。「田園都市線沿線近くのみんなで送別会をしましょう」というローラさんの提案で11日、インマイライフでの送別ライブセッションが開かれました。Bay Trippersのメンバーはもちろん、おなじみのマシュマロパイの皆さん、11月のBSDにレインドロップスのギターを務めたP-90□さん、ヒロシさんとインマイライフのできたばかりのころ一緒にやっていたツノダさん、そしてヒロシさんとプラスティックソウルで一緒で、ずっと泣きっぱなしというらりあんさんら総勢10人余でした。

 ビールからワインに変わって1本目が空いたころ、ヒロシさんがステージへ。アコギを手に弾き語りでHere Comes The Sunなどを披露。次第にステージのメンバーが増え、あるいは交代で参戦し、2時間以上、ビートルズが流れました。初期から後期まで、さまざまな曲がいろんなメンバーで演奏され、楽しくレベルの高いセッションになりました。Bay Trippersは帰って来いよと願いを込めたGet Backなどルーフトップの曲などを演奏、ヒロシさんの歌でWhile My Guitarを演奏しました。最後は、万感の思いを込めてヒロシさんがImagineをピアノで弾き語り。「戻ってくるまでインマイライフを皆さんで盛り上げてください」と話していました。

201205118

201205112_2 

20125116

 ヒロシさんのライブはまだBreath(5月20日)などでありますが、本当にいろいろお世話になりました。ありがとうございました。ハーグのライブハウスでもきっと、ビートルズを歌い続けるんだろうな、歌ってほしいな、と思いました。お元気で!

Roll Over Beetohven

 毎月第2火曜日の赤坂・Crawfish Beatles Jamに今月もBay Trippersの3人で参戦しました。今回は2グループと2人の4組。演奏チャンスが多い日でした。3日のライブでやったばかりのルーフトップの5曲を二度に分けて演奏。「Breathよりよかったんとちゃうか」という声も出ていました。観客で来てくれたY嬢さんらリクエストがあったんですが、次々と他のグループが演奏してまいました。ということでThe Long And Winding RoadとPlease Mr. Postmanに挑戦しましたが、練習量ゼロなのでムニャムニャです。一人で来ていた同世代のおじさんがなんとWhile My Guitarを歌いだしたので、飛び出してってリードを弾いてしまいました。お店のリッケンバッカーで、ホストギタリストさんがぐーんとボリュームを上げてくれ、エフェクターなしで気持ちのいい歪みが出ました。ボーカルのおじさんから握手を求められ、仕事の疲れが飛んでいきました。サポートバンドの間に入ってのKansas CityとRoll Over Beethovenはよれよれギターでした。Bay Trippers最後はGolden SlumbersからThe Endで、今日のJamのフィナーレとなりました。少々はしゃぎすぎだったかもしれませんが、お客さまのY嬢が「私もピアノ弾きたくなったんです。キーボード買おうかな」とうれしい反応。もちろん、楽譜を用意するようIT橋さんに頼みました。

Crawfish120508

A Hard Day's Night

 久しぶりに気持ちのいい大汗をかきました。ビールのうまかったこと。

 3日、下北沢のMusic cafe & bar Breathでのビートルズライブイベントで、Bay Trippersとして初ライブでした。雨が止まない中、メンバーの友人・知人ら計5人が駆けつけてくださり、うれしかったです。O沼さん、Y生さんらに感謝申し上げます。

 店でサウンドチェックの後、近くのスタジオで1時間半ほど最終リハをして臨みました。この時点で早くも疲れが出て、還暦パワーを実感しました。この日のライブアクトは4バンド。トップバッターは、Savil Rows #2。ルーフトップライブをしたアップルの住所地をバンド名にしているので、もしかしたら曲がカブるのでは、と心配しましたが、演奏は初期の曲でした。ジョージ役がレフティで、ジョン役ともどもリッケンバッカーを使っていました。皆さん、まだ若くて元気のいい演奏を聞かせてくれました。

Savilrows2breath Breath2

 続いてはっぴー小田島とザ・ツイスト・アンド・シャウツ。普段は四谷のSokehs Rockに出演しているそうです。今月は9日です。ちなみにSokehs Rockはフォーティーバックスの楠田さんから「東京行ったら、訪ねてください。仲いいんです」と紹介されましたが、まだ機会がありません。ベースのJamesさんも17日にここBreathでソロの弾き語りがブッキングされており、落ち着いた演奏というか、どえりゃー上手でした。Ask Me Why、This Boyなど初期の曲がメインでしたが、コーラスはバッチリ、Please Please MeやShe Loves Youなどもノリノリ。グレッチのギターも、細かいコードワークで、相当な経験を積んでいるなぁ、と思いました。いやー、良かった。けど、この後がBay Trippersの出番。「それはつらいなぁ」とKさんがぼやいていました。

Photo

 トリは「とりあえづ」という5人編成バンド。メンバー紹介で「とりあえずポール役です」「とりあえずのジョンです」とウケていました。普段は初期の曲が中心だといっていましたが、この日はWhite Albumの初めの3曲、Back in the U.S.S.R.、Dear Prudence、Glass Onionからスタート。Sgt. Peppers(Reprise)で観客の声がSEで出されたり、A Day In The Lifeで目覚まし時計の音も出すという楽しい演奏でした。

Btbreath1205031

 さてBay Trippersです。Kさんはバックコーラスだけでなく、今日はピアノにも挑戦、I Should Have Known Betterではハープも吹くとあって、気合が入っています。ルーフトップライブから入り、オープニングはGet Back。Kさんはリフのバッキングだけでなく果敢にソロにも挑戦しました。Don't Let Me Down、I've Got A Feeling、One After 909、Dig A Ponyと何とかこなしました。ここまで約15分、ステージは暑くて汗が出てきています。MCのベース・ローラさんが「最後の曲です。ちょっと長いけど」と前置きし、Stars Onです。Fmaj7→G6→C6の前奏をつけてNo Replyからスタート。オリジナル(?)のStars Onに、Old Brown ShoeやWhile My Guitarの間奏を入れた上、メドレーの最後はやっぱりGolden Slumbers~Carry That Weight~The Endでしょうと加えたため、計33曲、20分の演奏となりました。大きなミスはなかったようですが、汗で滑るわ、クラクラするわで、個人的にはいつも通り、よおけ間違えました。「間違いはライブの楽しみ」と言い訳もいつも通りです。ちゃんとかどうか分かりませんが2度練習した成果も出ている上、太鼓がしっかりしているからバンドらしい音になっていたようです。4時の入りから演奏終了まで5時間半、ハードな夜でしたが、楽しさもまた格別。ステージが終わるまで我慢したこともあって、ビールがまたおいしかったわけです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »