Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

Are You Goona Be In My Dream Tonight

 市が尾・インマイライフでのThe Beatles Special Day Vol.20 は大盛況でした。50人以上が集まり、お店はいっぱい。出演者は店の外で待機する場面もありました。

Dscn1012s  トップバッターはエコダディ。後期のシングル曲を集めたPast Masters Vol.2での演奏です。Day Tripper、Don't Let Me Downなどで楽しいライブの予感です。

Dscn1015s  二番手はおなじみのマシュマロパイ。担当はRubber Soul です。Drive My Car、Nowhere Man などを3声コーラスで聴かせてくれました。

 Dscn1016s 次はクラウドマン。Sgt. Pepper's とMagical Mystery Tourです。A Day In The Life、Strawberry Fields Forever、I Am The Walrusなど難しい曲にも挑戦してくれました。

Dscn1023s  四番手は1年ぶりに登場のTHE REASON。Please Please Me とWith The Beatles からのステージです。黒のスーツ姿が決まっていて、リーダーの汗だくも変わりありません。I Saw Her Standing ThereからTwist & ShoutまでBeatlesらしい初期の曲を満喫させてくれました。6月15日(土)にはインマイライフでストーンズバンドとのライブがあるそうです。

Dscn1025s  ここでOur Worldの衛星中継ならぬネット中継でオランダからヒロシさんがサプライズ登場。テレビのモニターに映像を流し、ImagineとMaxwell's Silver Hammer をピアノで弾き語りです。オランダにBeatles専門ライブハウスはなく、インマイライフでのライブを切望されていました。

Dscn1026s  ラス前のタイトバットルーズはWhite Album。Blackbird、I Willというアコースティックっぽい曲もありましたが、Back In The U.S.S.R.、While My Guitar Gently Weeps、Everybody's Got Something To Hide Expect Me And My Monky、Heleter Skelter。Beatlesバンドではなく70年代ハードロック系バンドらしい爆音ステージでした。

 Dscn1028s 最後はBay Trippers。お客さまもほぼ満員のままです。お疲れさまです。マスターのリクエストでAbbey Roadです。A面はCome Together、Something、Octpus's Garden、B面はHere Comes The Sunに、Sun Kingイントロに続けてMean Mr. Mustard~Polythene Pam~She Came In Through The Bathroom Window~Golden Slumbers~Carry That Weight~The End とメドレーを一気に。おまけにHer Majestyもです。Bassyはアコギ、ローラさん作成のサウンドエフェクトはCome TogetherリフのクラップやOctpusの泡ブク、Bathroomの鞭(?)音などをKさんが担当しました。汗で指が滑らないというギターの言い訳や、Bassアンプが最初から焦げ臭くThe End最後のところで音が消えるトラブルもありましたが、温かい拍手をいただきました。ありがとうございました。Bay Trippersのお客さまとして地元のWT辺さん夫妻も駆けつけていただきました。重ねて感謝です。

2242601_1945278616_125large  5時から4時間以上の長丁場の最後は、オランダからのリクエストに答え、マスターの佐藤さんがステージに。Drumsはタローから安曇さんに変わりましたが、Bay Trippersをバックになんと Kansas City を原曲キーGで熱唱です。客席からのレスポンスも自然にできるのがBeatles Liveのいいところです。20回目のBSDは最後まで大盛り上がりでした。

 次回、21回目のBSDは8月3日(土)です。Day Trippersはタローが出られないので、安曇さんにピンチヒッターを頼みました。初期から後期まで有名曲を演奏するつもりです。

It Must Be A Hard Day …

 今日は横浜市が尾・インマイライフのビートルズスペシャルデー20回目記念ライブです。インマイライフを支えてくれて昨年からオランダに単身赴任中のヒロシさんもネット中継で出演予定です。その準備が3時ごろから、Day Trippersの恒例当日リハは4時からです。ライブは5時にエコダディからスタート、クラウドマン、THE REASON、マシュマロパイ、タイトバットルーズと続き、最後、8時半か、押せば9時ごろからDay Trippersです。その前にきっとヒロシさん登場でしょうね。ハードな日になりそうです。ガンバロー。

Eight Days A Week

 ポールのOut There! Tourは会場がブラジルからアメリカに移りました。ツアー初日の5月4日、ブラジル・ベロリゾンテの映像がネット上に出ていますね。2日目、ゴイアニアではバッタの大群がコンサート中ポールを襲っていたようですね。283949_590364144320713_1770161708_n  セットリストも紹介されていましたが、すごいなぁ、の一言です。2回のアンコールを含め36曲 !! 3時間近いステージだったんじゃないかなぁ。ポールは今年71歳ですよね。体力、集中力にはただただ脱帽です。ビートルズ時代の曲が23曲、初めてライブで演奏した曲も多かったようです。ポールのファンサイト(http://pmccartney.com/)によると、セットリストは次の通りです。

 1.Eight Days A Week 2.Junior's Farm 3.All My Loving 4.Listen To What the Man Said 5.Let Me Roll It 6.Paperback Writer 7.My Valentine 8.Nineteen Hundred And Eighty-Five 9.The Long And Winding Road 10.Maybe I'm Amazed 11.Hope Of Deliverance 12.We Can Work It Out 13.Anther Day 14.And I Love Her 15.Blackbird 16.Here Today 17.Your Mother Should Know 18.Lady Madonna 19.All Together Now 20.Mrs. Vandebilt 21.Eleanor Rigby 22.Being For The Benifit Of Mr. Kite 23.Something 24.Ob-La-Di, Ob-La-Da 25.Band On The Run 26.Hi, Hi, Hi 27.Back In The U.S.S.R. 28.Let It Be 29.Live And Let Die 30.Hey Jude (Encore) 31.Day Tripper 32.Lovely Rita 33.Get Back (Encore2) 34.Yesterday 35.Helter Skelter 36.Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End

G20130505075021568488a150x150  前半は軽い曲が多いみたいですが、アンコールの6曲、Yesterdayを除いてはハードなナンバーがずらり。Helter Skelterをラス前というのはすさまじいですね。5月4-9日のブラジルに続き18日から6月14日は米国10会場、6月22-27日に欧州3会場の後は7月7日から8月14日までカナダ、米国で9会場。来日しないのかなぁ。

I'd Like To Be Under The Sea

 横浜・市が尾のライブ喫茶インマイライフで25日(土)はThe Beatles Special Day(BSD)の20回目です。

20130525inmylifeposter0001  インマイライフは2007年11月のオープン。BSDは2008年9月20日が1回目だったそうです。最初はアコギでのセッションっぽく開かれていたそうです。ヒロシさんが弾き語りで参加したのは2009年9月5日の4回目だったようです。2010年2月5日の5回目以降、IW田さんとヒロシさんが中心になって「東急・小田急沿線バンド」などで盛り上げていたそうです。2011年3月の8回目にマシュマロパイが初登場し現在までほぼ皆勤が続いています。Bay Trippersは2011年9月24日の11回目に、Bassyと2人でTwo Of Us From The Meatlesとして参戦したのが初めてでした。11月26日の12回目、BassにM田さんを迎え12月8日のリハを兼ねてMeatlesとして出演、2012年1月28日の13回目はローラさん、ヒロシさん、らりあんさんなどの応援を得て出ました。3月の14回目はメンバーの都合が付かず参加できませんでしたが、5月26日の15回目からは、現在のBay Trippersで皆勤です。15回目はルーフトップライブとStars On、16回目東京公演、17回目はHard Rock Beatles、18回目はバイオリンとサックスとのコラボ、19回目はジョージ特集での演奏でした。

 節目の20回目、マスターの力が入りました。通常3-4組の出演ですが、今回は6組+αです。スタートは2時間早く午後5時、6バンドがそれぞれ指定されたアルバムで30分の演奏です。エコダディはPast Masters Vol.2、クラウドマンはSgt. Pepper'sとMagical Mystery Tour、THE REASONはPlease Please MeかLive at the BBC、あるいはWith The Beatlesかも。マシュマロパイがRubber Soul、タイトバットルーズはWhite Album、Day TrippersはAbbey Roadです。Mean Mr. Mustardからのメドレーを最後に持ってきます。プラスαはオランダのヒロシさん。ローラさんがネットで中継しての出演を計画しています。うまくいくといいなぁ。いろいろ楽しみの多いライブです。ぜひお出かけください。500円+1ドリンクです。

20130519
 今朝(19日)の東京新聞横浜版にインマイライフの記事が掲載されました。マスターがImagineを歌っている写真が付いています。25日の案内も書かれています。

To Lead A Better Life

 雨の土曜日、35年以上のやっとかめで、学生時代のバンド仲間とセッションを楽しみました。Dr.Tは当時、ドラムとボーカルの担当。キーボードのQさんは甲府在住でジャズピアノの仕事をしています。ピアノとギターとカラオケのある居酒屋でビールを飲みながら、孫の話や健康の話になるのは還暦過ぎのお約束みたいなものです。奥の席の一団がカラオケを始めたので、Drがエンゲルベルト・フンパーディングの「クアンド・クアンド・クアンド」に挑みました。往年の甘い歌声に奥の席の女性たちがのぞきこんできました。ピアノとギターでも参加しようとしたところで、近くのジャズバー・ブギウギが開いたとのお知らせがあり、移動しました。

 貸切状態の中でQさんがピアノに向かい、ギターもアンプに通しました。Drはドラムに座ってボーカルマイクを握ります。Fly Me To The Moon、Mary Jane、The Last Waltz、Moon River、You'd Be So Nice To Come Homeなどをジャムりました。ビートルズもいろいろ。Yesterday、Michelle、Here, There And Eveywhere、All My Loving、In My Lifeなどです。Jazzのコードに四苦八苦しながら、ピアノにノッてソロを弾くという安易な道に流れましたが、楽しいひと時でした。一軒目の居酒屋から同じように流れて来たオジサンのリクエストでI Left My Heart In San Franciscoを演奏したところでタイムアップ。またのセッションを約束しました。

Wake Up To The Sound Of Music

 あっという間に終わった連休の後、赤坂・CrawfishのBeatles Jamへ出かけました。4月は行けなかったので2カ月ぶりです。Bassyと岐阜時代からの同僚・YS原さんと3人での参戦です。初めてご一緒する人も多く、前回よりもお客さんはいっぱいで1階テーブルがほぼ埋まっている盛況ぶりでした。「慣れている人から」とマスターに勧められ、Bassyとステージへ。Here There And Everywhere、And I Love Herとおとなしめのスタートでした。サポートギターの前田さんが遅れていることもあって、その後もギター抱えたままの状態が続きました。ずいぶん演奏した覚えがあります。I Saw Her Standing There、Noshere Man、Come Together、I've Got A Feeling、Hey Bulldog、Helter Skelter、Octopus's Garden、Day Tripper、Hey Jude、All You Need Is Love…。少しマニアックな曲が多かったようです。1グループは、40-50代の3人組で、後期の曲を簡単にこなしていました。ブルドッグやヘルタースケルターといった曲は1人で来ていたマニアオジサンのリクエストでした。

946979_396748580439644_1703473185_n  なんやかんややっているうちに、ドラ-ヤクルト戦に行っていたタローが何と、一緒だったRockamencoボーカルの有ちゃんと一緒に登場しました。寒くて最後までいられなかった、ということでした。在京Bay Trippersメンバーにベースとピアノの応援を得て、マスターから忘れられていたYS原さんの歌でWhile My Guitar Gently Weeps、続いて有ちゃんのLet It Be。さすがに素晴しい歌で、一緒に演奏したBassyともども大感激の夜となりました。ありがとうございました。最後、Goleden Sumbers~The Endも決め、大ラスはYS原さんがBassyのアコギだけでGood Night。

 気がつくと11時過ぎ。マスターが最後の挨拶でいきなり「Crawfishの営業は6月でおしまいになります。Beatles Jamも次回、6月4日で最後になります」とビックリ発言。大感激の後の大衝撃でした。うーーーん、残念。次は何としても参加しようと思っています。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »