Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

Standing In The Rain

 5月も明日でおしまい。2016年ももう12分の5が終わってしまうのです。甲府のQさんからライブのお知らせです。

13315354_1639285169727711_695083190


 6月10日(金)午後8時から、甲府市のCotton ClubでBossa Nova Nightです。チャージは500円。

You'd Better Slow Down

13332844_877622259030959_8622635415


 名古屋のソウルフルバンド「うな武」が6月24日(金)、星ヶ丘・Slow Bluesで久々のライブです。富山の木こりシンガーとして活躍しているBlues Singer SongwriterのW.C.カラスさんとの共演です。W.C.はWild Childの略だということです。ミュージックチャージ2,000円、テーブルチャージ500円+飲食代です。
 「うな武」は、Vocal & Guitarの武部さん、Bass前田さん、Gitarジミーさん、Sax竹下さんは変わりませんが、DrumsはRyoさんから海付大地さんになりました。

 

Climbing Up The Eiffel Tower

 26日、ヘンリーさんと、どこのセッションに行こうか、悩みました。鶴見・Rubber Soulでは「浜の…Beatles Session」、上野御徒町・Jam Sessionではいつもの哲ボー&シェリーの「Beatles Jam」、もう一つ、赤坂・Villageではこの日からスタートの「Beatles Session with いも娘」。きっと、Villageは込むだろうからと御徒町に決めました。会社の同僚1人も誘って、立ち食い寿司屋で腹ごしらえしてJam Sessionに行きました。すでにセッションは始まっていて、Johnny B. Goode、Roll Over Beethoven、You Really Got A Hod On Me が演奏されていました。この時点では、プレイヤーはわれわれ含め4人でしたが、だんだん増えていきました。9時過ぎに登場した閣下とは、掟破りのPurpleをやってしまいました。ヘンリーさんGitarで、こちらはBassを担当し、閣下がボーカルで、ドラムとキーボードも入れてSmoke On The WaterとHighway Star。最後のBurnはBassを閣下に戻しました。久しぶりのパープルでしたが、気持ちよかったです。ちょっと飲み過ぎていて、スピードについていくのがやっと、いや、ちょっと遅れ気味でしたね。下の写真はまさに「紫の炎」ですね。

Dscn4545s


 Beatlesもずいぶん、演奏しました。ヘンリーさんに言わせると、4時間のうち3時間以上ステージにいたようです。Purpleのほか、I Should Have Known Better、Something、Please Please Me、From Me To You、I Saw Her Standing There、While My Guitar Gently WeepsでもBassを弾きました。セッションの最後はMRTさんのI Am The Walrusでしたね。その前は閣下とMean Mr. Mustard ~ Polythene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Window ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End。その前にI've Got A Feeling、One After 909もやりました。今月5日が誕生日のヘンリーさんとはBirthdayからYer Bluesのほか、Help!、Micchellを演奏しました。その他、覚えている限りの曲を挙げてみましょう。All My Loving、Eight Days A Week、I Feel Fine、No Reply、Till There Was You、You Can't Do That、A Hard Days Night……まだあったかなぁ。

Carry That Weight, A Long Time


Dscn4541_2

昨日の東京新聞夕刊第二社会面です。「すべての悩みは人間関係の悩み」としたアドラー心理学を昨日の朝、テレビニュースで取り上げていたのを思い出しました。

Now She's Hit The Big Time In The U.S.A.

 2年前から米・シアトルで暮らすシンガー・ソングライター 福島邦子さんのライブ「Seattle ~ Tokyo Jet Lug Tour Live Vol.2 " I am Home "」が24日、南青山マンダラで開かれました。1970年代終わりのころに彼女のマネージャーをしていたTさんと一緒でした。昨年の帰国ライブは仕事の関係で行けなかったので、2年ぶりのライブでした。


Dscn4533s


 西原悟(pf)、内田隆造(b)、村山成生(g)、五島悠(dr)、田中景子(vla)、保科由貴(vn) の皆さんはいつものバックバンドです。オープニングのバンド演奏に誘われて登場した福島さんが最初に歌ったのは「ボサノバ」でした。「日本はいいね。食べ物も、お風呂も」で始まったMCで、「今日のライブのテーマはリラックスです」。続いて「銀の月」、その後の曲、前奏を聴いて「Slow Dancer」かな? と思いましたが「SIMPLE」でした。何となく雰囲気が似ていました。

 5曲目は珍しく洋楽のカバーです。オードリー・ヘップバーン主演映画「ティファニーで朝食を」で使われたMoon Riverです。続いての3曲は2001年にアルバム「JUST ME」をプロデュースしたピアニストの竹田元さんが登場し、2人だけで「My Old Home Town」、バンドが戻ってきて西原さんがアコーディオンを抱えて「Still」「琥珀の夢」でした。次の「I am Home」はこのライブのために書き上げた新曲。「孤独の船」「時の長さ」と続け、最後は「空のコトバ」でした。アンコールは「あ・し・あ・と」。これはデビューアルバムにあったお気に入りの「Begining」と同じにおいのする曲でした。アンコール含め12曲のステージでしたが、2時間余り、ゆったり、楽しい時間を過ごせました。来年もまた、帰国ライブがあるそうです。

And Your Bird Is Green

 国連が定める「生物多様性の日」に木を植えて世界中に緑の波を起こそうというグリーンウェイブのイベントが22日、戸田市の会社で行われました。


Dscn4530


 世界中で5月22日午前10時に植樹しようという運動です。24時間、地球上のどこかで木が植えられているんですね。4年連続の参加で、毎年隣の保育園児が植えてくれていましたが、今年は日曜日なので近所の小学生4人が来てくれました。葉に斑入りのハナミズキレインボーです。しっかり根付いてくれることを願っています。


 このブログ「Beat! The Meatles」、来場カウンターが5万人を超えました。ブログを始めたのは2006年8月30日でしたから10年ですね。記事数は674本だそうです。あっという間の10年です。When I'm Sixty-Fourを未来形で歌えるのもあと3カ月余ですから、本当に時の流れが速く感じます。

Rings On Every Finger

Dscn4499s


 関東のドラゴンズファンが一堂に集まる初めての催しが20日夜、池袋のHUBで開かれました。英国ふうのお店だけあってごらんの通り4人の写真が飾られていました。反対側にはジョンのトロントライブのパネルもありました。そういえば、昔、ナゴヤドームで井端選手が打席に立つ時に流れたのはWhile My Guitar Gently Weepsでしたね。

 元ドラ番記者のヘンリーさんに誘われて行ったんですが、120人も集まるというか、皆さん熱狂的で、すごいなぁと思いました。テレビで巨人戦を観戦しながらのイベントでしたが、終わった時のため息の大きさが皆さんの思いの大きさを物語っていました。ドラゴンズOBの解説者、井上一樹さんがスペシャルゲストとして参加されましたが、その熱気に驚き、うれしそうでした。6年ほど前、岐阜・長良川球場でドラのファームが欽ちゃん球団と対戦した時、二軍監督になったばかりの井上さんとお会いして以来でしたが、誠実さとファンを大事にする温かさ、野球への熱い思いは変わらぬままでした。

Dscn4505s


 熊本地震へのチャリティーオークションでは、ドラのスリッパと吉見選手のタオルをゲットしました。


Dscn4512s


Love Is All You Need

Dscn4438s


 初夏の青空が広がった14日、横浜イングリッシュガーデンで開かれた職場の後輩の結婚式に出席しました。色とりどりのバラが満開になっている中、ここでは初めてのガーデン結婚式となったそうで、大勢のバラ園見学者も遠巻きに祝福していました。神父さまの前に登場した新郎新婦に讃美歌312番に続いてOver The Rainbowが歌われ、指輪交換、結婚宣言の後の祝福の歌はAmaizing Graceでした。披露宴では、2人の出会いの場となったLiveの演奏者、Piatachio Trioが生演奏でした。Pistachio(本家)は、いつもの毒舌MCも自重し、ネクタイ姿で演奏していました。披露宴に2人が登場した時のBGMはなんと、All You Need Is Loveで、一緒に出席していたBassyと思わず「おーっ」となりました。Bassyと演奏はしませんでしたが、「The love you take is equal to the love you make」と心の中で歌いました。

Dscn4463s


Dscn4466


Slow Down

20160511dscn4425


 会社の近くのガードフェンスになぜかバラの花が。きれいだからいいけど、ちょっと不思議です。


 昨夜は新宿・レノンハウス。哲ぼうさんのBeatles その他セッションでした。演奏者は最初、哲ぼうさんを入れて3人だけ。久しぶりにアコギでStars Onの前半、No ReplyからWaitまで12曲に挑戦しました。ま、次回に期待ですね。名古屋出身の3つ年上のギターさんがお見えになりましたが、なぜかセッションは懐かしの洋楽、California Dreamin'、A House Of Rising Sun、Bus Stop、VinusからGSへ――エメラルドの伝説、亜麻色の髪の乙女、ブルーシャトー、小さなスナック、僕のマリーと続きました。そんなうちにポールの健ちゃんが登場。「やっぱりBeatlesだよ」とAll My Loving、I Saw Her Standing There、Till There Was You、Slow Down、Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The EndにHey Jude。楽しいセッションでした。

13164398_1014604091951583_802677862


Yes, I'm Lonely

 連休終盤の6日、久しぶりに亀戸・Burnのセッションにヘンリーさんと出かけました。亀戸餃子で一杯やってから、と思ったら店が閉まりかけていました。もう、売り切れだから閉店だというのです。6時なのにビックリでした。

20160506burndsc_0926s


 1964年製のGibson J160を持参した黒澤さんやピアノの小笠原さん、ウインナースのギターさん、ドラムやベース、ピアノも弾くGuitar Boyさんなど若い人も多く、元気いっぱいのセッションになりました。ヘンリーさんとはいつものSomething、While My Guitarに加えて、Yer Blues、For You Blue、Michelleと”新曲”を演奏しました。64は時間切れ、次回はA Day In The Lifeにも挑戦です。

20160506burn_received_1032034723546


 演奏された曲目です。

 I'm Happy Just Dance With You、Day Tripper、Please Please Me、I Saw Her Standing There、Twist And Shout、I Want To Hold Your Hand、I Should Have Known Better、A Hard Days Night、I Feel Fine、Rock And Roll Music、All My Loving、Any Time At All、Help!、Michelle、For You Blue、Something、While My Guitar Gently Weeps、Come Together、Don't Let Me Down、I Am The Walrus、Savoy Truffle、Oh! Darling、Ob-La-Di, Ob-La-Da、The Night Before、You Can't Do That、Lady Madonna、Nowhere Man、Let It Be、Birthday、Yer Blues、The Hippy Hippy Shake、Slow Down、Money,I Saw Her Standing There、No Reply、This Boy、If I Fell、Till There Was You、Ask Me Why

Move Over, Twice

909cavern1


 名古屋のBeatles トリビュートバンド One After 909が再び、リバプールでライブすることになったそうです。909は2014年に念願のリバプールライブを実現させました。今回は、Beatles訪日50周年の記念イベントがリバプールであり、6月29日から7月3日まで訪英します。5日間で4回のライブ、うち2回はCavern Club でのパフォーマンスです。英国ツアーへの準備も兼ねて、名古屋ではいくつかのライブが予定されています。5月22日(日)12:30~、モリコロパークで開かれる「ウォーカソン」イベントに出演。5月28日(土)19:00~、池田公園西のブラッシュアップで、GSのバンド・ルッキーズとのライブ。6月11日(土)昼は伏見・ジャスミンで909ワンマンライブです。頑張ってくださいね。

 リバプールで8月に開かれるインターナショナルBeatlesウィークには今年、福助が参加しますね。吉武さん、森山さん、哲ぼうさんらに各地のセッションでお世話になっています。こっちもガンバレ!

The Long Winding Road

Dscn4410


連休後半の初日、日帰りバスツアーで足利フラワーパークの藤を見に行きました。東名、首都高、東北道は早朝から渋滞の連続。7時市が尾出発で、館林のつつじが岡公園によって足利フラワーパーク着が3時間遅れの午後3時でした。紫や白の藤が満開で、黄色の藤も咲き始め。ボタン、シャクナゲ、クレマチスなどの花も楽しめ心癒されました。連休に出かけるのは久しぶりというか、初めてだったかもしれません。バスでの移動計10時間はさすがに疲れました。

Send Me A Postcard

 ピスタチオ(本家)さんから毎月のお便りです。職場が横浜から日比谷に変わりましたが、ハマの仕事が多いですね。 

20160506


○5月6日(金曜)午後7時30分~:「ルタンペルデュ」(横浜市中区野毛町2-78-10) 電話:045-242-9777
 出演:毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo)
 入場:無料(投げ銭です)

○5月14日(土曜)午後5時~:Wedding Reception Live
 出演:川島茂(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo)

○5月18日(水曜)午後7時30分~:「King’s Bar」(横浜市中区本町6-52地下1階) 電話:045-671-1601
  出演:加藤アオイ(p&vo)河原秀夫(b)ピスタチオ(ds)
入場料:3000円(1ドリンク付き)

○5月21日(土曜)午後8時~:「酒屋バ-」(港区赤坂3-10-14地下2階) 電話:03-3584-1717
 出演:mayumi(vo)毛利良平(p)Jake石丸(b)ピスタチオ(ds)
 入場料:1500円かも

○5月22日(日曜)午後7時~:「ちぐさ」(横浜市中区野毛町2-94 JR桜木町駅から徒歩3分ほどです) 電話: 045-315-2006
 出演:津田龍一(p&acc)TAKAKO(vo from OKINAWA)河野つつむ(sax)増根哲也(b)ピスタチオ(ds)
 ミュージックチャージ:前売り3000円、当日3500円

○5月25日(水曜)午後8時~:「酒屋バ-」(港区赤坂3-10-14地下2階) 電話:03-3584-1717
 出演:mayumi(vo&p)古谷悠(b)ピスタチオ(ds)
 入場料:1500円かも

○5月27日(金曜)午後7時30分~:「うっふ」(横浜市中区宮川町2-23-4) 電話:045-315-5517
 出演:花火(poledancer)&トム(tightrope walker)with毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo)
 入場:無料(投げ銭です)


Once There Was A Way

13124620_1707778036155378_703214289


 長い人で10連休2日目の4月最終日、下北沢・Breathの「ヨルブレ」へ。上の写真は、大ラスのWhile My Guitar Gently Weeps。ホストバンドにヘンリーさんがクラプトン、バッシーがアコギ・ジョージでした。

Dscn4372s


 先週、名古屋から届いた突然の悲報、Honey Pie 2のBassリッキーこと三島力哉さんが亡くなったことを胸に出かけました。まだ若いのに残念です。合掌。
 
 ヨルブレへの参戦は初めて。ホストバンドはJohnがkeiさん、Paulがマサさん、GeorgeがTeacher前田さん、Ringoがアキラスターキーさんの凄腕揃い。前田さんとはJakeさん時代のCrawfishセッション以来の再会でした。Bay Trippersは美浜に帰ったタロー以外の4人が集まり、Apple Honeyの森山さん、トーマさんも参加され楽しいセッションでした。レフティフヘナー持参のKさんは64、Party、If I Fellを、端午の節句の5日が誕生日のヘンリーさんは自分でBirthdayでお祝いです。バッシーはBass弾きながらのDrive My Carを披露していました。アキラスターキーさんにドラムをサポートしてもらってのBay TrippersはAbbey Road B面メドレーを演奏させていただきました。


Dscn4378s

 

 ホストバンドのパフォーマンスも含めセッションの全曲です。50曲近くありましたね。

 Can't Buy Me Love、Please Please Me、Honey Don't、You Can't Do That、I Feel Fine、You Really Got A Hod On Me、Back In The U.S.S.R.、Things We Said Today、Lady Madonna、Yesterday、Hey Jude、A Hard Days Night、Ob-La-Di, Ob-La-Da、Twist And Shout、I Saw Her Standing There、Birthday、You're Going To Lose That Girl、Roll Over Beethoven、She Loves You、I Want To Hold Your Hand、When I'm Sixty-Four、I Don't Want To Spoil The Party、If I Fell、Let It Be、Ticket To Ride、Glass Onion、Mean Mr. Mustard ~ Polythene Pam ~ She Came In Through Tha Bathroom Window ^ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、Dear Pudence、Dig A Pony、Dive My Car、Old Bown Shoe、Jet Band On The Run、Let It Be、Tell Me Why、Let It Be、Hey Jude、Do You Want To Know A Secret、All My Loving、I Should Have Known Better、Bad Boy、While My Guitar Gently Weeps、Kansas City、Roll Over Beethoven

 Kさんは今日のヒルブレにも参戦です。昨日の続きみたいですね。

501breath64

 2013年夏の名古屋・Memory Laneで開かれたHoney Pie 2のライブです。中央奥がリッキーです。

20130825honeypie2s


« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »