Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

Shine, The Wether's Fine

 蒸し暑い朝だったのが、昼過ぎから真夏の太陽が顔を出し青空が広がりました。夕方からは雨という予想ですが、どうなることやら。先日の三鷹のようなゴルフボール大の雹だけは堪忍してほしいですね。Dscn2134s

 「海の日」の暑苦しいオヤジバンドライブまで3週間です。セッティング含め1時間と、たっぷり時間があるので16曲のセットリストを組みました。うち5曲は初挑戦。全員での事前リハはできませんので、ひたすら個人練習あるのみです。当日朝から、スタジオ借りての最初で最終のリハになりそうです。さぁ、練習しましょう。

20140629_161428s


 1時間半後です。にわかに黒い雲が北西がら広がってきました。

Rain

 各地から紫陽花便りが届いています。近くの民家で見事に咲いているのを見つけました。箱根や鎌倉に行かなくてもOKです。20140622_140701s

 明日はBay Trippersのポールことローラさんの誕生日です。ポールの誕生日と1週間も違いません。年はずいぶん離れていますが。福岡へ行って半年ですが、あちらでもBeatles Liveで忙しそうで、何よりです。東京組は5月のBreath Liveから早くも1カ月が過ぎ、次の海の日の赤坂ライブまでは1カ月を切りました。毎日、練習せんといかんですね。昨夜、NHKで上原ひとみさんと漫画家・石塚真一氏の「スイッチインタビュー」の再放送を見てつくづくそう思いました。

They Say It's Your Birthday

 今日、6月18日はポールの誕生日です。72歳。7月からに延びた全米ツアーを元気いっぱいやってくれることを祈ります。
 We're all glad it's your Birthday
 Happy birthday to you

Well, Well, Well, You're Feeling Fine

 7月のライブ、決定しました。「海の日オヤジバンドフェスティバル」という暑苦しいサブコピーをつけてしまいました。まぁ、事実だから仕方ないですね。冷えたビールがおいしく飲めること請け合いです。201407210001_2

 メインコピーは「大樂藝會<予行演習>LIVEイン赤坂」です。7月21日、月曜日ですが国民の祝日「海の日」です。Startは午後1時半。会場は、Beatles Jamでおなじみの赤坂・Crawfishです。昨年11月と同じような感じで開く自主ライブです。入場料は無料です。ただし1ドリンク代をお願いします。メンバーにおごってもらっても構いません。
 コピーの通り、オヤジバンド3組が出ます。「永遠の前座バンド」らしく最初はわがBay Trippersです。2年前に還暦を終えたメンバーが2人いますね。Beatles50年、来日48年、ポール回復祈願をテーマに演奏します。2番目は「ガ・セネターズ」。ブルースロックの名曲を聴かせる渋いバンドです。ボーカル・SR内さん、ギター・ヘンリーさん、ドラム・ピスタチオさん、ベース・オサムさんと立派なオヤジがそろってます(キーボードは若い女性です)。初めてのレゲエに挑戦しようという前向きなバンドです。最後は、昨年に結成しライブは3回目という「還暦ボーイズ&ガールズ UMI」です。40年前はW大フォークソング研究会メンバーだったオヤジたちです。BeatlesやStones、Deep PurpleにDoobie Brothers、Monkees、さらにワイルドワンズと60年代、70年代のロックの名曲オンパレードになりそうです。
 3連休最後の日ですが、赤坂までお出かけください。

You Came To Me One Summer Night

 うっとおしい梅雨空がなくなり一気に夏が来たようです。昨夜は満月でしたね。20140614_211133s

 今週の初め、MeatlesメンバーのN村さんと1年半ぶりに会いました。DrのRyoさんも一緒でした。N村さんは5月、Ryoさんは12月にめでたく還暦。ロウガンズのOh!Noさんも9月で還暦。2年前に還暦ライブを開いていただいたお礼で、還暦ライブ第2弾をこの秋、名古屋で開きます。日時、会場は未定ですが、N村さんと吉田拓郎ナンバーを数曲やることで話がまとまりました。東京に戻り、ダイム村上バンドのやよさんに音源と楽譜をお願いしました。きくさんや村上さんのようには弾けそうもありませんが、ちょっぴり新鮮な感じです。
 Bay Trippersもライブが2つ確定しました。7月21日昼過ぎから赤坂・Crawfishでガ・セネターズなどとのジョイントライブ、8月16日夕方から大塚・Welcome Backの第100回ビートルズ大会です。詳細は決まったら報告します。

She's Not A Girl Who Misses Much

 横浜のピスタチオさんから「精神安定のために」とタイトルが付いたライブ案内が届きました。
 6月13日(金)午後9時~翌日午前2時まで赤坂見附の「酒屋Bar」で「Jason's Day 真夜中のジャズ」。
Piano毛利良平、Bass中山保、Drumsピスタチオの毛利トリオにVocalマユミです。

 20140620jazzs
 6月20日(金)午後7時30分~11時過ぎまで、横浜・野毛の「ルタンペルデュ」。Piano&Vocal加藤アオイ、Bass藍沢栄治、Drumsピスタチオです。チャージは投げ銭です。

 時間がある人は遊びに行ってやってください。演奏中、ピスタチオさんのおしゃべりはありません(当然?)。うっとおしい梅雨の中、少しは癒されますよ。

Penny Lane Is In My Ears And In My Eyes

 20140607_182135s
 雨の土曜日、神田のフォーク酒場・昭和で開かれたダイム村上バンドの吉田拓郎トリビュートライブ「感度良好タクロー近し」へ行ってきました。神田駅北口から2分ほど、アコギが飾ってある店頭から階段を上がると、ライブのポスターが貼ってあります。店のドアはなぜかBeatlesの写真やジョンの自画像、階段にはAbbey Roadのポスターも。
 20140607_181601s
 店内は40人近いお客さまでほぼ満員です。バンドの人気が分かりますね。定刻の午後6時にライブは始まりました。「春を呼べⅡ」(1982)から「爪」(82)でスタート、ダイムさんの軽妙なMCをまじえながら、タクローライブが再現されていきます。「唇を噛みしめて」(82)、「英雄」(89)、「マークⅡ」(73)、「されど私の人生」(79)で第一部が終了です。二部は「知識」(79)、「ペニーレーンでバーボン」(2006)、「永遠の嘘をついてくれ」(06)、「遥かなる」(96)、「春だったね」(06)、「落陽」(82)、「この指とまれ」(85)と怒涛の演奏が続きます。村上さんのレスポールときくちゃんのムスタングが心地よいディストーションを奏で、やよさんが中島みゆきになって大きな拍手が送られました。タローのちょっと長いドラムソロも大迫力でした。
 20140607_194625s_2
 アンコールは「ひらひら」(79)と「人生を語らず」(13)でした。休憩を含んで2時間のステージはお見事でした。吉田拓郎はギター一本の弾き語りというイメージだったんですが、ディランのバックをThe Bandが務めていたことをふと思い起こしました。
 終演後はセッションタイム。Bassyがアコギで「イメージの詩」をBassy流のアレンジで歌いました。きくちゃんがギターを始めたのはBeatlesのWhile My Guitar Gently Weepsだったことから、この曲も演奏しようと、Drタロー、Bオサムさん、Gtきくちゃん、VoとアコギBassyでステージに。イントロのピアノだけを弾いて、きくちゃんのクラプトンをじっくり見ていました。きくちゃんとBassyのギターでBlackbirdがおまけでした。セッションの最後にダイム村上バンドが再登場、「明日に向かって走れ」を演奏しました。ビールが入った後だったし、この曲は初めてのギグだったそうですが、そうは思えないパフォーマンスでした。お疲れさまでした。20140607_210032s


You Say It's Your Birthday

 梅雨入りと同時に大雨警報が出る嫌な天気が明日も続きそうです。明日、7日(土)は神田のフォーク酒場・SHOWA(昭和)でダイム村上バンドの吉田拓郎トリビュートライブです。××年の△△ライブでの演奏を再現する、という筋金入りのバンドで、タローがサポートでドラムを担当します。午後5時30分開場、6時開演で、9時からはフリーセッションのようです。1ドリンク付き2500円。Bassy、ヘンリーさんらと行ってきます。Dscn1844s_2


 もう一つのお知らせも左の「オススメLIVE」欄に書いてありますが、6月18日のポール72歳誕生日をお祝いする「Out There Tour IN NAGOYA 2014」というライブが14日(土)午後5時半から、名古屋・伏見のハートランドスタジオ(中区栄1-4-33、052-202-1351)で開かれます。昨年秋も、流れてしまったけど今月の幻の日本ツアーでも残念ながら「名古屋飛ばし」だったのをカバーしようという思いも感じられます。アートロックフェスティバルなどで名古屋のアマチュアバンドの世話を続けている岡本さんの企画で、もうずいぶん前からポール誕生日に開いています。出演グループは、Her Majesties Request、LIVE! THE BEARS、The Moon Dogs、ZSAZSAZSU、AWBです。BearsはアルマジロのBeatles DayのホストバンドでKさんが世話になっていますね。岡本さんのバンドは、Out There Tourのダイジェスト版を、BearsはLet It Be再現ライブを予定しているそうです。前売り2000円と別途1ドリンクが必要です。Dscn1491ts


Baby, You Can Drive My Car

 昨夜(4日)は南青山マンダラで開かれた福島邦子さんのライブ「もう一度START~Anytime and Anywhere」へ行ってきました。35年ほど前にマネージャーを務めていたT島さんと一緒に楽しんできました。20140604_192412s_2


 7月に生活場所を米国シアトルに移すとのことで、最初のMCで福島さんは「行ってきます、のライブです」と話していました。バイオリンとビオラを入れたバンドでのインストに続く最初の曲は、2枚目のアルバム「TO]に収録されている「メッセージ」でした。「時の長さ」などに続いて6枚目のシングル「Tell Me Love」、10枚目のシングルB面「Sing A Song」です。ダンナさんが作詞したという「誓い」には、客席から「いやぁ、おのろけですなぁ」と温かい言葉がかけられていました。「空のコトバ」「トワイライト」などシングル盤の曲が多かったのは、この日、15枚のシングル盤の曲を集めたCD「ゴールデン☆ベスト コンプリート・シングルズ」が発売されたこともあったと思います。本編最後の「スタート」の後、アンコールでは「何百回も歌いました」と5枚目のシングル「ボサノバ」です。新発売CDのジャケットもボサノバのジャケットを転用しています。研ナオコさんがカバーしたので知っている方も多いのでは。続いてデビューアルバム「I'm Ready」収録の「スィート・ラブ・ソング」です。”南へ行くバスは陽気なメンバー”という歌詞がぴったりのサザンロックっぽいお気に入りの曲です。最後の最後は「いつかどこかで一つに」と歌う「孤独の船」でした。20140604_205921s

 米国へ行っても時折は帰国してライブもあるそうです。その時がまた楽しみです。
 この日のセットリストは以下の通りです。
 メッセージ / ビジネスと火曜日 / 時の長さ / Tell Me Love / Sing A Song / 誓い / 街の灯 / 空のコトバ / トワイライト / ひとやすみの丘 / START <アンコール> ボサノバ / Sweet Love Song / 孤独の船


The Sun Is Up, The Sky Is Blue

 今日も暑い日でした。岐阜・揖斐川町と群馬・館林市で36.3度など猛暑日となり、名古屋で34.9度、東京都心でも33.1度。真夏日となったのは全国で400か所以上あったそうです。明日にも九州で梅雨入りしそうで、蒸し暑い6月入りとなりました。
 今週は4日(水)夜、南青山MANDARAに福島邦子さんのライブへ行きます。20代のころ非公認のファンクラブ報を出していました。学生時代のバンド仲間T島さんと一緒です。ロックバージョンの演奏があるといいですね。
 7日(土)は午後6時から神田・Showa(昭和)で、吉田拓郎トリビュートのダイム村上バンドのライブです。タローがサポートでたたきます。
 Bay Trippersの次のライブは8月16日(土)です。大塚・Welcome Backで開かれる「ビートルズ大会」第100回記念ライブにエントリーしました。日本デビュー50年、ポールの再々来日を期待してセットリストを組みたいなぁと思っています。1966年の武道館ナンバーも入れたいですねPhoto

 もう一つ、7月か、8月か分かりませんが、昨年も一緒に企画したガ・セネターズさんとのジョイントライブも計画中です。この暑さを、爆音ときりりと冷えたビールで吹き飛ばそうと思います。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »