Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« A Long, Cold, Lonely Winter | トップページ | Till Ther Was You »

Revolver

 1966年7月1日、中学2年の夏休み前です。6月29日午前3時39分、羽田着の日航機でBeatlesはやって来ました。未明の来日となったのは死者・行方不明者60人以上の被害をもたらした台風4号の影響です。ニュースだったのは特別番組だったのかは分かりませんが、ヘンな法被を着て飛行機のタラップを降りてきた姿、退屈そうに記者会見に応じていたのを見たような気がします。

 Beatlestokyo  日本公演は30日から7月2日までの3日間で5回。田舎の中学生は花の東京へ見に行くという発想がそもそもありません。当時、エレキギターを持っているのは不良だったし、Beatlesのコンサートへ行くなというお達しを出した教育委員会も多かった覚えもあります。東京公演はテレビで放映されました。7月1日の午後4時半から、CBCが放送しました。CBCは東京公演の主催者であることから、日本テレビが夜9時から放送したのを4時間半早く流しました。授業が終わると、部活もせずに帰宅し、白黒テレビの前に陣取って見ました。今から思うと、テレビではありますが、初めてのロックバンドライブでした。番組の最後に、視聴者プレゼントのお知らせがあり、応募したら「ティーンビート」という音楽雑誌の来日特集号が当たりました。来日時の法被姿などはこの特集号の記憶かもしれません。

 Iamarock  ポピュラーソングを聴き始めて1年ほど。このころ好きだった、というか覚えている当時のヒット曲はいくつもあります。’66年にリリースされた曲で購入した記憶があるのは、Paint It, Black(英5月7日)、19th Nervous Breakdown(英2月12日)、I Am A Rock(米?5月)、Monday, Monday(米)などです。Paint It, BlackからSatisfactionに、I Am A RockからはHomeward BoundやSound Of Silenceに、Monday, MondayからCalifornia Dremin'にさかのぼって聴いていました。I Am A RockのB面A Most Peculiar Manもなぜか好きでした。仲の良い友人はLovin' SpoonfulのDo you Believe In Magic?を教えてくれました。日本のGSもこのころから本格化しています。ノー・ノー・ボーイ(スパイダース)が2月1日、青い瞳(ブルーコメッツ)が3月10日、夕陽が泣いている(9月15日)です。BeatlesよりもStonesが好きで、Big Hitsという魚眼レンズで撮ったカバーのベストアルバムも早い時期に入手していますが、英国で11月4日のリリースなので年末か年明けだったかもしれません。Rollinstonesbighits

 Revolverが日本で出たのは10月5日でした。冬のある日、吹上で開かれていた中国展を見に行った帰りに購入しました。初めて買ったBeatlesのアルバムです。ジャケットのイラストにも驚きました。ポータブルプレーヤーに赤いレコードを乗せると、流れてきたTaxmanの咳払いの音に東京公演の興奮が重なったような覚えがあります。Revolver

« A Long, Cold, Lonely Winter | トップページ | Till Ther Was You »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Revolver:

« A Long, Cold, Lonely Winter | トップページ | Till Ther Was You »