Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後6時~、横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersの他、Bealtes、Silver Spoonなどが出演。セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

It's Only Love

 暖かい日になりました。日比谷公園のソメイヨシノ(たぶん)と霞が関駅の飯野ビル出口のオオシマザクラです。


Dscn4153s


Dscn4155s


You Really Got A Hold On Me

Dscn4149s


 埼玉県戸田市にある会社近くの桜もちらほら咲き始めました。春はそこまで来ていますね。

Dscn4147s160324jams


 3月最後のセッションは24日、上野御徒町のJam Sessionへ。哲坊とシェリーのセッションです。いつものようにヘンリーさんと立ち食いの寿司屋でエネルギーを補給して出陣。ジェイクさんの赤坂Crawfishのセッションでよく一緒になったスーさんが来ていました。大塚Welcome Backのライブでもご一緒したことがありますが、ずいぶん久しぶりです。タローやBassyはどうしてるか聞かれました。そんな話もすぐにセッションがスタートして中断です。今日もジョージさんはいないようで、最初からステージへ。結局7時半から帰る10時半まで、すべての曲でギターを弾きました。ヘンリーさんにはあきれられるし、3時間立ちっぱなしは、さすがにえらかったでかんわ。でも楽しくて、楽しくて。よっぴーさんとは3曲ほどツインリードで遊びましたし、閣下とはルーフトップやAbbey Road B面メドレーで大満足です。Bassyはいなかったけど、Oh! Darlingではシェリーさんがボーカルをカバーしてくれました。九州から見えたドラムのグッチさんは、福岡でローラさんとも一緒になったことがあるそうです。ほかにもBlues ギターの名人も参加されるなど充実のセッションでした。

 演奏された曲を思い出しながら書きだします。順不同です。数曲、2回やってます。

 I Saw Her Standing There、I Don't Want To Spoil The Party、You're Going To Lose That Girl、Help!、Don't Let Me Down、One After 909、Something、While My Guitar Gently Weeps、Day Tripper、If I Fell、Nowhere Man、Till There Was You、And I Love Her、No Reply、In My Life、Come Together、Tell Me Why、This Boy、Yes It Is、Blue Jay Way、And Your Bird Can Sing、Oh! Darling、You Really Got A Hod On Me、Help!、Don't Let Me Down、Back In The U.S.S.R.、I've Got A Feeling、Come Together、Get Back、One After 909、Mean Mr. Mustard ~ She Came In Through Tha Bathroom Window ~ Polythene Pam ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、She Said She Said、Rain、Paperback Writer

Asked A Girl

160321_193901


 家から2駅のあざみ野にあるライブバー・ジャングルポケットに行ってきました。DADA(永沼忠明さん) & MIHO(鈴木みほさん)のライブとセッションです。Beatlesマニアはいなくて、セッション参加のお客さんは20人近くいたうち5人だけでした。セッションしたBeatlesナンバーは、Yesterday、Blackbird、All My Loving、Eight Days A Week、Drive My Car、Let It Beの6曲でした。Bassは全曲、歌はYesterdayを除き職業がポール・マッカートニーの永沼さんでした。気持ちよく弾けました。ジョンがいればルーフトップやりたかったですね。セッションではこの他、花の首飾り、おそうじおばちゃん、僕のマリー、東京ラプソディ―、オーソレミオなどが歌われました。


 お店のブログから写真を拝借しました。

Cd0c034bs


She's Got The Devil In Her Heart

20160325


 3連休の真ん中、ようやく陽が出てきました。各地でBeatlesセッションが開かれていますが、家でじっとしています。

 横浜のピスタチオさんから春休みから4月にかけてのライブ案内が届きました。

 ○3月22日(火曜)午後8時~同11時30分:赤坂見附のライブハウス「酒屋バー」(港区赤坂3-10-14地下2階) 03-3584-1717  出演:mayumi(vo&p)古谷悠(b)ピスタチオ(ds)  入場料:1500円かも
 ○3月25日(金曜)午後7時30分~同11時:博物館カフェ&バー「うっふ」(横浜市中区宮川町2-23-4) 045-315-5517 出演:YUZUho(contortion:軟体芸術) with毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo) 入場:無料(投げ銭です)
 ○4月15日(金曜)午後7時30分~同11時:博物館カフェ&バー「うっふ」(横浜市中区宮川町2-23-4) 045-315-5517 出演:大野圭子(vo&flh) with毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo) 入場:無料(投げ銭です)
 ○4月22日(金曜)午後7時30分~同11時:ベルギービール専門店「ルタンペルデュ」(横浜市中区野毛町2-78-10) 045-242-9777 出演:加藤アオイ(vo&p)藍沢栄治(b)ピスタチオ(ds) 投げ銭?

Two Of Us

 横浜・鶴見のラバーソウルの第2回浜の…ビートルズセッション会に行ってきました。来日時に高校2年だったそうですから、3つほど先輩のバンドなどにぎやかな顔ぶれでした。楽器屋さんのギターがいて、今日はギターとベースと半々ぐらい弾いてきました。このセッション、楽器は皆さん自分のをお持ちでした。もちろん、お店の楽器も使えます。今日はRed BerryさんのPaul Reed Smithを弾かせていただきました。ありがとうございます。

Dscn4144s

 ギターで参加したのはBaby It's You、A Hard Days Night、All My Loving、Mr. Moonlight、Eight Days A Weekの5曲、ベースを弾いたのはNo Rely、We Can Work It Out、Drive My Car、Two Of Us、Tell Me Why5曲でした。今日は楽譜を持っていって正解でした。セッションではこのほか、The Night Before、This Boy、Match Box、I Want To Hold Your Hand、Please Please Me、You Won't See Me、Here There And Everywhere、Nowhere Man、Oh! Darlingなどが演奏されました。

You're Not The Same

 3月3回目のセッションは15日、駒込・K2Oの「てつぼう、シェリーのビートルズその他何でも」。いつものようにヘンリーさんと行きました。「その他」に気を取られ、学生時代の演奏曲やパープル、上田正樹、荒井由実、GSの楽譜を用意し、Beatlesノートは持っていかなかったのが大失敗でした。パーティー、浮気娘、君はいずこへなどのリフを全く忘れていて失敗こきました。すんまへんでした。その他はDeep PurpleのHighway Starをヘンリーさんとツインギターで弾けました。ヘンリーさんはキャロルのハニーエンジェル、ファンキーモンキーベイビーを演奏していました。


Dscn4140s


 その他はBeatlesでした。10時ぐらいで帰りましたが、思い出しながら演奏曲を並べます。


 I Don't Want To Spoil The Party、Twist And Shout、Till There Was You、If I Fell、No Reply、You're Going To Lose That Girl、Nowhere Man、It Won't Be Long、Eight Days A Week、In My Life、I'm Looking Through You、Run For Yourself、This Boy、Something、While My Guitar Gently Weeps and more …

Tell Me The Answer

Dscn4122s

 通勤途中、モクレンの白い花が春の訪れが近いことを教えてくれますが、震災5年目の今日は身も心も寒い日でした。
12802981_984474068299602_1903658250

 ジョージ・マーティンの訃報に触れた昨夜は、上野御徒町Jam SessionでのBeatles Sessionに出かけました。ヘンリさんとBassyさんと一緒でした。BassyのOh! Darling、素晴らしかったですね。ヘンリさんとはいつものSomething、While My Guitar Gently Weepsなどに加えてCome Togetherを初めて一緒にできました。Red BerryのVocalさんが来ていてDrive My CarとHelter Skelter。Helter Skelterの間奏をトチってしまい残念でした。また反省です。閣下とやったルーフトップライブ3曲も気持ちよく、Abbey Road B面メドレーも楽しかったですね。よっぴーさん、にっしーさんとも演奏でき、あっという間の11時前でした。


Dscn4125s


12821640_1699353570282832_868342705


 何が演奏されたか、思い出しながら書いていきます。

 Come Together、I've Got A Feeling、Don't Let Me Down、Help!、I Saw Her Standing There、Slow Dawn、Pease Please Me、It Won't Be Long、All My Loving、For You Blue、Mr. Moonlight、Eight Days A Week、Ob-La-Di, Ob-La-Da、Oh! Darling、I'm Looking Through You、Drive My Car、Helter Skelter、Nowhere Man、I Want To Hold Your Hand、Day Tripper、Let It Be、Something、While My Guitar Gently Weeps、Back In The U.S.S.R.、Dear Prudence, Glass Onion、Birthday、Mean Mr. Mustard ~ Polethene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Wiondow ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、I've Got A Feeling、One After 909、Get Back

I Look At All The Lonely People

 8日、ジョージ・マーティン氏が亡くなったそうです。90歳。合掌。

20160309georgemartin


 ポールが出したコメントを引用します。

 I’m so sad to hear the news of the passing of dear George Martin. I have so many wonderful memories of this great man that will be with me forever. He was a true gentleman and like a second father to me. He guided the career of The Beatles with such skill and good humour that he became a true friend to me and my family. If anyone earned the title of the fifth Beatle it was George. From the day that he gave The Beatles our first recording contract, to the last time I saw him, he was the most generous, intelligent and musical person I’ve ever had the pleasure to know.

 It’s hard to choose favourite memories of my time with George, there are so many but one that comes to mind was the time I brought the song 'Yesterday’ to a recording session and the guys in the band suggested that I sang it solo and accompany myself on guitar. After I had done thisGeorge Martin said to me, "Paul I have an idea of putting a string quartet on the record". I said, “Oh no George, we are a rock and roll band and I don’t think it’s a good idea”. With the gentle bedside manner of a great producer he said to me, "Let us try it and if it doesn’t work we won’t use it and we’ll go with your solo version". I agreed to this and went round to his house the next day to work on the arrangement.

 He took my chords that I showed him and spread the notes out across the piano, putting the cello in the low octave and the first violin in a high octave and gave me my first lesson in how strings were voiced for a quartet. When we recorded the string quartet at Abbey Road, it was so thrilling to know his idea was so correct that I went round telling people about it for weeks. His idea obviously worked because the song subsequently became one of the most recorded songs ever with versions by Frank Sinatra, Elvis Presley, Ray Charles, Marvin Gaye and thousands more. This is just one of the many memories I have of George who went on to help me with arrangements on 'Eleanor Rigby', 'Live and Let Die' and many other songs of mine.

 I am proud to have known such a fine gentleman with such a keen sense of humour, who had the ability to poke fun at himself. Even when he was Knighted by the Queen there was never the slightest trace of snobbery about him.

 My family and I, to whom he was a dear friend, will miss him greatly and send our love to his wife Judy and their kids Giles and Lucy, and the grandkids.

 The world has lost a truly great man who left an indelible mark on my soul and the history of British music. God bless you George and all who sail in you!
 Paul


「ジョージ・マーティンの訃報を聞いて、とても悲しい気持ちでいます。偉大な人物である彼とは、本当にたくさんの素晴らしい思い出があり、その思い出は永遠に僕の中から消えることはありません。彼は本当の紳士であり、僕にとっては二人目の父親のような存在でした。技術と気の利いたユーモアでザ・ビートルズのキャリアを導いてくれた彼は、僕と僕の家族の真の友人になりました。もし誰かが5人目のザ・ビートルズの座を得ることができるとすれば、その座はジョージのものです。彼がザ・ビートルズの最初のレコーディング契約を結んだ日から、僕が彼に最後に会った日まで、最も寛大で、聡明で、音楽に精通した彼と知り合うことができたことを光栄に思ってます。
 ジョージとすごした日々の中で、一番気に入っている思い出を選ぶのは難しいことです。たくさんの思い出がありますが、一つ思い浮かぶのは、僕がレコーディングの場に自分で書いた”Yesterday”を持って行った時のことです。ギターを弾きながら、僕が一人で歌ったらどうかと、メンバーが言ったことがありました。一人で歌った後、ジョージ・マーティンは僕に『ポール、この曲に弦楽四重奏を加えるという考えがあるんだ』と言ってきました。『いやいや、ジョージ。僕たちはロックンロール・バンドなんだ。それはいいアイディアとは言えないな』と僕は答えました。労わるような優しい口調で、偉大なるプロデューサーである彼は僕に言いました。『試してみよう。もしうまくいかなかった時は弦楽器を入れずに、君のソロ・ヴァージョンでいけばいいじゃないか』。僕は彼の意見に同意して、次の日にはアレンジを加える作業をするために、彼の家に行ったんです。
 彼は僕が見せたコードを使って、ピアノで音符の幅を広げ、低いオクターヴのチェロや高いオクターヴでの第一ヴァイオリンを付け加え、弦楽四重奏がどんな音を持っているか、初めてのレッスンを僕にしてくれたのです。彼のアイデアが生きていたのは明らかで、その曲は結果として、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリー、レイ・チャールズ、マーヴィン・ゲイをはじめとした何千ものアーティストによって、最も多くレコーディングされた曲の一つとなりました。
 ジョージについて僕が持っているたくさんの思い出のうちの一つでしかないですが、彼は“Eleanor Rigby”や“Live and Let Die”をはじめ、たくさんの僕の曲のアレンジを手助けし続けてくれたのです。
鋭いユーモアのセンスを兼ね備え、自分自身を嘲ることもできた、あんなにも素晴らしい紳士と知り合えたことを誇りに思っています。女王からナイトの称号を送られた時でさえ、彼については鼻にかける様子は微塵もありませんでした。
 彼の親しい友人であった僕と僕の家族は、彼のことを非常に惜しみ、彼の妻であるジュディと、子どもたちのジャイルズとルーシー、そして孫たちに我々の愛を送ります。
 私の魂とイギリス音楽の歴史に消えることのない跡を遺した真に偉大な人を世界は失いました。
 ジョージ・マーティンと、あなたの港に入港したすべての人々に神の御加護がありますように」(NME Japan)

Grandchildren On Your Knee

Dscn4115s_2


 会社の前の河津桜が満開になりました。いよいよ春ですね。

 10日上野御徒町Jam Session、15日駒込K2Oのセッションへ行こうと思っています。

I Pick A Moon Dog

 Dscn4074s

 亀戸八幡宮は4日、梅まつり開催中でしたが、まだ少し早いようでした。受験生の絵馬がたくさんありました。スカイツリーも近くに見えました。


 3月最初のセッションはヘンリーさんと亀戸バーンへ。2人ではCome Together、Something、While My Guitar Gently Weeps、、Get Back、Dig A Ponyを演奏しました。今回は最初の10曲ほどは観客、次の2曲はBassで参戦でしたが、9時ごろから11時ごろまではずっと弾いていたような気がします。帰ったら0時40分。3時15分前ではありませんが、遅いですね。

 演奏された曲を挙げていきます。

 I Saw Her Standing There、All My Loving、、Money、Slow Down、The Hippy Hippy Shake、You Can Do That、I Want To Hold Your Hand、All My Loving、、And I Love Her、Day Tripper、Nowhere Man、In My life、Lady Madonna、Let It Be、Come Together、Something、While My Guitar Gently Weeps、Here Comes The sun、Get Back、Tiketo To Ride、Help!、Don't Let Me Down、All My Loving、From Me To You、Till There Was You、No Reply、Besame Mucho、If I Fell、Eight Days A Week、Nowhere Man、Get Back、Dig A Pony、Lady Madonna and more …

20160304burn


12814803_970466153041522_2574584484


I Saw A Film Today Oh Boy

 1960年代から70年代に米国ウエストコーストの音楽シーンに多大な影響を与えたセッション・ミュージシャンのグループ「Wrecking Crew」を紹介するドキュメンタリー「レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち」を見てきました。

Dscn4070s


 ソニーとシェールのThe Beat Goes On、ママス&パパスのCalifornia Dreamin'、ビーチ・ボーイズのGood Vibration、ナンシー・シナトラとフランク・シナトラのSomethin' Stupid、バーズのMr. Tambourine Man、ハーブ・アルバートとティファナブラスのA Taste Of Honeyなど中学生から高校時代に聴いていた曲が次々と出てきます。映画は、ギターのトミー・テデスコを中心に描かれていますが(監督が息子のデニー・テデスコ)、24歳からギターを弾き始めたとは信じられません。やっぱ、練習が一番必要ですね。

Cellophane Flowers

Dscn4060s


 たまプラの東急に飾ってありました。尾張徳川家のものを再現したものだそうです。今年は武者人形がいりますね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »