Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

Get Back To Where You Once Bolonged

 大樂藝會イン銀座2015、無事に終了しました。ご来場くださった皆さん、チケットに協力していただいた皆さん、主演バンドの皆さん、スタッフの皆さん、そして協賛くださった新橋烏森ワインバルさんに感謝です。本当にありがとうございます。

 Dscn3731s

 トップバッターはMr. Postmanです。もともとは二人組ですが、今回はBassy1人でオリジナル曲の弾き語りです。感動的なスタートです。
 1.The Bell Will Ring
 2.When I'm 60
 3.A・B・C
 4.Our Song

Dscn3739s


 続いてはPistachio Trioです。昨年までは最後の出番でしたが、今回は早めの登場です。毛利さんのピアノが相変わらずいいですね。
 1.Have Yourself A Merry Christmas
 2.All Blues
 3.Misty
 4.That's All
 5.Hi-Fly

 
Dscn3748s


 三番バッターは、御大・村串栄一さん。元気いっぱいでステージに上がります。
 1.Canpanilleros(カンパニジョロス)
 2.Soreares(ソレアレル)
 3.Bulerias(ブレリアス)
 の予定でしたが、爪の具合が悪く、最後はコーヒールンバになりました。

Dscn3751s


 次は大樂藝會は初出場ですが、サポートで今年2回ほどBay Trippersと共演したジョニーこと香介です。軽快なリズムのピアノ弾き語りを見せてくれました。3曲目と5曲目はオリジナル。5曲目、Bluebirdは2020年の東京パラリンピックに向けた曲です。

 1.北国の少女
 2.Winter Wonderland
 3.ホームタウン
 4.瞳を閉じて
 5.Bluebird

Dscn3773s


 次はPiano & Stringsの漆間巌グループです。

Dscn3754s
 今年は、日テレキャスターの小西美穂さんをグループ専属の司会に迎え、例年になく力が入っています。3曲目はこの日、急きょ追加でした。最後の弦楽四重奏も圧巻でした。
 1.ヘンリク・ヴィエニャフスキ「モスクワの思い出」
 2.イーゴリ・フロロフ「SOUVNIR」及び「RAGTIME」
 3.ヨハン・シュトラウス「皇帝円舞曲」
 4.モーツアルト「ピアノ協奏曲第12番」から第1楽章


Dscn3784s


 そろそろ大詰めです。ラス前はガ・セネターズ。昨年のコピジナル路線はボーカル・ピストンS内の転勤であえなく頓挫。今年はヘンリーさんのボーカルを、ユカリーナさんがサポート、日本語のロックに挑みました。光るクリスマスツリーの被りものも登場、盛り上げていました。

 1.二人の銀座
 2.憎いあの娘
 3.おまつり
 4.俺たちはアメリカ人の楽団
 5.黒船~タイムマシンにおねがい

Dscn3849s

 Bay Trippersは今年、トリを務めました。集まってのリハができない状況でしたが、全力で臨みました。しかし…、ミスはライブの醍醐味、という言い訳を今年も余儀なくされました。スミマセン。途中、Let It Beでは香介さんにピアノを頼みました。最後、アンコールもいただき、重ねて感謝です。

 1.Can't Buy Me Love
 2.I Saw Her Standing There
 3.Help!
 4.All My Loving
 5.Imagine
 6.One After 909
 7.Let It Be
 8.Don(t Let Me Down
 9.While My Guitar Gently Weeps
 10.Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End
 <アンコール>
 11.Get Back


 打ち上げは30人ほどで昨年と同様、銀座の旬家。ジョニーやまっくんの生ピアノに合わせ、T口先生やKさん、Bassyが歌うなどして盛り上がりました。最後までありがとうございました。


Dscn3941s

Dscn3946s


Come On, Baby, Don't Be Cold As Ice

 年末恒例のイベントとなった「大樂藝會イン銀座2015」。いよいよ明日、26日午後1時からヤマハ銀座スタジオです。
 出演は7組です。順に書きます。

 Mr. Postman(弾き語り)
 Pistachio Trio(Jazz Piano Trio)
 村串栄一(フラメンコギター)
 香介(ロックピアノ)
 漆間巌グループ(Piano & Strings)
 ガ・セネターズ(Jロック)
 Bay Trippers(Beatles Tribute)

 午後5時30分までには終わる予定です。会場内での飲食はご自由に。持ち込み、差し入れ、歓迎です。無料のアルゼンチンワインも用意します(協賛・新橋烏森ワインバル)。協力費として1,500円をお願いしています。当日券でも入れます。出入り自由です。踊り放題です。

2015flyer0001


 Bay Trippersは、ローラさんがポールの正規メンバーで半年ぶりです。昨日のクリスマスイブ、ガ・セネターズのヘンリーさんと一緒に御徒町のJam Sessionで開かれたてつぼうさん主宰のBeatles Jamに参加、実質的にリハをしてきました。予定曲のほぼ全曲を弾かせていただきました。てつぼうさんはじめ、参加者の皆さん、ありがとうございました。

12434556_926581917420015_1673951623


Can't Buy Me Love

 日曜日の13日、下北沢・Breathで開かれた「ブレス的!!特大ビートルズLive&ビートルズSessionそしてビートルズ忘年会」にKさんに連れられて行ってきました。

 LiveはThe Mixberry、The BeatlesS、Breath Band、The HUKUSUKE、Paulソーセージ&ウインナースという実力派5バンド。残念ながら、最後のウインナースしか見られませんでしたが、FaceBookからお借りした写真です。

12359980_1106635762710557_696446610


11214020_1650818351851347_856275480


12373260_1008475532549794_236563579


12391267_1693934140844960_409903689


12391264_1650843021848880_411545427


 セッションではいっぱい弾かせていただきました。While My Guitar Gently Weepsでは力が入りました。Glass OnionやI Don't Want To Spoil The Partyなどずいぶん八十日目な曲もありましたが、Can't Buy Me Love、Don't Let Me Down、I Saw Her Standing There、Back In The U.S.S.R.、Help!、All My Loving、Till There Was YouなどBay Trippersのレパートリーも多く、十分、堪能しました(練習になった、と言わねばいかないかも)。ホストの哲坊さん、ありがとうございました。Bassの吉武さん、MixberryのDrumsさんなどにもお世話になりました。「タローは元気ですか?」とBreathのマスターのほか数人から聞かれました。KさんもレフティのBassで歌ったほか、キーボードも弾いていました。


12391123_1650868475179668_686007173


Baby, You Can Drive My Car

 先月28日(日)、名古屋・新栄のトーラスで開かれたライブ「Cangees(カンジーズ)襲来」のDVDをいただきました。
Cangeesは金沢のバンドで、Peter, Paul And MaryのカバーバンドKK&Mも出演しましたが、何といってもメインはLilyさんでした。


Photo


 最初はCangeezで、「ロクデナシⅡ」、「青空」とBlue Heartsのカバーです。ゴダイゴの「ガンダーラ」、斉藤和義の「ずっと好きだった」でいったん舞台を降りました。続いて登場のKK&Mですが、なんとK&Mの二人っきりです。もう一人のKさんが孫に病気をうつされダウンしたそうですが、今さら退けないとガンバリました。Leavin' On A Jet PlaneからFor Baby、Don't Laugh At Meに続き最後はTell It On The Mountainでした。K藤さんのエレガットに合わせマリーさんの低い歌声が響きます。K藤さんのハモもいいですね。大きな拍手が送られていました。


 再びCangeezが登場して「極楽はどこだ」(ホフ・ディラン)、「Oh, Pretty Woman」(Roy Obison)に続いて、1年前の感謝還暦ライブでデビューしたPretty WomanことLilyが登場です。観客から花束が贈られます。1曲目は「Time After Time」(Cindy Lauper)。終わってステージは暗転、しばらく後にピアノのソロが始まり、スポットライトを浴びたLilyは衣装を替えていました。「夢見る少女じゃない」(相川七瀬)、「フレンズ」(レベッカ)とロックナンバーを熱唱でした。

 最後は再びCangeez。「悲しい噂」(Blue Hearts)、「旅人」(Spitz)でした。楽しそうなライブでいいなぁ、と思いました。われわれも26日、頑張らねば。

'Cause I'm Going To

 12月26日(土)の大樂藝會イン銀座2015。フライヤーを少しだけ改良しました。
2015flyer0001


 そうです。出演者の順番が変わりました。当日、変わるかもしれませんが、上から出演順です。トップバッターはBassyソロのMr. Postman。永遠の前座バンド・Bay Trippersは最後になりそうです。

Let Me Take You Down

2015flyer11180001


 もう12月です。1年の早いこと。今年最後のライブは、すっかり恒例になった「大樂藝會イン銀座2015」です。3年連続の開催です。ヤマハ銀座スタジオで12月26日(土)午後0時30分開場、1時開演です。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »