Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

It's Been A Long, Cold, Lonely Winter

Dscn2945s


 22日、下北沢・BreathのBeatles Live "All Together Now!!" に久しぶりに出ました。Abbey Road全曲という無謀とも思える挑戦です。時間の都合でMaxwell's Silver Hammerを短縮し、I Want Youのアウトロも2回だけにしました。MCもほとんど入れず、結果42分だったようです。最大の課題であったBecause、Sun KingのコーラスはPAさんの努力もあってまずまずだったようです。リバーブがかけられ、カバーされたようです。見に来てくれた人たちには「よかったよ」と励まされましたが、個人的には反省だけが重くのしかかってきます。Octopus's Gardenのイントロとアウトロを間違え、タローから「一番おいしいとこでやったね」と指摘されました。Sun Kingもイントロのアルペジオが訳分からくなり、Becauseもボーカルが入る前のコードを失敗しました。はぁーーとため息が出ます。結構練習を重ねたんですが、やっぱりライブは別ですね。それがライブの醍醐味だ、と言ってますが、やっぱり残念です。今年は、もう一度(一度ですむか?)リベンジしたいと思いました。次にご期待ください。ありがとうございました。

Abbey Road

20150222breath0001


 高校2年生の秋、1969年10月21日にリリースされたのがAbbey Roadです。英国より約1カ月遅れでした。Beatles最後のレコーディングだったとは当時、思いもよりませんでした。Beatlesを聴き始めたのは、Rubber Soul(65年12月)の後で、66年の来日公演の後出たRevolverは発売後すぐに購入した覚えがあります。この2枚が自分の中では一番、愛着のあるアルバムです。

 名古屋でMeatlesとして活動していた2008年12月8日、ジョン追悼ライブで全曲制覇に挑戦しました。Because、Sun Kingのコーラス2曲でこけたことを覚えています。2013年5月、市が尾・インマイライフのビートルズスペシャルデーVol.20でもAbbey Roadに取り組み、半分ぐらいをやりました。

 明日22日、下北沢・BreathでのBeatles Live "All Tgether Now !!" で、再び全曲制覇に挑戦します。時間の限りもあるので一部の曲は短縮バージョンですが、とにかく全曲やります。不安はやっぱりコーラスですが、「サビ~ロード」といわれないようにガンバリます。ライブは13:00開演、Bay Trippersは14:40ごろからの予定です。

Dsc_0520s


 今日、神田の昭和で「神田かぶと虫」のライブがありました。応援に行ったヘンリーさんから写真が届きました。オサムさんがバイオリンベース使ってますね。

She's Got A Ticket To Ride

 赤坂・Crawfishで開かれたヘンリーさんプロデュースのJazz Live「野村佳乃子 with Pistachio Trio」に行ってきました。半年以上前に横浜で聴いたとき、野村さんはゲストで数曲でしたが、今夜はメイン。スタンダードなLove Songを堪能してきました。Pianoは毛利洋平さん、Bassは中山保さん、ドラムはピスタチオさんです。

Dscn2931s


 最初Pistachio TrioだけでStella By StardustとSomeday My Princeを演奏した後、野村さんの登場です。The Days Of Wine And Roses、Do You Know What It Means To Miss New Orleans、Love To Here To Stayと続きます。1曲ずつ、曲の解説や歌詞の内容を紹介しながら歌います。My Romance、Tea For Twoで最初のステージが終了です。第2ステージは、PistachioのThat's Allで始まり、すぐに再び野村さん。You'd Be So Nice To Come Home To、It's De-Lovely、My Foolish Heart、Fly Me To The Moon、East Of The Sun, West Of The Moonというセットリストでした。Jazz屋さんには有名な曲ばかりのようですが、知っていたのは3曲。歌詞の意味を味わいながら、心が洗われるような時間を過ごせました。毛利さんのピアノも味わいあるし、またJazz Guitarに挑戦したくなりました。第3ステージ以後(Pistachioさんは始発まで20ステージやる、とほら吹きでした!)は聴けませんでしたが、4月4日(土)に横浜・関内のBar Bar Barである「野村佳乃子 with Fine & Dandy」のライブが楽しみです。

My Valentine

 ポールが14日夜、NYのIrving Plazaでバレンタインコンサート「not-so-secret」を開いたそうです。全部で26曲。始まりはEight Days A Week、本編最後はLet It BeからHey Jude、アンコールはGolden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The Endでした。一昨年の日本ツアーのセットリストと大きな変わりはありません。4月の日本公演も基本はやっぱり、Out Thereでしょうね。元気で来てくれればそれでいいですね。

B93ehgacmaa0apq


 吉田拓郎コピーバンド・ダイム村上バンドのやよさんから、神田のフォーク酒場「昭和」でのBeatlesライブのお知らせが届きました。バンドは「神田かぶと虫」。マスターのプロデュースで集められたメンバーは、おばらちゃん、治ちゃん(!)、安っさん、タロー君(!!)。マスターも何曲か歌うそうです。21日(土)17:30開場、18:00開演です。1ドリンク付き2,500円。ヘンリーさんは「22日は下北沢・BreathでBay Trippersだし、今週末はBeatles漬けです」と笑っていました。

Two Of Us

 告井延隆さんと坂崎幸之助さんのライブ「リバプールサウンズから始まった!」に行ってきました。会場は、東京大に近い真宗大谷派のお寺で東京都の有形文化財に指定されている求道会館でした。1915年、今からちょうど100年前に建設され、1996年から8年かけて修復されたそうです。仏教の教会のような施設で厳かな雰囲気でした。2階席もありました。250人ほどの観客でいっぱいでした。

Dscn2918s


Dscn2919s


 第一部は、告井さんがSgt. Tsugei's Only One Club Bandとして一人ビートルズ。セットリストは
 Sgt. Pepper's Lonely Heart Club Band
 Eight Days A Week
 Ticket To Ride
 Help!
 Honey Pie
 Blackbird
 Love Me Do
 Please Please Me
 I Want To Hold Your Hand
 She Loves You
 Till There Was You
 I Saw Her Standing There

 昨年夏に英国・リバプールのCaver Clubで演奏した話、映画「Help!」の話などをまじえて約1時間のステージでした。


 しばし休憩の後、告井さんと坂崎さんが登場です。最初はインストでした。「一人じゃできない曲もあるんです。多重コーラスとかね」と話し、Paperback Writer、All My Loving、This Boyです。Paperback Writerでは、コーラスを二人で手分け、All My Lovingでは坂崎さんがジョンの3連ギター、This Boyでもバッキングギターでサポートでした。続いてBeatles全盛期の音楽シーンを振り返って2人のコーラスが楽しめました。

 Word Without Love (Peter & Gordon)
 Bus Stop (Hollies)
 Because (Dave Clark Five)
 Bye Bye Love (Everly Brothers)
 Puff (Peter, Paul & Mary)

 うーーん、懐かしい曲ばかりです。中学生のころAMラジオで夢中で聴いていました。Bus Stopは好きな曲で歌詞を今でも覚えているほどです。PP&Mの紹介ではディランの物まねも出ました。2本の生ギターに2人のハモが心地よく、50年近く時をさかのぼった気がしました。デュオはBeatlesに戻り、フィナーレです。
 If I Fell
 She Loves You
 2人とも、どちらかといえばジョンを歌うのが得意のようですが、分け合って歌っていました。タローが「今まで聴いた中で一番いいIf I Fellだった」と言ってました。

 アンコールは「学園祭のノリで」という感じで、PP&MのWhere Have All The Flowers Goneから始まりました。続いてThe House Of The Rising Sunをインストで。スプートニクスの霧のカレリアやメリー・ホプキンのAll Those Days、はたまたベンチャーズなどを少しだけやって、最後、Eight Days A Weekを歌入りで締めました。終演予定が1時間も延びる大サービスでした。2人の会話もラジオ番組のようで、楽しい時間が過ごせました。お酒を飲みわいわいやりながら聴いたら、サイコーでしょうね。

I Feel Happy Inside

 Beatlesの公式日本デビューは1964年2月5日、シングル「抱きしめたい/こいつ」(I Want To Hold Your Hand/This Boy)でした。当時のティーンエイジャーにはものすごい衝撃だったようです。

10342897_415767838585131_3920187426


 Sgt. Tsugeiこと告井延隆さんのアルバム「Beatles 10」を出したピンポイントさんが明日15日、「リバプールサウンズから始まった」というライブを開きます。告井さんとアルフィーの坂崎幸之助さんが、Beatlesを中心に当時のリバプールサウンズを歌とギターで再演するそうです。告井は1950年、坂崎さんは1954年生まれなのでほぼ同世代。デイブ・クラーク・ファイブ、アニマルズ、ローリング・ストーンズ、マンフレッド・マン、ハーマンズ・ハーミッツ、キンクス、ジェリー&ペースメイカーズ、ピーター&ゴードン、フー、トレメローズ、ホリーズなど英国のポピュラー(当時はそう言ってましたね)界のグループは懐かしさいっぱいです。どんな曲が聴けるのか、楽しみです。webからリハーサルの写真をお借りしました。

Sending Me A Valentine

 バレンタインデーの前の日は13日の金曜日。今日はホラー映画のビデオを借りる、という同僚がいました。

S


 もらった時、ホントのかば焼きと思ってしまいました。

We'd Like To Thank You Once Again

 大塚・Welcome Back「第103回ビートルズ大会」、終わりました。Bay Trippersのお客さまが15人近くもきてくださりました。本当にありがとうございました。

Dscn2782s


 昨年8月の第100回大会と同じように、トップバッターでした。最初の曲はCan't Buy Me Love。年末、ヤマハ銀座スタジオの大樂藝會に出演できなかったBassyのリベンジです。リードもBassyです。今回のステージ、Bassyリードの曲が他に2曲あり、じーじギターは影が薄かったかも。続いて、助っ人ベースマン・ムロさんのボーカルでGet Backからルーフトップの曲、Don't Let Me Down、One After 909と続けました。映画「Let It Be」で紹介されたルーフトップライブは1969年1月30日。46年前だからBay Trippersの若い3人は生まれてませんね。その後は、生きていれば72歳となるジョージの誕生日(25日)に合わせて、SomethingとTaxmanです。再びムロさんのリードボーカルでTwist And Shoutを挟み、最後の曲はSgt. Pepper's Lonely Heart Club Band (Reprise)~The Endです。もちろん4月にやって来るポールへの期待を込めました。

Dscn2827s


 サポートのムロさんにMCまでやらせてしまうBay Trippersですが、ムロさんのパフォーマンスはサイコーでした。昨年12月の赤坂・Jaka'zに続く共演でしたが、Rockっぽさが気持ちいいこのユニットもなかなかです。3回目のサポートも打ち上げでお願いしました。ライブは、6月14日(日)、会場はこの日と同じ大塚・Welcome Back、第105回ビートルズ大会です。打ち上げに来てくれたピアノのジョニーも生ピで加わる話も進みました。どんなセットリストが組めるか、楽しみです。


Dscn2915scazs


 この日のビートルズ大会には、市が尾・インマイライフで何度もご一緒したCaz's R&R Gardenさんのほか、Rubber Soulの曲でそろえたThe Tenants、Wingsのカバーバンド・PAULソーセージ&ウインナース、ドラムとベースが女性のThe Bableas、Beatles現役世代のJeatles(ジートルズ、と読みます)、生ピを中心にした国際色豊かなTEKITOが出演しました。みなさん楽しそうでした。

 Welcome Backのホームページ、スケジュールにお店のライブ・レポートが載っており、Bay TrippersはTaxmanの演奏がBest Playとしてアップされています(音だけです)。
 http://www.welcomeback.jp/

 Bay Trippers、次は22日(日)、下北沢・Breathです。ローラさんベースのオリジナルメンバーで大作に取り組みます。13:00開演です。出番は14:40ごろからの予定です。

Each One Believing That Love Never Dies

 昨日はBassyとTM子さんの結婚お祝いパーティーを銀座の隠れ家的な、楽器部屋のような居酒屋2階で開きました。会社の音楽仲間を中心に全部で10人が集まり、楽しく、話し、笑い、そして、もちろん演奏しました。

Dscn2723s


 プロデュースはLet It BeのピアノでBay TrippersサポートのYM田さん。演奏部隊はヘンリーさんに、オサムさんが来てくれました。ハワイ結婚の歌をヘンリーさんがプレスリーバージョンで歌って開幕。Something、Here, There And Everywhereとラブソングの王道で盛り上げます。Bassyは、And I Love Her、Michelle、In My Lifeに加え、Somethingをリードも弾いて再演。リクエストに応えてTwist And Shout、Yesterdayも歌い上げました。時節柄というか、ヘンリーさんがImagine、TJRさんが場に合わせててんとう虫のサンバを歌ってくれました。なぜかOye ComoVaや俺の借金全部でなんぼ、お嫁においでまで飛び出したのはヨッパライの余興です。大きなフルーツケーキで、5月の式の予行演習もあり、あっという間の3時間でした。最後にはお店のYM川さんがJazz Pianoで祝福してくれました。


 明日は大塚・Welcome Backのライブです。応援部隊も10人ぐらいになりそうです。ガンバリます。

Say You Don't Need No Daimond Rings

 ポールのチケット、ぴあの予約は今日までです。皆さんに当たるといいですね。ファンクラブも今回は数が制限されていたようです。サウンドチェック付きの高額席も競争率高そうですね。武道館も噂されています。ファンは気が気じゃないみたいです。

 ニュースを見ていたら、新体操の日本代表チーム「フェアリージャパン」が今年クラブ・フープの演技でBeatlesの曲を使うと発表しました。Can't Buy Me Love、Oh! Darling、Rock And Roll Musicの3曲です。アレンジしないでそのまま流すのかなぁ。チームの10人のメンバーのうち新加入の4人は15-16歳だそうで、全く知らない曲だったみたいです。そうですよね。日本デビューして51年、最後のライブ・ルーフトップがあったのは1969年1月30日だからそれから46年、ジョージの誕生日は2月25日で生きていれば72歳だから、彼女たちにとっては、じじばば世代の音楽ですからね。


20150211welcomebackflyer0001


 11日(水、祝日)の大塚・Welcome Backでのライブが近づきました。16:30オープン、開演の17:00からBay Trippersは演奏です。フライヤー、また載せちゃいます。

Money Can't Buy Me Love

 立春が過ぎても寒い日が続いています。東京都心であす朝までに5センチの積雪が予想されています。気を付けて歩かないと怖いですね。


Dscn2685s

 今週初めは、11日の大塚・Welcome Backでのライブ「第103回ビートルズ大会」に向けてスタジオリハでした。ベースにムロさんのサポートを得て、22日の下北沢・Breathとは別のセットリストで臨みます。ムロさんとは年末、赤坂・Jaka'zに続いての共演です。ファンキーなロックロックしたベースで、いつものBay Trippersとは違う感じです。22日向けの練習に力が入っていたので、思うようにギターが弾けなかったのですが、あと1週間、こちらを最優先に取り組みます。


 第103回ビートルズ大会は、午後4時半開場、5時演奏スタートです。「永遠の前座バンド・ミートルズ」の血を引くBay Trippersは最初に出演します。全部で6組が出ますが、2番目は市が尾・インマイライフで何度もご一緒したCaz's R&R Gardenさんです。入場料は1,000円+1ドリンクです。

It's Driving Me Mad

 あっという間の2月入りです。今月はライブが2回。スタジオリハも2回です。2月22日Breath LiveのFlyerができました。寒そうなAbbey RoadをWebから借りました。
20150222breath0001

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »