Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

My Head Is Filled With Things To Say

 5月も今日で終わりです。2015年も、ものすごいスピードで過ぎ去っていきます。ライブまで2週間、練習が足りませんね。頑張らねば。

Dscn3098s


 家から見える富士山の雪も少なくなりました。

I've Seen That Road Before

Dscn3094s


 6月14日(日)17:00開演の大塚・Welcome Back「第105回ビートルズ大会」に向け、Johnny & The MoonCatsのリハが始まりました。と言っても、次は当日朝ですが。ブギウギピアニスト・Johnnyとの初顔合わせ、とてもいい感じでできました。当日が楽しみです。若いメンバーについていけるよう、じじいのギター頑張らねば。

Dscn3095s


Carry That Weight, A Long Time

 さわやかな土曜日、旧古河庭園に行ってきました。お目当てのバラは少し遅かったみたいですが、モミジの新緑がきれいでした。

Dscn3086s


 帰宅すると、ロンドンから絵葉書が届いていました。南知多町役場を定年退職した友人のKRDさんからです。アビイロードの有名な標識の絵葉書です。説明にはこう書いてありました。

 Abbey Road, NW8
Made famous by "The Beatles" and the EMI Recording Studios. Abbey Road became the title for the groups last album in 1969.

Dscn3089s


Let Me See You Smile

 6月14日(日)、大塚・Welcome Backのライブ「第105回ビートルズ大会」まで1カ月を切りました。今回はBay Trippers with JohnnyことJohnny & The MoonCatsとして参加です。ブギウギピアニストのJohnnyに合わせたセットリストで臨みます。午後4時30分開場、5時スタートです。遊びに来てくださいね。二度目のフライヤー掲載です。

20150614flyermooncats0001


We're Talking About

 たった一人のビートルズ、Sgt. Tsugei's Only One Club Bandの告井延隆さんが7月3日(金)、東京大近くの求道会館で「リバプールサウンズから始まった!」の第2弾に臨みます。前回は、アルフィーの坂崎幸之助さんが相棒でしたが、今回は杉真理さんがゲストです。午後7時開演、前売り5,500円です。Beatlesの武道館ライブは、杉さん中学1年生の時。60年代後半の洋楽ヒットパレードが再現されるでしょう。求道会館は雰囲気がよく、楽しめますよ。詳細は、FaceBook「たった一人のビートルズ」を検索してください。

10422042_418519378309977_8198077044


11165307_455061841322397_1665161989


Dig It

 Bluesの大御所、B.B. Kingが14日、亡くなりました。89歳だったそうです。多くのファンやミュージシャンが追悼の言葉を載せています。

11143184_10153287790059568_37887560


 高校生のころ、名古屋・伏見にあったJazz喫茶グッドマンでEveryday I Have The Bluesを聴いたのが最初だったような覚えがあります。タイトルのフレーズがすぐに理解できたせいもあるのでしょう、ずっとそのフレーズが頭に残っていました。アコギでブルースフレーズを練習した最初の教科書もB.B. Kingでした。クラプトンから再会したし、アルバムLet It Beの中で 「And the BBC B.B. King And Doris Day 」と歌われたのも印象に残っています。CDラックからSingin' The BluesとThe Bluesの2枚組を出してきました。

 Blues Boy, Rest in peace.

It's Only Love

 今朝の朝日新聞に、Beatlesの衣装やジョン愛用のピアノ、レコーディング機器を展示する「ザ・ビートルズ・ミュージアム」が年内にも大分県中津市に開設されるという記事が出ていました。関東で高齢者施設を経営する千雅グループが、日本でもビートルズ関連の権利を管理する「プロデュース・センター」と展示品の貸与契約を結んだそうです。展示されるのは約2,500点に及ぶそうです。
 埼玉のジョン・レノン・ミュージアムは2000年から10年で閉鎖されました。長く続くといいですね。でも、中津は遠いなぁ。中津は博多から1時間ちょっと、武雄温泉からは約2時間半。温泉deビートルズはもっと盛り上がるでしょうね。

Turn My Face To The Wall

 還暦を迎え英国へ1年間遊びに行った南知多のKRDさんが、ロンドン生活を満喫しています。南北アメリカ大陸を徒歩で縦断したジョージ・ミーガンさんに会ったり、かつては122軒あったレコード屋も今では5軒になったという淋しい1946-1996年の歴史を写真と資料で展示しているMuseum of Soho and British record shop archiveを訪れたりしている様子をFBに上げています。昨日はディランの絵を展示販売しているギャラリーのことを報告していました。ディランの絵というと、1968年のThe Bandのデビューアルバム「Music From Big Pink」のジャケットが知られていますね。2010年には東京でもThe Drawn Blank Seriesとして水彩の原画とリトグラフの展示会が開かれたようです。


11219409_875846149160604_3536861052


 I saw the Bob Dylan's painting works for the first time in my life.
Left: House of Union Street 122×91.5 Mixed media on paper
Right: View from Two Windows 61×55×4.5 Acrylic on canvas
Halcyon Gallery@Harrods

 ボブ・ディランの絵、初めて本物を見せてもらった。以前、ドイツで個展を開いたことは知っていたが、ここで出会えるとは思ってもみなかった。ずっと、眺めていたら、ギャラリーのスタッフが親切に解説してくれて、おまけに分厚いディランの画集までくれた。買えそうに思ったのだろうか? 左は£175,000、右は£150,000。円であれば、2枚とも即購入なんだけど、二桁違うからね。

It's Been A Hard Day's Night

Dscn3084s

 東京新聞夕刊1面(時々2面にいきます)の下の方にある連載「この道」、4月下旬からチューリップの財津和夫さんが始まりました。チューリップの音楽そのものも(初期は特に)Beatlesっぽいというか、においがプンプンしますが、2012年12月に西日本新聞に連載された田家秀樹さんの「ビートルズが教えてくれた」でも最初の6回は財津さんを取り上げていましたから、当然、「この道」でもBeatlesに言及されています。

 7回目からビートルズが登場です。ビートルズを初めて知った時は「うるさい音楽だと思い込んで、どちらかというと僕はビートルズを避けていた」。高校2年の夏に「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の映画を見たことが「僕の人生を変えたと言っても過言ではありません」。それからAnd I Love Herのギターを練習したこと、1武道館のライブへ行き、「コンサートを見たことで『ビートルズみたいになりたい』という夢が芽生えたんです」などと、綴っています。

Now She's Hit The Big Time

 昨年、米・シアトルへ移ったシンガー・ソングライター福島邦子さんとJazz Vocalの野村佳乃子さんからライブのお知らせです。

6_4fryer


 福島さんは6月4日(木)、南青山マンダラで「1年ぶりです。Seattle - Tokyo Jet Lag Tour」。18:30開場、19:30スタート。1ドリンク付き3,900円。バックはいつもの西原悟さん(pf)、村山成生さん(gt)、内田隆造さん(b)、五島悠さん(ds)、保科由貴さん(vn)、田中景子さん(va)です。シアトルでもライブをしているそうで、北米の風を感じされそうです。

11156373_800626260015153_3546443403


 1週間後の6月11日(木)は、銀座Swingで野村佳乃子さんのBirthday Liveです。19:00からと21:00からの2ステージがあります。バックは、右近茂さん (ts)、 山本琢さん(pf)、田野重松さん(b)、竹内武さん(dr)で、ゲストに溺死―キングスのリーダー薗田勉慶さん(tb)、さらにマスターマジシャンの中島弘幸さん(トランプマン2号)が特別出演するそうです。ミュージックチャージは一般6,480円。「最高の音楽とエレガントなマジックをお楽しみください♪ バースデーライブのための新しいドレスを自分でデザインしています。とてもきれいな色のシルクです。ぜひ見にいらして下さいね」とのことです。

Another Girl

 ポールの武道館ライブが7月11日(土)にスカパーで放送されるそうです。どうやって見るかが問題です。

Rockbaruk


 名古屋のバンド仲間「うな武」が5月31日(日)、星ヶ丘のRock Bar UK(名東区名東本通3-3、052-701-0081)でライブです。18:30オープン、19:00スタート。初めに石巻正樹さんのソロパフォーマンス、20:15から「うな武」のステージです。入場料1,000円+1ドリンク(500円)。

Dsc_4332s


 「うな武」とPCで検索すると豊田市のうなぎ屋さんがヒットしますね。うなぎ好きのBass・MDさんとVo&Gt・TK(武)Bさんの名前からとったユニット名です。メンバーはDr・Ryoさん、Gt・ジミーのほか新加入のSax・竹下さんです。Saxは栄のポギベスマスターの友人だそうです。キヨシローやオリジナルブルースの熱い演奏が聴けますよ。

There Beneath The Blue Suburban Skies

 爽やかな青空が広がっています。一番いい季節ですね。

 ハマのJazz屋さん、ピスタイオさんからライブのお知らせが届きました。なかなか凝ったフライヤーです。3つまとめてどうぞ。

Jazz515


Image4


Image2


Cellophane Flowers Of Yellow And Green

 アッという間にゴールデンウィーク、5日間の休みが終わってしまいましたね。

20150606tulip


 新潟県長岡市の越後丘陵公園では、色とりどりのチューリップが咲き誇っていました。

Won't You Come Out To Play

 Bay Trippersの次回ライブは6月14日(日)、大塚・Welcome Backの第105回ビートルズ大会です。

20150614flyermooncats0001


 今回は、Bassはムロさんで、ブギウギピアノマンのジョニー香介が生ピ&Vocalで参加します。Bay Trippers with Johnnyですが、せっかくのジョニーなのでJohnny & The MoondogsならぬJohnny & The Mooncatsと名乗ることにしました。6人構成ですね。午後4時半オープン、演奏は5時スタート。Bay Trippers、いやJohnny & The Mooncatsはいつも通りトップバッターです。入場料1,000円に1ドリンクが必要です。

She Worked At Fifteen Clubs A Day

 1日15カ所とはいけませんが、Kさんのエネルギーはすごい。ついこの間、ポールの日本ツアー完全制覇したと思ったら、このGWもセッションしに東京へ来ていたようです。


11188182_487110638108700_5871643133


11182207_900983659965649_58466962_2

 「昨日(2日)、六本木の惣'sバーにいってきました。てつぼうセッション何でもありってやつ。軽食付き、飲み放題3500えん。オニギリ、から揚げ、家庭的なところだ。上手いベースのおっさんがいて、名古屋にツアーに行くんですと言ってたので調べたらチャキという人だった。知ってますか? キャロル・キング、オリビア・ニュートンジョン歌わしてくれた。矢沢永吉のツアーバンドだった人らしい。来月は6月13日に前乗りして(Bay Trippersの大塚・Welcome Backライブが14日)、また行こうと思ってます。今日(3日)の下北沢・ブレスでは、teaさんと、初Jetをやらかしました。他の人にソロの音が同じだったとほめられました。Jetは気持ちいいね」

Love Never Dies

 Happy Wedding Bassy & Tomoko! 今日は名古屋でBassy夫妻の結婚披露宴が執り行われました。おめでとうございます。

20150503bassywedding2


 Bay Trippersの仲間からはお祝いの寄せ書きを届けました。何と、ポールからもお祝いのメッセージも?!。


 写真じゃ読めないようなので、吹き出し部分(中央右の赤い文字)を紹介します。

 「Bassyサン! Tomokoサン! 
  オメデトー! オシアワセニネ!
  ツギワ、リバプール デ イッショニ
  ヤリマショウ!!」

 Bassyさんからコメントをいただきました。「サプライズでした!」というタイトルで以下のように書いてありました。

 「寄せ書きいただきました!さすがの粋な計らいありがとうございます。とても幸せな1日でした。いろんなつながりにあらためて感謝するいい機会でもありました。未熟な2人ですが、これからも何卒よろしくお願いします。まずは、6月のライブも楽しませていただきます!」

When The Night Has Come

Yjimage


 Stand By Me で知られるベン・E・キングさんが4月30日に亡くなったと報じられました。76歳でした。ドリフターズの歌手からソロに転じ、Stand By Meが大ヒットしたのが1961年。イントロのベースラインが心に響きます。ジョンが「Rock 'n' Roll」でカバーしたのが1975年で、以後はジョンの作品のように思われているような気もします。Meatles、いやGlass Onion時代からライブレパートリーになっています。合掌。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »