Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

All Things Must Pass

Pt360345  横浜・市ヶ尾のライブ喫茶 インマイライフで23日、ビートルズスペシャルデーVol.19がありました。生きていれば70歳になる誕生日(2月25日)に近いことからジョージ特集のライブでした。出演は3組、お客さまは20人、出演者含めれば30人ほどでほぼ満員状態でした。来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。

20130223_11small_2
 最初の出演は、初出場のふぅさん。アコギでソロのパフォーマンスです。インマイライフ毎週金曜日のビートルズデーで練習を重ねてきたそうです。I Saw Her Standing Thereから始まり、Please Please Me、She Loves Youなど初期のヒット曲を熱唱。I Call Your Nameで「誰の名前? 今日はジョージでしょう」と、Don't Bother Me、You Like Me Too Muchなどを聞かせてくれました。全部で15曲以上でしょうか。MCもほとんどなく一人で歌い続けるパワーがすごかったですね。会場からコーラスが流れたのは、さすがにビートルズイベントです。

 続いておなじみのマシュマロパイです。
 20130223marshmallow_10small 前回の打ち上げで曲がかぶらないようにしよう、と話し合いましたが、「Bay Trippersさんにおいしいとこはみんな持っていかれました」と暴露されてしまいました。そのせいか、選曲がさすが。The Innner LightにOnly A Northern Song、Piggiesといった難しい曲を3人がさまざまに工夫した楽器(?)を駆使して聞かせてくれました。Piggiesではおなかを押すと鳴き声をあげる子豚のおもちゃまで登場、人気を集めていました。最後は、ソロになっての最初のアルバムのタイトル曲 All Things Must Passで締めてくれました。

 今回も最後になったBay Trippers。ビートルズ時代のジョージの曲、9曲でのぞみました。
 20130223_baytrip7small 最初は、1991年の来日公演のオープニング曲I Want To Tell You。いい調子で始まったな、と思っていたら、間奏のソロでいきなりの大失敗。2コーラス弾かなきゃいけないのを1回で終わってしまって、音が消えました。メンバーが不思議そうな顔でこっちを見て、あっそうだ、と慌てて弾き始めましたが、最後のソロでもコードを勘違いしてしまいました。しかし大きな失敗はこのくらいで、後は気持ちよく演奏できました(もちろん、ライブの醍醐味である小さいミスはいっぱいでしたが)。I Me Mine、Here Comes The Sun、Something、Savoy Truffle、Roll Over Beethoven、Old Brown Shoe、Taxmanと続き、While My Guitar Gently Weepsでおしまいでした。こうして見ると、確かにジョージのいい曲はすべて入っていますね。マシュマロさん、スミマセンでした。

20130223all_1small  フィナーレは、今日の出演者全員でのMy Sweet Lord。ステージに立ったのは総勢9人。リードボーカル2人、コーラス3人、スライドギター2本、アコギ3本にキーボード。狭かったけど熱気満々の終演となりました。スライドはもうちょっと練習が必要ですね、ハイ。
 次回は5月25日(土)、ビートルズスペシャルデー20回目の節目です。これまで出たグループに声をかけ、拡大して開かれる計画です。楽しみですね。時間など決まったらお知らせします。 

Sun, Sun, Sun, Here It Comes

20130223inmylifeposter0001  今日は日中、雪が舞い、暖かい太陽の日差しが待ち遠しい寒い一日でした。Meatles後援会長のTM田先生の誕生日でもありました。Happy Birthday!

 今週土曜日は、横浜・市ヶ尾のライブ喫茶インマイライフでビートルズ・スペシャル・デーVol.19です。昨年11月以来3カ月ぶりのホームグラウンド。ジョージの誕生日、2月25日が近いことでジョージ特集というシバリがかかりました。Bay Trippers、Marshmallow Pieと初登場のソロ男性が出演予定です。

 ジョージがリードで歌っている曲、ビートルズでは最初のアルバムのChains、Do You Want To Know A Secretから、最後のアルバムのSomething、Here Comes The Sunまで、28曲だと思います(数え間違えているかも)。シングル盤ではThe Innner LightとOld Brown Shoeの2曲がB面に使われいます。Bay Trippersは、ソロ時代の曲にも挑戦しようと一度は思いましたが、諸般の事情(?)でやめました。全部、Beatles時代の曲で攻めようと思っています。ただ、最初のソロシングルであるMy Sweet LordはMarshmallow Pieさんとセッションで演奏の予定です。

 今回からミュージックチャージ500円が必要になりました。7時開演です。お近くの方はぜひおいでください。飛び入りで歌う人、演奏する人もきっと大丈夫です。弾ける曲ならバックはやります。待ってますよ。東急田園都市線市が尾駅から5分足らずです。

Map_inmylife

Imagine All The People Sharing All The World

 立春過ぎとは思えない寒さの16日、代官山のバー iDyuuにGazzバンドのライブを見に行きました。モンキーパイレーツの久保田ガズ誠さん(ギターと歌)Rockamencoのタロー(パーカッション)の二人で何回かアコースティックでやっていましたが、今回はBassのHigeさんを入れた3ピースでのパフォーマンスです。

Dscn0710small

マスターが宮古島出身のiDyuuが企画した”Lovers Night”というイベントで、「ロン サカバ センテナリオ23年」というラムが提供されていました(おいしかったなぁ)。Lovers Nightだから恋の歌でのステージでした。GazzバンドのオープニングはLove Me Tender。レゲエっぽいリズムで渋く歌い上げ、期待が高まります。I Am Yoursに続き、オリジナルのRolling The World、愛の歌。その後は何とImagine。セットリストを全部書くとFirst Love、歩く、Home Sweet Home、Sweet Memories、恋の島、Can't Help Falling In Love、Season In The Sun、愛燦燦と、オアシス。さらに次のパフォーマーのkomatsuRanさんが加わり、Lucky、ロンリーチャップリン。最後の2曲を含め16曲、1時間半余の熱演でした。

 松田聖子や美空ひばりまで入った何でもありの楽しい構成でした。この前CDを自主制作したFat Kazuya Bandの曲である「恋の島」は沖縄っぽいメロディーが懐かしい感じで、フラダンスの先生が特別に踊ってくれたのも良かったですね。アコギとベース、それにカホン、ボンゴ、シンバルという編成ながら、熱く厚い演奏でした。

I Read The News Today Oh Boy

 今日の東京新聞11面に告井延隆さんの大型インタビュー記事が載っています。「あの人に迫る」という毎週のシリーズの1つで、見出しは「ギター1本手にビートルズ再現」です。名古屋では8日の中日新聞夕刊に載っていました。「最近分かったことですが、ビートルズの魅力の根源は自由さと素直さにあると思う」という告井さんの言葉が抜書きされています。今日中なら駅の売店などで手に入りますよ。
Pt360344

Once There Was A Way

 ロウガンズのTKBさんがプロデュースで桃の節句の3月3日、新栄・トーラスで「真黒毛ぼっくす」をメインにライブがあります。ご存じKK&MやRyoさんの3ピースバンド、昔ミートルズでギターを弾いていたジミーのバンドが出演します。名古屋の皆さん、ぜひ遊びに行ってやってください。

 ひな祭りライブは、正確には「真黒毛ぼっくすが名古屋にやって来る!『峠の我が家』レコ発ツアー」です。33日(日)オープン14:00、開演14:20。会場は、名古屋・新栄 ライブハウス トーラス(中区東桜22113 グリーンシャトー東桜5階、CBC斜め向かいコンビニ・デイリーストアの上 052931-9721)。チャージ2000円、別途ドリンク代。No Smoking。

 メインアクトの真黒毛ぼっくすは、TKBさんが昔々に在籍。昨年夏、3年ぶりのニューアルバム「峠の我が家」をリリースし、そのレコ発全国ツアー(京都、名古屋)をするわけです。結成当初は、いわゆるビートバンドでしたが、唯一のオリジナルメンバーとなったボーカル大槻ヒロノリさんを中心にメンバーが増え、現在はブラスが多い10人ほどの大所帯です。過去にはブルーハーツ等と、現在は中川五郎、パンタ等と共演歴があります。「峠の我が家」は青空レコード=http://www.ne.jp/asahi/aozora/record/。

Photo  HPによると <1980年代、バンドブームで産声を上げ、イカ天を駆け抜け、結成から25年、すべてを飲み込んできた大編成バンド。日本のサラリーマンの真実の歌を、和製トムウエイツこと大槻ヒロノリがノドを振り絞って叫び続ける号泣ものの傑作アルバム。笑いあり涙あり、これぞ本物のエンターテイメント! これがほんとのミュージック! 日本でただひとつのバンド!> とあります。以前、Crawfishでのライブもあり、ジェイクさんが褒めてました。

 「KK&M」はPeter, Paul & Maryのカバーです。「maki&大安寺」は、ジミーのバンド。村八分など日本のロックとオリジナルです。「うな武」は、TKBさん(vo、gt)、Ryoさん(dr)、M田さん(b)のスリーピース。オリジナルとキヨシロー(忌野清志郎)カバーを披露します。

Are You Gonna Be In My Dream Tonight

 5日の赤坂・Crawfish Beatles Jam、バッシーと2人で参戦してきました。他のセッション参加者は5人。マスターのジェイクさんもドラムやピアノで参加の大忙しでした。最初は弾き語りコーナーのようになって、バッシーはMichelleを披露。珍しくホストメンバーのギター・前田さんがHere Comes The Sunをソロで歌ってくれました。そのうちにいつものように2-3曲ずつでメンバーを入れ替え、バンドでのセッションになりました。ベース参加者が1人しかいないため前田さんがベースを弾くことも多く、飲んでいるよりギター弾いている時間の方が長い楽しい夜でした。

20130205crawfish  一緒に来てくれた同僚のリクエストに応えTwist & ShoutやWoman、Come Togetherなどを演奏。Something、Ticket To Ride、I Willもありましたね。初めて訪れたという50代の人もNowhere Manでハモったり、Hey Judeでピアノを弾くなどノッてました。元々はギターだそうで久しぶりのバンドだそうです。この日の参加者のうち2人は外国人。1人はTill There Was Youをリクエスト、もう1人はイタリアから観光で来たというギタリストのお兄さん、ビートルズはほとんど知らない、と言ってましたが、While My GuitarやGolden Sumbers ~ Carry That Weight ~ The Endの最後のギターバトルを3人で延々続け、大盛り上がりでした。最後はImagineで終了、あっという間の3時間でした。3月のBeatles Jamも5日(火)です。来月、また会いましょう、と約束しました。

Listen Do You Want To Know A Secret

 ついこの間年が明けたと思ったら、もう2月です。年寄りには時間がたつのが早いですね。赤坂・CrawfishのBeatles Jamは週明けの5日(火)です。7時オープン、7時30分スタート、チャージは1000円。タローは行けないようですが、バッシーと参戦予定です。皆さんもどうぞ。

Don't Make It Bad

 同僚の結婚お祝いパーティーでの演奏を頼まれました。バッシーは所要があるとのことだったので、参加者名簿を見せてもらうと、ヘンリー・クラプトンの名前。ギター2本でのWedding セッションに臨みました。リハの時間が取れず、パーティー中盤でいきなりの本番でした。Voxの10Wアンプ2台だけでの演奏です。最初はインストでHawaiian Wedding Song。昔から好きな歌で、お祝いの気持ちで選びました。スライドも練習しましたが、何せ1週間では何ともならず、普通に弾きましたが、練習不足はいかんともしがたく、冷やせ物。続いてはWonderful Tonight。クラプトンのパティへの思いがあふれた曲です。新郎の気持ちを代弁しようとの選曲です。ヘンリーの味のあるギターと歌で、まずまずだったようですが、ギターのバランスがどうだったんのかなぁ。最後は、クラプトンとパティの元夫・ジョージのライブバージョンでSomething。「シナトラが史上最高のラブソング」と言ったことを紹介しましたが、シナトラ知らない人の方が多いのでなかったか、と後で思いました。この曲ではリズムの合わない面も出て、急造デュオの弱点をさらしてしまいましたが、ありがたいことにアンコールを頂き、急きょHey Jude。盛り上がってよかった、という声をかけていただきましたが、二人に向けたDon't make it bad という励ましの歌が、わが身にも返ってきました。まぁ、いつものようにいろいろありましたが、結婚おめでとう! いつまでもお幸せに。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »