Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

I Pick A Moon Dog

 2014年も今日で終わりです。この1年間、Bay Trippersのライブに多くの方に来場いただき、ありがとうございました。来年も今年以上に精進してライブをこなしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 2014年のライブは8回でした。
 1月11日 市が尾・インマイライフ「ビートルズ・スペシャル・デイVol.24」
 3月8日 市が尾・インマイライフ「ビートルズ・スペシャル・デイVol.25Final」
 5月18日 下北沢・Breath「All Together Now!!」
 7月21日 赤坂・Crawfish「海の日オヤジバンドフェス大樂藝會in赤坂」
 8月16日 大塚・Welcome Back「第100回ビートルズ大会」
 11月1日 名古屋栄・Memory Lane「感謝還暦LIVE2014」
 12月13日 赤坂・Jaka'z「くされかけオヤジROCK LIVE 2014」
 12月27日 銀座・ヤマハ銀座スタジオ「大樂藝會in銀座2014」


 そう、今年は地元・市が尾のライブ喫茶「インマイライフ」が3月で閉店したんですね。残念なことでした。5月のBreathライブは、ポールのコンサート中止で大騒ぎでした。来年、やって来るでしょう、ポールは。先週末、大樂藝會はHenryさんに助けられてのステージでした。まっぺん感謝です。
10898002_759901550745740_5892660359


 今年演奏した曲を挙げていきます(順不同)

 I Saw Her Standing There / I'll Get You / I'll Cry Insted / I Don't Want To Spoil The Party / I'll Follow The Sun / I've Just Seen A Face / I Call Your Name / I'll Be Back / I Feel Fine / I Want To Hold Your Hand / From Us To You / Litte Child / Any Tme At All / Two Of Us / In My Life / Here, There And Everywhere / Getting Better / Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End / Kansas City ~ Hey, Hey, Hey, Hey / Hey Jude / All My Loving / Ticket To Ride / We Can Work It Out / Something / Don't Let Me Down / Revolution / Hey Bulldog / Let It Be / While My Guitar Gently Weeps / You Never Give Me Your Money / Rock And Roll Music / She's A Woman / Day Tripper / Eight Days A Week / Drive My Car / One After 909 / Doctor Robert / Why Don't We Do It In The Road / Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey / Rain / Can't Buy Me Love / She Loves You / Twist And Shout / A Hard Day's Night / Help! / Get Back / Come Together / Stand By Me / Back In The U.S.S.R.
 
 ざっと50曲ありました。こんなにあったんですね。半分ぐらい、もう忘れて弾けません。老人力が増してきている証拠です。来年はどのくらい覚えて、というか思い出して、どのくらい忘れていくのでしょう。

 よいお年を!

You Don't Know How Lucky You Are, Boys

 3回目となるヤマハ銀座スタジオでの「大樂藝會イン銀座2014」は27日、多くの方の協力で無事に終わりました。Bay TrippersはBassyの忌引きという大ピンチでしたが、ガ・セネターズのヘンリーさんの活躍に救われました。関係された皆さん、本当にありがとうございました。

 スタジオでのセッティングは午前10時から始まりました。ヤマハの担当者がPAの調整をする中で、メンバー10人ほどが集まり、ドラムスを組み、ギターアンプやキーボードを並べていきます。椅子やお酒を置くテーブルも配置します。1時間ほどでバンドのサウンドチェックが始まりました。ロビー開場は正午、12時半に開場し、開演時間の午後1時には客席の三分の二ほどが埋まりました。
Dscn2556s


Dscn2560s

 司会のTK橋さん、YMDさんの紹介でステージには黒の衣装のCircle Of Voicces with Gospel☆SUNが音楽に合わせて踊りながらの登場です。CoVの8人は昨年に続いての登場、ピアノも入った音大出の4人グループGospel☆SUNは初参加です。12人のママさんがリズミカルにきれいなハーモニーを聴かせてくれました。嫌でも盛り上がっていきます。
 September(Earth, Wind & Fire 1978)
 Seasons Of Love(from 'RENT' 1996)
 翼をください(赤い鳥 1971)
 Hail Holy Queen(Traditional)


Dscn2566s

 続いては、この大樂藝會の生みの親、村串栄一さんのフラメンコギターの独奏です。昨年は爪が割れて思うように演奏ができませんでした。今年も爪は万全の状態ではなかったそうですが、3曲を弾き切りました。学生時代に覚えたギターを、30数年後の定年後に再開してのステージです。気合が入っていました。
 アストゥリアス(アルベニス)
 ブレリアス(セラニート)
 コーヒールンバ

Dscn2570s

 次のMr. Postman(Baasyの弾き語り)は急きょ、参戦できなくなったため、ここでガ・セネターズの登場です。13日の赤坂・Jaka'zでのライブで初披露した「コピジナルロック」を、この2週間でさらにパワーアップしてきました。歌詞カードを配るなど、本気でヒットを狙っています。ピストン城内さんのボーカルも絶好調でした。
 Jaka'zライブ主催者の奥さんはFBで次のように書かれていました。
 「本日一番のお気に入りは“ガ・セネターズ”…バンド名も記者らしい(笑)。
  このバンドの特徴は、どこかで聴いたことがあるようなオリジナル曲で、通称コピジナル…♬
 ネーミングも新しい⁇ 
 サスガ物書きのヒトらしく、ヒネリの効いた歌詞は秀逸で、演奏もかなりの腕前…♬ 
 コピジナルと言うだけあって、一度聞いたら忘れられないメロディー♬ 
 ヤバイ…曲のフレーズが頭から離れません〜(^O^☆♪ 
 ♬コーリアンマジカルwクラブw〜♬」

 アンコールの声もかかるなど大受けでした。予定より1時間少し早い出番だったため、何人かのお客さまは聞き逃してしまったそうです。申し訳ありません。来年、ライブを計画するのでその時までのお楽しみに。You Tubeに動画がアップされるかもしれません。それもお楽しみに。
 肉欲魂
 最後の決戦
 つい、うっかり
 Korean Magical Club
 送る歌
 タイガー&ドラゴン
 I Shot The Sheriff(アンコール)


Dscn2583s

 続いて村串さんと同様、大樂藝會すべてに出演されている漆間巌グループです。漆間さんのピアノにバイオリンとビオラが絡み、上質なピアノ&ストリングスの響きが心地よかったですね。多様な音楽が売り物の大樂藝會ならではのステージです。漆間さんは「来年もあるなら、管楽器も加えて参加したい」と意欲的でした。
 バイオリンとビオラのための協奏交響曲から第1楽章(モーツアルト)
 Ave Maia(ピアソラ)
 Navarra(サラサーテ)

 漆間さんと古い付き合いだという話が出たので、村串さんに再登場していただきました。クラシックギターの名曲を演奏していただきました。
 アルハンブラの思い出
 禁じられた遊び

Dscn2588s


 続いてBay Trippersです。Bassyの交代要員をあちこち探しましたが、何せ年末の昨日の今日。Crawfishのセッションや昨年の大樂藝會でも一緒にやったヘンリーさんに入ってもらうことになりました。リハで3曲ほど試しただけでのいきなりの本番。楽屋でちょっとだけギターも合わせましたが、どうなることやら、というのが正直な気持ちでした。ベースのローラさんは「今年のライブで、一番緊張しました」と話していました。でも、Can't BuyMe Love~とローラさんが歌い始めると、もうそのノリで突っ走っていった、という感じです。細かいミスはいくつもありましたが、これは「ライブの醍醐味」です。ヘンリーさんには本当にありがとう、です。YMDさんに昨年に引き続きLet It Beを弾いてもらいました。MCもいつも以上にふんだんに入れたせいか、少し時間オーバーしてしまいました。
Dscn2618s

 Can't Buy Me Love
 She Loves You
 All My loving
 A Hard Day's Night
 Help!
 While My Guitar Gently Weeps
 Let It Be
 Something
 Don't Let Me Down
 Back In The U.S.S.R.

 Dscn2633s

 最後はJazzのPistachio Trioです。昨年は毛利トリオという名前でしたが、夏ごろから変わりました。毛利良平さんのPiano、富樫憲太郎さんのWood BassにPistachioさんのドラムスと歌とMCです。今年、このトリオの演奏は3回ほど聴きにいきましたが、毛利さんのピアノはやっぱいいなぁ。朝からの疲れを癒してくれるJazzでした。富樫さんが打ち上げでAbbey Road大好きなんです、と話していました。
 Stella By Starlight
 さうだーじ
 That's All
 Hi Fly
 上を向いて歩こう


 これで終わりと思ったらセッションタイムでした。曲はDeep PurpleのBurnです。Drumsはイアン・ペイスのセミナーに行って感激したタロー、ボーカルはピストン城内さん、ギターはヘンリーさん、キーボードはMao、Bassはオサムさんとガ・セネターズとBay Trippersの混成部隊です。速すぎてリードは弾けないのでサイドギターで加わりましたが、他の人はみんなすごいですね。初めて合わせたにしてはなかなかだったようです。ドラムがガンガン引っ張ってくれました。お客さまには少し、うるさかったかもしれません。
 
 ボランティアで司会や受付、会場係、打ち上げを手伝ってくれたTK橋さん、YMDさん、KR沢さん、やよさん、MR山さん、SKMさんにもあらためてお礼します。ありがとうございます。
 これで今年のライブは終わりです。全部で8回のライブでした。2015年は2月11日(水、祝日)午後5時から大塚・Welcome Backの第103回ビートルズ大会、2月22日(日)午後2時から下北沢・BreathのBeatles Live ’All Together Now!!’に出演します。Welcome BackはBass・室田さん、BreathはBass・ローラさんです。


We Hope You Have Enjoyed The Show

 大樂藝會イン銀座2014、終わりました!Dscn2561s

 ご来場くださった方々、来場できなかったけどご厚情をいただいた方々、さまざまな差し入れをくださった方々、運営を手伝ってくれた方々、バンド仲間の皆さん、そしてヤマハのスタッフの方々、すべてに心から感謝申し上げます。不手際はいろいろあったと思いますが、「楽しかった」という声をたくさんいただきました。またまた感謝、感謝です。報告は明日以降に掲載します。本当にありがとうございました。

It Won't Be Long

 FBに発売前の週刊Aの記事が載っていました。「ポール・マッカートニー独占インタビュー」「日本公演は延期になっているだけ。ファンのために実現させたいんだ」という見出しだけは読めたのですが、もう少し細かく内容が知りたくて、買ってみました。
 記事は見開き2ページだけで、前文でも、ビデオゲーム・Destinyの音楽を手掛けたことなど近況にも触れられていましたが、強調していたのは再来日の予定でした。でも、再来日の話は結局、最後の1段落9行で、見出しと同じ内容でした。でも、他のインタビューでも同じことを語っているし、来年、復活公演がある確率は相当に高いのじゃないか、と思います。来年の楽しみが一つ、増えましたね。Photo


 今日、ジョー・コッカーが亡くなったと報じられました。ウッドストックでのWith a Litlle Help From My Friendsが衝撃でした。MeatlesでEOさんがこのバージョンでがなって、いや歌っていたのを思い出しました。合掌。

See All without Looking

 先週末の「くされかけオヤジRock Live」は、各バンドの皆さんにも特別なライブになったようですね。やるだけやって真っ白になった感じもよく分かります。でもまだまだ。今年最後のライブが27日(土)午後1時から、銀座のヤマハ銀座スタジオで開かれます。題して「大樂藝會」。4年前に始まり、昨年3年ぶりに復活、そして今年が3回目です。昨年のライブが終わってすぐに会場を予約、1年かけて準備してきました。
20140002

 出演グループは「樂藝會」だけに多種多様です。女声ゴスペルコーラスグループのCircle Of Voicces with Gospel☆SUN、フラメンコギターソロの村串栄一さん、弾き語りのMr. Postman、ピアノ&ストリングスの漆間巌グループ、コピジナルロックに目覚めたガ・セネターズ、わがBay Trippers、そしてジャズピアノのPistachio Trioの7組です。皆さん、昨年よりもパワーアップしています。会場にはフリードリンクコーナーも設けます。量に限りはありますが、日本酒、アルゼンチンワイン、泡盛などが並びます。「Donation For Music1,000円~」で、当日入場も可です。銀ブラして音楽聴いて年の瀬のひと時を楽しんでいただければ幸いです。お待ちしています。

Shake It Up, Baby

 総選挙前日の13日、赤坂・Jaka'zでの「くされかけオヤジRock Live」は超満員、立ち見での大盛り上がりでした。主催のジョニー大沼さんはじめBDOC(ビードック)の皆さん、ありがとうございます。来ていただいたお客さまにも感謝還暦、いや感謝感激です。

 ジョニーは40年ほど前、学生時代にGin House Blues Bandで一緒でした。Bay Trippersのライブに来ていただいたことはありますが、バンドでご一緒するのはそれ以来です。

Dscn2530s_2


 トップバッターは、ご存知ガ・セネターズです。Blues Rockバンドだったんですが、VocalのSR内さんが作曲に目覚め、コピジナルバンドになっていました。「コピジナル」は、いろんな曲を参考にアレンジしていることから名付けたそうです。歌詞は、R20という感じですが、笑える内容もあって大受けでした。「絶対、売れますよ」という言葉も聞かれました。全7曲中、コピジナルは5曲。出来立てのほやほやというか、まだ完全形でないそうですが、楽しいステージでした。
1. 肉欲魂
2. つい、うっかり
3. I Shot The Sheriff
4. 最後の決戦
5. Korean Magical Club
6. タイガー&ドラゴン
7. 送る歌

Dscn2548s


 続いてBay Trippersです。ベースはピラニアMRTさんにお願いしました。とてもハードなロックっぽいベースでノリノリで演奏できました。今年のライブの中でも1位、2位を争ういいステージだったんじゃないかなぁと思います。9曲目のLet It Beでは1年ぶりにYMDさんがピアノを弾きました。リハよりも本番に強いところが印象的でした。ギターは久しぶりのSGでしたが、Twist And Shoutのコード弾きで左手をつりそうになって焦りました。老人力は日に日に増しています。
1. Can't Buy Me Love
2. Twist And Shout
3. Help!
4. One After 909
5. Something
6. Get Back
7. Come Together
8. Don't Let Me Down
9. Let It Be
10. While My Guitar Gently Weeps
11. Stand By Me

Dscn2551s

 三番目は某自動車メーカーのバンドA館/E館です。ジョニーのバンド・BDOCのギターさんの同僚で、この日のライブのため30年ぶりに結成、3カ月の練習で臨んだそうですが、上手なバンドでした。選曲は「80年代の一発屋」特集でした。80年代はほとんどRockを聴いていなかったんで、知っているのはナックとロッキー3のテーマだけでした。
1. My Sharona (The Knack 1979)
2. Talking In Your Sleep (Romantics 1984)
3. I Love Rock'n'Roll (Joan Jett & Blackhearts 1982)
4. Eye Of The Tiger (Survivor 1982)
5. Cum On Feel The Noise (Quiet Riot 1983)
6. More Than Words (Extreme 1990)
7. Livin' la Vida Loca (Ricky Martin 1999)
8. Rebel Yell (Billy Idol 1983)

Dscn2554s


 最後は主催者でありハードロックバンドのBDOCです。ジョニーは私物のマイクを持ち込むなど力が入っています。40年前よりもはるかに高音が出ています。相当、歌い込んだんでしょうね。最後はアンコールの声も上がりました。GFRとアンコールの鉄板曲は、Gin House Blues Bandでもやっていた曲です。懐かしく当時を思い出しました。
1. Toys In The Attic (Aerosmith)
2. Detroit Rock City (Kiss)
3. Good Times Bad Times (Led Zeppelin)
4. Walk This Way (Aerosmith)
5. Cryin' (Aerosmith)
6. Nobody's Fault But Mine (Led Zeppelin)
7. We're An American Band (Grand Funk Railroad)
8. Smoke On The Water (Deep Purple)

You Can't Do That

20141208noel


 12月8日、名古屋・栄のAntique NoelでのHoney Pie 2ライブの報告がEッちゃんから届きました。今回は、トップバッターがこの夏Cavern Clubに出演したOne After 909で、その後の登場です。お店は満員御礼。One After 909を聴く場所もなく、外で待っていたそうです。Honey Pie2のステージでも、踊っている人、歌っている人、話しかけてくる人、ほとんどすべてが初対面のお客さまでした。

 「感謝還暦ライブ」打ち上げの約束通り、後半8曲目からNS村さんがゲスト出演。「NS村さんの久々の歌声、心に響きました。私が一番、うれしかったかも」とEッちゃんが話していました。

 セットリストは以下の通りです。
1. Revolution
2. You Won't See Me
3. Nowhere Man
4. Yes It Is
5. The Word
6, In My Life
7. Drive My Car
8. Don't Let Me Down
9.Come Together
10. While My Guitar Gently Weeps
11. You Can't Do That

 最初と最後はやっぱジョンの曲でした。

Come On Baby

 明日は12月8日。ジョンが射殺されてもう34年目ですね。ポールが英国のテレビ番組「Jonathan Ross Show」で、その時のことを話していました。しばらく受け入れられなかったこと、Beatles時代はとげとげしくなっていたこともあったけれど、当時はいい関係に戻っていたのは救いだった、などと話しています。Webで見られます。

 名古屋・栄のAntique Noelでは恒例のジョンとジョージの追悼ライブ「Give Peace A Chance!」が開かれます。Honey Pie2が20:30から出演します。1ドリンク付き2,500円です。この夏にリバプール・Cavernに出演したOne After 909も出るんじゃないかな。
Rock_f5

 Bay Trippersは今週末、赤坂・Jaka'zで「くされかけオヤジRock Live」です。学生時代のGin House Blues Bandで一緒だったジョニー大沼さんの企画です。11月1日の感謝還暦ライブから1カ月余、今回はBassにサポートをお願いしたので、いつになく練習しています。Taroが先日イアン・ペイスのドラムセミナーに参加し、イアン・ペイスが「リンゴのドラミングはすごい」と言っていたそうです。が、ちょっとパープルっぽくなっているような気がします。9日には最後のリハ代わりにCrawfishのBeatles Jamに行く予定です。

I'll Be Back

 ポールが来年5月ごろにやって来そうですね。英国の新聞デイリーミラー紙が5日、ポールのインタビュー記事を掲載し、共同通信が転電したようです。日本のスポーツ紙や日刊紙にも出ていました。昨年秋のドーム公演からもう1年がたったんですね。今年の中止に泣いた人も多かったんで、本当に来日が実現するといいですね。ポールの「I'm going back to Japan next year!」という言葉がうれしいですね。
1488888_414778042013320_84105127094

 12月に入ると、ジョン追悼のライブがあちこちで開かれますね。福岡ではローラさんがクラウス・ローラというか、Get Backセッション時にひげポールというか、そんな姿で演奏する姿がFBに載っていました。上の記事もひげローラさんもFBからの借りものです。
10805595_744570642284841_8171975923


« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »