Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後5時開場、5時30分開演。横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersは初っ端、5時30分~6時に出演。他にピギーズ、悟、Silver Spoon、セッションバンドが出演。その後セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« Everybody Saw The Sunshine | トップページ | Say The Word »

Boy, You're Gonna Carry That Weight

 梅雨が明けません。


 8月1日付で名古屋に転勤になるO島さんの送別会が神田の昭和で開かれました。昭和は客が演奏できるフォーク酒場として知られています。タローがドラムのサポートに入っていたダイム村上バンドのホームグラウンドでもあります。O島さんは何回か行っており、風やかぐや姫を歌っていたそうです。その話を聞いたヘンリさんが「じゃあ一回一緒にやりましょう」と誘っていたのですが、名古屋転勤でその場が送別会になりました。弥生さんとオサムさん夫妻、北嶋さん、森山さんのほか昭和の客でもあるJapan Timesの運動部長生沢さんも参加されました。


 団体参加グループは一度に4曲できるシステムです。前のグループがBeatlesをやったので、それを受け、初めはMichellを演奏。2曲目に、東京生活を卒業するとこじつけ、荒井由実の「卒業」を弥生さんのボーカルでしっとり。ワウペダルはありませんが、間奏もそれっぽく弾けて満足でした。3曲目は、主賓のO島さんの54歳の別れじゃなく「22歳の別れ」です。多少、練習したんですが、間奏とかあかんかったですね。最後はBeatlesに戻ってSomethingでした。

Dscn4926s


 二順目は、なぜか上田正樹と有山淳司の「梅田からナンバまで」「俺の借金全部でなんぼや」を、生沢さんにドラム叩いてもらって演奏、歌いました。3曲目は主賓O島さんで「いとしのエリー」。最後は生沢さんの同僚の有田さんで「大きな古時計」でした。この後、他のお客さんと一緒にAll My Loving、A Hard Days Nightも演奏しました。

 翌日は、渋谷・Bunkamuraの映画館で「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」を見ました。良かった! 思わずデビューアルバム「LA FABULOSA GUITARRA DE PACO DE LUCIA」を買っちゃいました。Rockamencoを思い出したりしました。

Dscn4935s

 映画館に9月22日から上映される「Eight Days A Week - The Touring Years」のポスターが大きく飾られていました。1961年のリバプール時代から、1963年から66年夏まで世界15か国166公演のライブ映像を集めたドキュメンタリーです。東京では6館で上映されます。


Dscn4934s


« Everybody Saw The Sunshine | トップページ | Say The Word »

コメント

ポスターありがとうございました。
これは見なアカンですね。
セッションズ中止は残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149483/66713890

この記事へのトラックバック一覧です: Boy, You're Gonna Carry That Weight:

« Everybody Saw The Sunshine | トップページ | Say The Word »