Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後6時~、横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersの他、Bealtes、Silver Spoonなどが出演。セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

I'm Down

 1966年の来日公演の映像を見ました。Rock And Roll Musicから始まってI'm Down までの11曲、約30分。ジョンとジョージはエピフォン・カジノを持っていて、ジョージはIf I Needed Someoneでは7フレットにカポタストをつけリッケンバッカーの12弦で弾いています。I Feel Fineのイントロ、ジョンがアンプの操作でフィードバックを出しています。録音状態が悪いのか、演奏が悪いのか。それでも、まともなPAもなく、モニターもなさそうで、マイクはくるくる回ってしまうし、観客の叫び声が響く中で、Nowhere ManやPaperback Writerなんてコーラスをやれるのはすごいなぁ、と感心してしまいます。46年前の6月29日未明に来日、30日から7月2日まで武道館で5回のステージでした。

 さてこれからBeatles 10を聴きます。先週も1位はA Day In The Lifeで、Help!と並んで6週連続ナンバーワンを達成しました。今夜はどうでしょうか。

It Was Thirty Years Ago

 台風4号の暴風の翌日、三軒茶屋・ラヂヲデイズであった福島邦子さんのライブへ行きました。ほぼ30年ぶりのライブです。元気そうで、楽しそうで、いい時間を過ごせました。

 福島さんはヤマハのポプコンで、ツイストとグランプリを競い合ったことがきっかけで1978年にフォーライフからデビューしました。前に東京で働いていたころに、最初のアルバム「I'm ready」が出て、名古屋に戻った82年までライブに行ったり、実は一方的ファンクラブの会報作りもしました。「I'm ready」とセカンドアルバム「TO」、「ザ・ベスト」をレコードからCDに落としてもらった時に、ネットで東京で今も時折ライブをしていることを知り、出かけました。

Pt360221  私にとっては、ロックの福島邦子さんでしたが、今回のライブ「Sweet & Bitter」のバンド構成は、ピアノ、ベースにビオラとバイオリン。落ち着いたバラードが中心なんだろうね、と思っていました。「セレナーデ」「ELEGIAQUE」で始まったステージは、予想通り。前日、37度の熱が出たせいか少しハスキーな声も懐かしい感じでした。MCで、自分の音楽を「室内楽ポップスというか室内楽ロックンロール」と話され、オッと期待しました。そういえばベースの内田隆造さんは初期のレコーディングとライブバンドメンバーじゃないですか。「10年ほど前のアルバムから」という紹介で、「あじさいの時代」と「琥珀の夢」、続いてカバー曲を歌う新しい試みで「あなたのすべてを」。その後に「TO」からの「URAGIRIMONO」でした。初めて知っている曲が出ました。だんだんリズミックになってくるし。「恋」「時の長さ」に続いて、「25歳のころのかわいいクニコがいる」と笑いながら紹介した「My Sweet Honey」、それに毎回歌っているという「ボサノバ」。2曲、30年前の曲が続きました。「空のコトバ」「MUKISHITSU」に続いて「Rock'n Roll 40's」。観客からもクラップも出てフィナーレへ向かいました。最後は「マジカルハウス」。なぜか、Tomorrow Never Knowsを思い出しました。アンコールは「水曜日のカフェにて」。

 終演後、見送ってくれた福島さんと少し話ができました。ラヂヲデイズのライブは3-4カ月に一度、やっているとのことで、次回は9月21日。ドラムとギターを入れたロックバンドでのライブを聴きたいことを伝えました。

Girl

 名古屋のフォーティーバックスリーダー、楠田晴正さんから大入袋とCD「KUSUDA HARUMASA PLYAS THE BEATLES」が届きました。ありがとうございます。大入袋は6月10日のダイヤモンドホールライブのものだと思います。楠田Beatles教室の生徒であるKさんやS藤さん、S山さんがAll You Need Is Loveのコーラスでステージに立ったライブです。ショートスケールのリッケンバッカーも使ったのかな。ブラスも入り、いつものように大盛り上がりだったでしょう。

Pt360225  CDは、数年前に一人でコツコツレコーディングしていたものだそうです。「臨書ザ・ビートルズ ひとりダDayシリーズの記念すべき第一弾」」というコピーがついている通り、一人で原曲に忠実にアプローチしたものだそうです。In My Life、Michelle、Girl、And I Love Her、Martha My Dear、Honey Pie、Because、The Long And Winding Road、Let It Beの9曲にボーナストラックとしてCold Turkey。

 楠田さんはフォーティーバックスでジョン役で、ライブでも時折、ジョンが降りてきたと思わせる瞬間があります。今回の曲のうち6曲はポールの曲。ジョンが歌ったら、こんな感じになるのかな、と思いました。次のCDは、今の楠田版Beatlesで聴きたいなぁ。

Birthday

 ポールが明日18日、70歳の誕生日を迎えます。古希ですね。4日にバッキンガム宮殿前で開かれたQueen's Daiamond Jubilee (エリザベス女王戴冠60周年記念)Consertに出演し、Magical Mystery Tour、All My Loving、Let It Be、Live And Let Die、Ob-la-di, Ob-la-da の5曲を歌っているのをネットで見ました。ロンドンのイベントがすぐに映像で見られるなんて、便利な時代になったんだなぁ、とあらためて思いました。70歳であれだけ歌えるのは、やっぱりすごいなぁ、と感心する一方、All My Lovingの3番で高音部へいかなかったり、Let It Beが苦しそうな感じだったりしたのを見ると、デビュー50年の長さと重みを感じます。Ob-la-di, Ob-la-daでユニオンジャックのペイントをほどこしたヘフナーを使っていたのには笑ってしまいましたが、同じモデルがすでに売り切れになったという話もネット上に出ていました。Her Majestyはどうしてやらなかったのかな、と思いましたが、10年前、Gold Jubileeの時に、本人の真前で演奏したそうですね。

 いつまでも元気でいてほしいですね。Happy Birthday!

Shine Until Tomorrow

 12日の赤坂・CrawfishのBeatles Jamは、タローの友達らが8人も来てくれました。「今日は女子が多いから」とマスターがA Hard Day's Nightを歌うなど盛り上がりました。

 Pt360218

 中の一人がモンキー・パイレーツのボーカルMAKOTOさん。アコギを弾きながらLet It Beをジャージーに歌ってくれました。さすがミュージシャン、歌は味わい深く、素晴しいパフォーマンスでした。あと数曲聴きたかったなぁ、と思いました。
 「Beatlesは、Let It BeとHey JudeとYesterdayを学校で習いました」という歌姫が仲間の中にいて、ほとんど強制的にステージへ。Hey JudeはキーAに上げて、Let It BeはCのままで歌ってくれ、大きな拍手を受けていました。

Pt360219

 セッションは、やっぱりいろんな人が来ると楽しいですね。次回も楽しみですね。

Flying

 「ラジオ日本でビートルズ10って番組やってるの知ってますか? 毎週、読者の投票でベスト10選んでいるんですよ」と、同僚が教えてくれました。

 毎週日曜日の午後11時から1時間、ビートルズマニアの謎の音楽家カンケがパーソナリティを務め、ゲストも呼んでいるようです。ホームページ見たら、先週6月3日のランキングが載っていました。転載すると、以下の通りです。
  1.  A Day In The Life
  2.  And Your Bird Can Sing
  3.  Nowhere Man
  4.  Flying
  5.  Here, There And Everywhere
  6.  Magical Mystery Tour
  7.  One After The 909
  8.  I've Just Seen A Face
  9.  I Want To Hold Your Hand
   10.  You Know My Name

 1位と2位は前週と変わらず、3位以下は上昇しているようです。うーーーん。何でFlyingが4位なんだろう。10位のYou Know My Nameも不思議だ。まぁA Day In The Lifeが1位なのもマニアックな気がするけど、Here Thereが5位なんていいところだろうし。ランキングには396回とあったから、1年52週としても8年目だよね。対象曲は公式録音の213曲+解散後発表のオリジナル23曲で、どういう理由で、どんな時間軸で変動するんだろう。ポールの誕生日だとポールの曲が上にいくのかなぁ。でも誕生日は6月18日で、2週間前のこのランキングでポールの曲は最高5位だし…。不思議な番組ですよね。8年も続いているのもすごいなぁ。

 一度、聴いてみようと、トランジスタラジオを引っ張り出してきました。周波数は1422kHz。うん、なんか入らないぞ。どうしよう…。大丈夫、radiko.jpで聴けました。今晩、忘れないようにしないとね。

 今度の火曜日、12日は赤坂・CrawfishのBeatles Jam。タローのバンド仲間のボーカルとギターが参戦するようです。

Eight Days A Week

 1週間が8日あったらよかったのに、と実感する日々でした。ブログも更新できませんでしたが、ようやく日常が戻ってきました。

 全部大文字のTHE REASONさん、いっぱいコメントいただきありがとうございます。HPで褒めていただき、感激しています。ミートルズは、いやBay Trippersも「永遠の前座バンド」を誇るオジサンバンドなので、7月のインマイライフはぜひ、トリをお願いしますね。Bay Trippersは、1966年の東京公演をやろうと思っています。名古屋のCBCテレビでしたが初めて見たBeatlesのライブでした。当時は中学2年で、デパートで買った2000円のクラシックギターを触っていた頃です。無理やりスチール弦を張り、めちゃくちゃ弦高の高いギターでDay Tripperのリフを弾いていたような覚えがかすかにあります。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »