Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Mundo Paparazzi

 Abbey RoadのSun Kingには5か国語と国籍不明後(ジョン語?)が含まれています。「ビートルズ研究読本」(1998年、香月利一著)によると、英語はParasol、Carouselなど、イタリア語はQuando、Para、Amoreなど、スペイン語はMucho、Corazon、Mundなど、ポルトガル語はObrigato、フランス語はdeで、造語はChicka、Ferdy。歌詞を日本語にすると、


 いつ、たくさんのような私を 幸福な心からの愛 パパラッチの世界 私を chicka ferdyの日傘の愛 この義務とてもたくさん 何がそれを食べられるのか 回転木馬


 うーん、何も分かりません。コーラスも難しいけど、この歌詞も難解です。意味はないんでしょうね。


Dscn2683s

 31日、Bay Trippersは2月22日の下北沢・Breathでのライブのため久しぶりにスタジオでリハーサルです。4時間、主にコーラスを繰り返し練習しました。こんなに練習するのは初めてです。いい汗をかき、終わった後のビールが最高でした。もう一度、リハができたらいいな、と思っています。

 

Get Back To Where You Once Belonged

 延期されていたポールの日本公演が29日、発表されました。日刊スポーツの号外も出たそうです。
2015

 4月21日(火)京セラドーム大阪、23(木)、25日(土)、27日(月)東京ドームです。武道館も調整中のようですね。Out There Tourの続きですね。S席18,000円。すぐに売り切れそうですね。

Got A Good Reason

 2月11日(水、祝日)、大塚駅南・Welcome Backでのライブ告知フライヤーです。開場16:30、開演17:00。入場1,000円ですが、200円の割引チケットありますよ。
20150211welcomebackflyer0001


 このブログのカウンター、今日で40,000件を超えました。ありがとうございます。

Like Endless Rain Into A Paper Cup

 David BowieのAcross The Universeカバーはよかったですね。カバーというよりBowieの曲のようでした。ということで、ジョンやディランらに影響を受けたDavid Bowieのドキュメンタリー映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」が29日まで、新宿ピカデリーで上映されています。昨日、24日からわずか6日間の上映です。DVDでも出るのでしょうか。26日からは一日一回、午後7時からだけで、しかもシニア料金が設定されておらず2,500円均一だそうです。映画は98分。

Davidbowieis3

 このドキュメンタリーは2013年3月に英国ロンドン・ケンジントンのヴィクトリア&アルバート博物館で開かれた同名の回顧展のクロージングナイトで撮影されたものだそうです。同展覧会の制作者であるヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュが進行役になり、ボウイのPV、オリジナルステージ衣装、手書きの歌詞などの資料やそれにまつわる話を紹介しているそうです。展覧会のカタログの日本語版が2013年に限定1984部刊行されています。回顧展は英国の後、米国やフランスに巡回したそうですが、日本ではどうでしょうね。

Come On Is Such A Joy

 年が明けたのはついこの間だったのにもうすぐ2月です。立春が待ち遠しい寒さが続いています。インフルも流行のピークのようです。メンバーも1人かかったようです。お大事に、皆さんも気をつけて。

201502live0001

 2月、Bay Trippersは2回のライブを予定しています。11日に大塚・Welcome Back、22日が下北沢・Breathです。来月のスケジュールに入れておいてください。Bassが11日はムロさん、22日はローラさんです。セットリストも違う予定です。珍しく事前のスタジオリハを入れてます。気合です。

He Shoot Coca Cola

 Dscn2676s_2
ロッキーの告別式が19日、大宮のお寺で営まれました。ピンとした空気と青い空が悲しみを強くしているような気がしました。式では大好きだったベンチャーズと寺内タケシの演奏が流れていました。

All these places had their moments
With lovers and friends I still can recall
Some are dead and some are living
In my life I've loved them all

Let Me See You Smile Again

Dscn2670s


 天気予報の通りの雨の中、川崎大師へ新年のお参りに行きました。例年はもう少し遅い時期に行くのですが、今年は1月15日とあって多くの参拝客であふれていました。護摩供養の本堂は500人ぐらいいた感じです。平穏な年でありますように。
Dscn2673s


When I Was A Boy, Everything Was Right

 最初にRock Bandに入ったのは大学に進学してからでした。高校時代の友人に誘われ、Bassを担当しました。Black Magic WomanやOye Como Va、Smoke On The Water、Almost Cut My Hair、Long Train Running、Inside Looking Out、Proud Maryなどをやっていました。その時のリードギターがロッキーでした。レスポール(モデル)を使っていました。高校2年のころ、学校の下駄箱前で「麻雀やりたいね」「えっ、お前も知ってるの」と会話を交わし、それから数年間、何局打ったか分からないぐらい牌を囲んだ麻雀仲間でした。AO木、S川両氏との4人がベストメンバーで、当時は「サラリーマン麻雀教室」というようなタイトルだった阿佐田哲也氏の「Aクラス麻雀」を一緒に読みふけっていました。

 大学卒業後、ロッキーは短いサラリーマン生活の後、麻雀のプロになり、20年前には賭けない麻雀の店「SPロッキー」を大宮駅近くに開店し、麻雀を囲碁や将棋のような存在にすることを目標にしていました。今年の年賀状にも「新聞に麻雀欄を、というのが夢です」と、高校時代と同じ筆跡で書いてありました。

 突然のロッキーの訃報をフェイスブックで知りました。まさか、本当なのか、とにわかには信じられませんでした。1年ほど前にAO木氏の葬儀で会ったのが最後になってしまいました。62歳。まだまだ若いと言われる時代です。残念です。2年半ぐらい前に一度、店にお邪魔して10年ぶりぐらいで牌を握りましたが、一緒の卓には座れませんでした。それも残念です。その時、「一度、バンドのライブにも行きたいけど、店があるからなぁ」と話していたのを覚えています。告別式は19日。バンド仲間とお別れに行ってきます。合掌。

Everybody's Happy

 洋楽雑誌「ミュージックライフ」専属カメラマンだったロックフォトグラファー長谷部宏さんの写真展が10日から、新宿区新宿3-32-6、ビームスジャパン6階のBギャラリーで始まりました。入場無料で2月11日までです。

Musiclifephotoexhibition

 展覧会のタイトルは「MUSIC LIFE PHOTO EXHIBITION-長谷部宏の写真で綴る洋楽ロックの肖像」。ミュージックライフが、電子マガジン「MUSIC LIFE plus」として復刊するのを記念した展示会だそうです。1960年代のミュージックライフを飾った写真が相当な数、展示されています。来日した際「シェー」をするジョン・レノン、The Long And Winding Road録音時などBeatlesはもちろん、ストーンズやフー、クラプトン、ボウイ、ツェッペリンなど若いロックスターが勢ぞろいしているようです。期間中に訪れたいですね。

004


Because The Sky Is Blue

 年末年始の休みがあっという間に終わり、仕事が始まりましたが、なんかとっても疲れました。体も気持ちも休みモードから切り替わっていないから、と同僚に言われました、新年会みたいなもんが3日もあったのも影響しているのでしょう。インフルエンザも流行っているようです。体にに気をつけ、飲み過ぎにもご注意を。


 昨年末に1カ月で11本のライブをこなしたPistachioさんからライブの案内が届きました。1月は15日(木)が横浜・野毛のルタンペルデュ、31日(土)が赤坂・Sakaya Bar #301です。2月19日(木)は赤坂・Crawfishです。フライヤーを並べます。


Photo


131


0219crawfishs


 2月19日、野村佳乃子Sings with Pistachio Trioはおすすめです。野村さんは昨年、横浜のPistachio Trioライブでゲスト出演されましたが、今回はメインですね。たっぷり歌が楽しめそうです。予定を手帳に書いておかなきゃ。

Run To The Station

 名古屋のBeatlesファンにお知らせです。昨年7月、英国リバプールのCavern Clubで夢のライブを実現した名古屋のバンド「One After 909」が1月24日(土)夕、名古屋市中区栄2-7-1、JAMMIN'(ジャミン)で凱旋ライブを開きます。開場が午後4時半、第一部が5時スタート、第二部が6時スタートです。英国での映像を交えたワンマンライブです。前売り、飲み放題・食事付きで4,000円です。チケットにはAbbey Roadの横断歩道を渡るメンバーの写真も載ってますね。ライブ、頑張ってください。


Oneafter20150124


Sees The Sun Going Down

 9日間と長かったはずの年末年始も終わってみればあっという間に過ぎ去りました。ニューヨークやパリに行った元気な音楽仲間もいましたが、年末ライブを除くと、いつものようにずっと自宅で過ごしました。禁煙にも挑戦しませんでした(禁煙して辛そうな仲間もいました)。連休最後の日の夕方、富士を染めて沈んでいく太陽にThe Fool On The Hillのメロディーが重なりました。

Dscn2669s

 2月の2つのライブのセットリストもほぼ固まりました。後は、地道な練習あるのみです。今年はコーラスにもっと一生懸命取り組むというメンバーの決意もありました。期待してください。

It's So Fine, It's Sunshine

 Dscn2652s


 新年2日目、横浜は青空が広がり、柔らかい日差しが差し込んできます。外に冷たい空気が流れているのは、くっきり富士山が見えていることでも分かります。こんな気持ちで1年を過ごしたいものです。


 元日の昨日、朝は富士山が見えていましたが、雲が出てすぐに隠れてしまいました。昼ごろからにわかに暗くなり、なんと雪が降りました。屋根がうっすら白くなり、道路わきの木も綿帽子を被ったようになりました。

Dscn2637s

Dscn2643ss


 雪が止んで腹ごなしに初詣。新聞広告に出ていた川崎市麻生区の琴平神社へ出かけました。家から5キロほどで、参拝の列に並ぶこと10分弱。鈴を鳴らして二礼二拍手一拝でみんなの幸せを祈ってきました。琴平神社は江戸時代末期に合社され、伊勢神宮の天照大御神と金毘羅宮の大物主神をまつっている神社だそうです。参道には露店が並び、参拝客も多く、お正月気分が味わえました。おみくじは「吉」でした。


Dscn2644s_2

The Smiles Returning To Their Faces

Dscn2635s


 2015年です。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。


 新年初ライブは2月11日(水、祝日)午後5時から、大塚・Welcome Backの第103回ビートルズ大会、次いで2月22日(日)午後2時から、下北沢・BreathのBeatles Live 'All Together Now!!'です。セットリストを構成中です。決まったら、昔演奏したことを思い出して、必死に練習あるのみです。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »