Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後6時~、横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersの他、Bealtes、Silver Spoonなどが出演。セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

Rock And Roll Music

Fullsizerenders


 オープニングはRock And Roll Music、続いてShe's A Woman、If I Needed Someone …からI'm Downまでの11曲。いつものメンバーに加え、ドラムスにはリンゴ、ギターにダーニ・ハリスンとジュリアン、ショーンが加わっている―

 28日のポール武道館は、そんなふうだといいなぁ、と思っていました。そんなんだったら行かなかったことをすごく後悔したでしょうが、見果てぬ夢でしかありませんでしたね。それでも1万人の観客は最初から、いやポールの入り待ち、グッズ購入から大盛り上がりだったようです。今朝の東京中日スポーツは芸能面の8段を使って大展開、セットリストも掲載していました。


Dscn3071s

 半世紀ぶりの武道館ライブはCan't Buy Me Loveで始まり、One After 909、Another Girl、Got To Get You Into My Life、Birthdayと、このツアーでの初披露Beatles曲を含め計28曲。49年前の東京公演ナンバーは、Day Tripper、Yesterday、Paperback Writerの3曲でした。高校1年の時、1966年の公演に行った元同僚は27日のドームライブを見て「She's A Womanが聴きたかったね」と話していました。同じような気持ちだったファンも多かったのでは。Bay TrippersのKさんは今回のツアーを完全制覇しましたが、ソウルには行かないそうです。


2015042920150428_mg_9350

 Kさんからレポートが届きました。
            ◆

 昨日は、5時半開場、6時半開演予定、開場は6時50分ごろ? 開演は7時50分。4時半に、券を引き換えぐったりしました。券はテントでひくというシステムで、商店街の福引だ。いい席だった。日頃の善行がしのばれる。
 音漏れ大きくおどろいた。外でいいやん!
 入場して、入院患者が手首に付けるバンドが、座席にはってあった。手首にベルトをつけ、みんな入院患者になった。両側のスクリーンはなかった。体感席用のモニターは上にあった。後ろの使い回しの映像もなし。Can't Buy Me Loveから始まり、909やりました。世界初公開、アナザーガールやりました。Got Get You Into My Lifeやりました。ウクレレでサムシングかと思いきや、マンドリンみたいなので、曲名わからん。(Dance Tonightでした)
 Live And Let Dieでは、どうするかと思ったらバーンでした。熱いやろうな。
 手首のライトがマスゲームみたいに、日の丸を表していた。ポールが、Let It Beを歌えなくなりそうだったと言いました。座席で色が違うんだ。最後に回収された。2時間で終わった。武道館は短かかった。

Budokan4s


 Universal Music Japanのサイトに武道館公演を終えたポールからのメッセージが載せられていました。
 「初めてここ武道館に立った日のことを思い出しながら、今夜の素晴らしい観客の前で演奏することができ、とても心動かされ、感極まる体験でした。49年ぶりに武道館に戻ってくることができて、とても興奮したと同時に、これまでの日本のショウでも最高のものだったと思います。とてつもなくクレイジーで、最高な夜でした」


Safe_image

Another Day

 Out There Tour 2015、東京ドーム最終日の27日、バンド仲間たちと行ってきました。前回のツアーから1年半、ポールは前回以上に元気にステージを飛び跳ねていました。1年前の急病によるキャンセルを見事にカバーしてくれた気がします。

Dscn3011s_2


 今回の席は一塁側の2階席でした。ステージまで100メートル余、ポールは豆粒ですが、全体の様子がよくわかります。でもアリーナの方が音響的にはよかったような気がします。

Dscn3012s_2


 午後7時ちょうどごろに開演。ポールは灰色のジャケットで登場です。スタートはMagical Mystery TourからSave Usと、大阪、東京ドーム初日と同じでした。「コンバンハ、トーキョー!」「マタアエタネ」「ユーゲンジッコー!」などすっかりおなじみになった日本語でのMCの後、前回は演奏しなかったCan't Buy Me Love、それに続いてJetだと思っていたら、同じWingsのListen To What The Man Saidでした。ドーム二日目にこの曲を間違えたとKさんが言っていたので、そのせいでしょうか。アンコールでのI Saw Her Standing Thereも前回はなかったのですが、こういうRock And Roll はやっぱり盛り上がります。新曲のHope For The Futureもありました。12弦アコギでのAnother Day、ウクレレでのSomethingは何度聴いてもいいですね。最後の最後のAbbey Roadメドレーの前にHelter Skelterを持ってくるというのも信じられません。鉄人ですね。「マタアイマショー」という最後のあいさつが社交辞令ではないように思えてきました。


Dscn3025s


Dscn3026s


Dscn3038s


Dscn3062s


201504272013


We're Going To A Party

 Boshu2015spring0001


Boshu2015spring0002

 静岡県浜松市の市民音楽祭「やらまいかミュージックフェスティバルinはままつ」の出演者募集が始まりました。開催されるのは10月10日(土)11日(日)の2日間。浜松市中心部の各所にステージが造られるようです。今年で9回目で、昨年は301組、1,224人が2日間延べ24ステージに立ったそうです。出演時間はセッティング、撤収含め30分。運営協力費1人2,000円。締め切りは5月31日です。名古屋でやっていたMeatlesのメンバー二人が昨年、スタッフで頑張っていましたね。

Onsenb2015

 もう一つ。佐賀県武雄市の町おこしイベントでもある「温泉deビートルズ音楽祭2015」でも一般バンド枠の出演募集が始まりました。2011年に始まって今年は5回目。9月19日(土)-23日(水・祝)まで、武雄温泉でさまざまなイベントが企画されています。19日、20日は武雄市保養村もよおしひろばで野外ライブ、22日、23日は武雄市文化会館大ホールでのホールコンサートです。すでにいくつか決まっていて、東京からもWhite Windさん、Red Berryさんがエントリーしています。ローラさんの福岡のバンドBumble Beatsは昨年、参加しましたね。こちらも1バンドセッティング込み30分ですね。初期の曲なら8曲は演奏できますね。

Hold Me, Love Me

11068013_826986784043226_3071974890


 ポール、東京ドーム2日目は40分遅れで始まり、スタートはMagical Mystery Tourでなく2013年と同じEight Days A Weekだったそうです。大阪、ドーム初日との違いはもう1曲。3曲目のCan't Buy Me LoveがAll My Lovingに代わりました。ポールがステージで水を飲まないのは、昔からの習慣であまり恰好よくないからだそうです。

Pm_tokyodome_0071024x683


 ポールは青いジャケットで登場。「カエッテキタヨ、トーキョー」に加えて「ユウゲンジッコー」と難しい言葉で約束を守ったことを話したそうです。ドーム最終日の27日も盛り上がりそうです。それ以上に武道館はきっと、サプライズがありますね。

Yesterday

 東京ドーム初日に行ったBassyからの報告です。

 「席は前回と同じくかなり近くで見れました。セットリストは一昨年とほぼ同じでした。その安心感もあってかポールにもメンバーにも余裕が感じられました。ポールがはしゃいでて微笑ましかったです。演奏も脂が乗っていて充実していました。ライブが進むに従ってポールの声が若返っていった気さえしました。今回も見る限り水飲まずにぶっ通しの2時間半!スーパーマン振りは健在でした。マタアイマショウ、とまたしても言っていたので、隔年か毎年、本気で来そうな勢いです」

Img_0311s


Img_0329s


Img_0337s


Img_0344s


 明日の土曜日はローラさんが参戦ですね。

Since I Saw Her Standing There

 ポールの公演、盛り上がっているようです。21日が大阪。今日23日は東京ドーム初日、BassyとKさんが参戦していますね。大阪に行った名古屋の俵町さんから「堪能してまいりました。やっとビールにありつけました」と10時45分にメールが届きました。全公演制覇を目指すKさんからは「今日のポール、最高でした。客にのせられていた。大阪より声出てました」と報告がありました。開演は大阪同様30分遅れたそうです。

Dsc00331paulosaka20150421

 初日の大阪と今日の東京ドームのセットリストは同じだったようです。1年半前のOut There Tourとは、Magical Mystery Tour、Can't Buy Me Love、Jet、Hope For The Future、I Saw Her Standing Thereが入っています。セットリストは以下のようだったそうです。計37曲(最後のメドレーを3曲ととらえれば39曲)、6月に73歳を迎えるとは思えないエネルギーですね。

1. Magical Mystery Tour
2. Save Us
3. Can’t Buy Me Love
4. Jet
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty-Five
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen a Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. Hope For The Future
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Lovely Rita
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
Encore:
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. I Saw Her Standing There
Encore 2:
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

Why Don't We Do It In The Road ?

Paulwelcomeback


 ポールが20日、無事来日しました。午前8時過ぎ、約500人のファンが待つ関西空港ロビーに姿を現したポールは「オハヨー」「オッス」「コンニチハ」などとあいさつしたそうです。ファンと握手したり、差し出されたミニギターにサインするなどファンサービスもたっぷり。「昨年は非常に残念だった。再び一緒にロックンロールの夜を過ごせるのが本当に楽しみだよ」というコメントを事務所を通して発表したそうです。東京新聞夕刊にも大きく出ていました。その上の記事「市民団体が米紙に『殺すな 殺されるな』の意見広告」の記事も応援しているようですね。

Dscn3005s


 ひょんなことから27日、東京ドーム最終日に行くことになりました。縁があったんでしょう。

Let Me Take You Down

 ポールの再来日公演に合わせて22日から、東京・恵比寿のアメリカ橋ギャラリーで「福岡耕造写真展~ビートルズ追憶の日々-There Are Places We Remember」が開かれます。5月4日(月)まで、12:00-20:00(初日は14:00から、最終日は17:00まで)。

Tokyo_beatles_week2015s


 福岡さんは写真家であり、ビートルズ研究家。30年にわたり世界中のビートルズゆかりの地に行って撮影した作品が展示されるそうです。ビートルズは写っていない、ビートルズの写真展です。期間中、元ジョン・レノン・ミュージアム館長、星加ルミ子さんのトークイベントなども催されます。

Be-Bop-A-Lula

 1940年代にニューヨークのミントンズで、若いジャズマンが繰り広げたセッションで生まれたのが「Be-Bop」という新たなジャズだったそうです。リズム先行、コード進行に沿ったアドリブを中心とした自由な演奏が従来のスウィングに取って代わっていきました。チャーリー・パーカー(as)、ディジー・ガレスビー(tp)、セロニアス・モンク、パド・パウエル(pf)、チャーリー・クリスチャン(gt)などがその担い手だったそうです。


 そんなBopの曲を演奏するライブの案内が届きました。横浜・関内のJazz Cafe Gig(045-261-9219)で5月23日(土)午後7時開場、7時半開演です。出演は、伊勢佐木町バンドというか下山田バンドというのか、6人編成です。岡部(tp)、田中(ts)、小松(gt)、下山田(b)、末成(ds)、Blue Fairy(pf)。ミュージックチャージは500円です。双子座の皆さんは誕生祝いを兼ねてお出かけください、という書き込みもありました。


 ジョンやポールも歌っているBe-Bop-A-Lulaは、自由気ままなルーラ=ルイーズ、浮気なルイーズみたいな意味だということです。

Image21


 横浜のピスタチオさんからも恒例の投げ銭ライブの案内です。新年度初ライブのようです。22日(水)午後8時から3ステージ。野毛のル・タン・ペルデュです。毛利良平(pf)、中山保(b)、Pistachio(ds)のいつものトリオです。

He'll Be Back

 Out There Japan Tourがいよいよ来週から始まりますね。20日早朝、関空着でポールも来日するようです。大阪会場近くでは早くも歓迎ムードいっぱいですね。21日京セラドーム、23、25、27日東京ドーム、そして28日に武道館。今回はチケットがまだ残っているみたいですね。ファンクラブ分を制限した影響ですかねぇ。

Kyosera_paul


 武道館のセットリストが楽しみですね。Rock And Roll MusicからI'm Downまでの11曲、そのままはやってくれるとビックリですね。ポールは18日、クリーブランドでのロックの殿堂の授賞式でリンゴに賞を手渡すそうですから、そのままリンゴを連れて来日する可能性もあるんでしょうか。そうだったら、それこそポールが言っている「サプライズ」ですね。

11164653_970930019634652_4332505648

 
 今日、18日、豊田市の「とみた庵」で、Change Lives, Change The World Communitiesというテーマでイベントがありました。冨田輝司先生を囲むサロンで、”放浪の音楽家”奥野勝利さんのライブもありました。久しぶりに先生の姿を写真で拝見しました。なかなかうかがえなくて申し訳ありません。

Sail The Ship

Dscn3003s

 ナゴヤドームで昔、井端選手が打席に立つ時、While My Guitar Gently Weepsが流れていましたね。ドラゴンズの東京での開幕戦に行ってきました。球春とは名ばかりの霧雨の寒さの中、とてもビールを飲む気になれず、お酒で暖まろうとしましたが、熱燗もすぐに冷めてしまうほど。大島選手のタイムリーで1点入れた5回で帰途につきました。先発の大野投手のできがよく、負けることはないと祈りつつのリタイアです。思った通り、結果は1-0。大野投手が完封勝利です、7連勝となりました。阪神戦で3連敗した時は真っ暗でしたが、その後の快進撃に自然と笑顔になります。この調子を続けて交流戦前に球団創設以来5000勝を達成してしましょう。

Take A Sad Song

 ジョンの最初の奥さん、シンシアが1日、亡くなりました。そのことを受けて4日の東京新聞(中日新聞)1面のコラムにHey Judeのエピソードを紹介していました。「人を慰めるとは、元気を出せ、人生は素晴らしいと背中をたたくことではなく、『分かるよ』と背中をさすることなのだろう」と書いています。ネットには2010年にニューヨークで撮影されたシンシアとジュリアン、ヨーコとショーンの4人が笑顔で写っている写真が載っていました。

Dscn3000s


Cbjlo2yviaaobdm


 4月4日といえば1964年のこの日、米の音楽誌ビルボードのヒットチャートで1位から5位をBeatlesの曲が占めました。順にCan't Buy Me Love、Twist And Shout、She Loves You、I Want To Hold Your Hand、Please Please Meでした。熱狂的なファンに追いかけられるシーンから始まる映画「A Hard Day's Night」の冒頭シーンは翌日の5日に撮影されたそうです。51年前のことですが、今も新聞のコラムに取り上げられるのは彼らの歌が、現代もいやこの先もずっと人々の心の底に響くからでしょう。

11091296_10152704719666345_80784609


And I Feel Fine

Dscn2986s


 出勤前に九段下へ寄り道、武道館のある北の丸公園から千鳥ヶ淵を歩いてきました。今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、桜は満開。早朝なのに多くの人が集まっていました。桜の向こうの武道館、28日はポール、49年ぶりの武道館ライブですね。この桜を見せたいなぁ、と思いました。


Dscn2993s


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »