Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

Twist Little Girl

 NHK Eテレで毎週金曜日に「団塊スタイル」という番組を放送していますが、12月7日午後8時からはビートルズ特集で、Sgt. Tsugei こと告井延隆さんが出演されるそうです。Twst & Shoutから始まった告井さんのWith The Beatlesを話されるんでしょうね。楽しみです。

http://www.nhk.or.jp/dankai/

Flying

 会社近くの日比谷図書文化館4階の特別研究室で21日から今日、23日まで「~大英帝国の誇り~ザ・ビートルズ・コレクション」が開かれています。入場料500円。午後4時までなので、開かれていました、と書いた方が現実的ですね。

Pt360315  2008年4月2日の中日新聞生活面「50歳プラスを生きる」で「ビートルズ・エバンジェリスト(伝道師)」と紹介されていた岡本備(そなう)さんのコレクションを展示していました。コレクションは2万点以上あるそうで、その一部を紹介されていました。書籍が多く、中も見られるものもありました。

Shake It Up Baby

 ビートルズレコードデビュー50年の今年もあっという間に残り1カ月ちょっとです。ジョージの命日11月29日、ジョンの命日12月8日に合わせたイベントは今年もあちこちで催されます。名古屋である追悼イベントの案内が届いたので紹介します。

 第32回「ツイスト&シャウト」を1時間演奏し続ける会。12月9日(日)午後2時30分~3時30分、名古屋市南区千竈(ちかま)通4-21、ムッシュ=052-823-1933。タイトル通り、デビューアルバム最後のジョンの歌の素晴しいTwist & Shoutを、参加者全員で繰り返し演奏します。レコードでは2分33秒だから、24回の連続演奏です。歌だけでも、ギターだけでも、タンバリンでの参加でも踊りでも、とにかく何でもOK。キーDで、ビートルズをカバーします。中学生のころからの知人である俵町権左衛門、またの名を漢太郎さんが20年以上前から続けています。最初のころに参加したことがありますが、正直、結構キツいです。でも楽しいですよ。入場無料。12:00開場で、12:30から数組のバンド演奏もあります。

Weekly  「Beatles Day : Give Peace A Chance! 2012」。12月8日午後7時ごろから、東区泉1-15-13 ライブバー・アンティーク・ノエル=052-951-6777。2001年から始まったオジサンアマチュアバンドによる追悼ライブです。われらミートルズが今年も前座で出演、ワンアフター909、フライデイナイトバンド、ラスティネイルの4バンドがステージを務めます。1ドリンク付き2000円。米同時テロの年から始まっており、アフガン支援のNGOペシャワール会への寄付も続けています。

 「ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン トリビュート2012 サムタイム・イン・ブルージェイウエイ」。12月8日午後6時から、中区栄1-4-33、ライブハウス・ハートランドスタジオ=052-202-1350。ハー・マジェスティズ・リクエスト、ライブ!ザ・ベアーズ、ムーン・ドッグズなどが出演します。前売り2000円。ことらも今年で12年連続の開催です。

20121209  「楠田晴正プレイ・ザ・ビートルズ2012」。12月9日午後5時30分からと8時からの2ステージでの開催。会場は、2番目に紹介したのと同じアンティークノエル(東区泉1-15-13、052-951-6777)です。楠田さんは、このブログで何回も紹介させていただいています。伝説の「ヤー!ヤー!ヤー!」でハウスバンドを務めたフォーティーバックスのリーダー。今回はフォーティバックスではなく、土屋剛さん(キーボード)、二神浩志さん(ドラムス)、田内洵也さん(ギター)を率いてのライブです。前売り6000円。

While My Fiddle Gently Weeps

 17日は2カ月ぶりに市ヶ尾・インマイライフのビートルズ・スペシャルデー。雨の中、2時間余のやっつけスタジオ練習を終えて参戦しました。今夜の出演は4組で、Bay Trippersはラストの出番に組まれていました。珍しく店内は満員、出演者の一部は座れないほどの盛況です。

 トップバッターは、そのお客さまの大半を呼んだエコ・ダディズです。ギター2人、アコギ1人、キーボード、ベース、ドラムスにボーカル専任の7人編成です。江古田にいるから、というバンド名で、インマイライフは4回目の出演だそうです。Pt360285_2 1曲目はIf I Needed Someone。ジョージの命日に近いから、この選曲になったのでしょうか。2曲目、3曲目はGet Back、In My Lifeと、わがBay Trippersと丸かぶりです。ちょっと焦りましたが、まぁ同じ曲でもバンドによって味わいが違うからいいでしょう。Day Tripper、Help!と大きな拍手が送られて演奏が続き、最後はWhile My Guitar Gently Weeps。楽しいステージで盛り上げてくれました。

 次は、ご存知、3人編成のマシュマロパイ。今日はノッコさんがドラムに座っています。
Pt360286   Here Comes The Sunで演奏が始まりました。今日は何かな。もしかしてAbbey RoadのB面ですか? 2曲目がBecause、3曲目You Never Give Me Your MoneyからSun Kingです。もう間違いありませんね。Mean Mr. Mustardの次はHer Majesty。思わずにやっとしてしまいました。レコーディング時に元々あった位置に戻しての演奏でした。ステージは、Polythene PamからShe Came In Through The Bathroom Window。そしてGolden Slumbers~Carry That Weight~Th End。Becauseのハモはとてもよかったですね。Sun Kingは、コーラスの難しさをあらためて感じました。

 3番手は、前回も出演のデュオ・ファブ2です。Pt360287  アコギ2本による渋い演奏は、I Should Have Known Better、I've Just Seen A Face、Norwegian Wood、Two Of Us、No Reply、We Can Work It OutそしてMr. Moonlightと一気呵成です。最後は、タローとローラさんが呼ばれてLet It Beでした。

 やっとBay Trippersです。お客さまはもう半分になってます。今回は、バイオリンのタロットさん、サックスのS水さんを迎え、7人の大所帯です。Pt360289  オープニングはI Want To Tell You。ジョージがクラプトンと一緒に来日した91年の公演のバージョンです。Revolverでは入っていない間奏が2回出てくるんですが、いつものように適当に弾くと、長さが分からんくなってまうでいかんがね。むにゃむにゃ弾いとったけど、分かったかなぁ。
11180001_2   ちなみに91年の日本公演でジョージは、テレキャスターを使っていました。今回のギターは、ハンバッキンピックアップの付いたMoonのテレキャスターでした。会社の同僚に借りたばかりでしたが、弾きやすく、音もよかって、すっかりお気に入りになってしまいました。Moonは手作りの日本のギター製作会社だそうです。
 続いてOld Brown Shoe、Taxmanとジョージの曲を続けます。ローラさんが「ビートルズはやはり、ジョージですね」とMCすると会場から「そりゃ違う」で大笑いです。
 Baytrippes20121117 ここでバイオリンのタロットさんが登場です。来日バージョンのSomethingでは、クラプトンの間奏をバイオリンでカバー、Here Comes The Sunに続いて、AnthologyバージョンでWhile My Guitar。アコギにバイオリンだけでのしっとりしたWhile My Fiddle Gently Weepsになりました。続いて、バイオリンが単体で入っている唯一の曲、Don't Pass Me By。カントリー調の曲の雰囲気がバッチリ出ていました。バイオリンおそるべし、です。
 そのタロットさんがピアノに回り、登場したのがサックスのS水さんです。Bt2101211174  曲はLady Maddona。風邪気味だというのにこの1曲のために、今日は2時半から待機です。新婚の奥様も駆けつけ、頑張っていただきました。シンセでカバーするより、やっぱり生の音がいいですね。
 さてステージは残り2曲。In My Life、Get Backと今日、どこかで聞いた曲名ですが、もう一度タロットさんがバイオリンでピアノソロの部分をカバーしました。30分の予定が1時間近くになってしまいましたが、楽しい夜になりました。打ち上げに向かうと、雨も上がっていました。

Don't Pass Me By

 さぁ今週末、17日(土)は市ヶ尾・インマイライフで2カ月ぶりのビートルズ・スペシャルデーです。Bay Trippersでの参戦ですが、今回はゲストにバイオリンのタロットさんを迎えます。ビートルズの曲でバイオリンが鳴っているのは、リンゴの歌うDon't Pass Me Byが一番目立ちますが、Hello Goodbyeでも入っていますね。ビオラやチェロなどでの四重奏はYseterdayに始まり、Eleanor Rigbyなどいろいろありますね。今回は、Don't Pass Me Byのほかは、ピアノやギターのフレーズをバイオリンで弾いてもらう形でやってみようと思っています。AntholgyのWhile My GuitarがWhile My Fiddle Gently Weepsになりますよ。他にもいろいろ企んでいます。17日午後7時スタートです。ミュージックフィーは無料です。遊びに来てください。あっ、そうだ。もう一人、サックス吹きも参加します。こちらはLady Madonnaだけのゲストです。

Monsieur, monsieur, how about the another one?

 名古屋のフォーティーバックス・楠田晴正さんが2日、ギターの田内洵也さんとのユニットで白山中学校でライブ。「本日、白山中学での音楽観賞会、相当盛り上がりました。中学生があれほどビートルズを受け入れてくれたことは、ビートルズ親爺には涙が出るほど嬉しかったです。田内君も今まであんなにキャーキャー中学生に言われたのは初めてでヤバイヤバイと連発してました」と報告をいただきました。新聞記事にもなっていました。楠田さんのブログには、中学生からのコメントもいくつか載っていました。なんか、いいですね。

 同い年の作家・現代史研究家。広田寛治さんが河出書房新社から今年2月に出した「ロック・クロニクル―現代史の中のロックンロール」という本を1カ月ぐらいかけて読み終えました。四六判で447ページもある本でしたが、最後まで面白く読めました。1952年をロックンロール誕生の年として2011年末までの60年間を、社会で起きたさまざまな事件を通して、ロックの軌跡を追った力作でした。オススメです。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »