Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後5時開場、5時30分開演。横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersは初っ端、5時30分~6時に出演。他にピギーズ、悟、Silver Spoon、セッションバンドが出演。その後セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« Boy, You're Gonna Carry That Weight | トップページ | But She Don't Care »

Say The Word

 やっと梅雨が明けた28日、鶴見・Rubber Soulで王様のライブ&セッションがありました。王様とは、2006年4月、名古屋・芸創センターで開かれたOJISAN BAND CONTEVALにMeatlesとして参加した時、ゲスト兼審査員だったような覚えがあります。


 Rubber Soulで王様は毎年、年越しカウントダウンライブをしているそうですが、今回は久しぶりに帰ってきたそうです。テーマソング「威風堂々」に乗って登場した王様、デビュー20周年であることとBirthday Month(何とリンゴと同じ7月7日)であることを強調、王様リスニング初級講座として「昨日」「あるがままにしときなさい」の2曲をショートバージョンで披露。本編の最初の曲もBeatles、リンゴの作品の「タコ園」でした。


Dscn4939s


 続いて「ぶって」(Beat It ~ Bad)、「夏の憂うつ」(Summertime Blues)、「十字路」(Crossroads)、「きつねっぽい女」(Foxy Lady)、「ぴょん」(Jump!)と、てんぽ・たもつ君と名付けられたMDプレイヤーと二人で演奏が続きました。アンコールは「深紫伝説」。「高速道の星」「速さの王様」「燃えろ」「湖上の煙」「俺の彼女は鶴見出身」「変わった感じの女」「黒い夜」「宇宙のトラック野郎」の8曲のメドレーでした。ストラトを華麗に弾きこなす王様の足元、エフェクターは2台だけでした。


Dscn4944s


 さあセッションです。お店のパウロ鈴木さんがBass、元レイニーウッズの後藤納央人さんがDrumsでサポートです。最初は地元の歯科医の先生がギター&ボーカルで「Crossroads」、ボーカルが加わって「移民の歌」。ドラムスとベースが変わり、王様とのトリオで「高速道路の星」(Highway Star)、「夜通しドンチャン騒ぎ」(Rock & Roll All Night)、「踊るデトロイト」(Detroit Rock City)、「分かれ道」(Separate Ways)です。Highway Star、ギターソロは完璧ですが、キーボードパートも王様がギターでカバーです。すごいですね。ヘンリさんが言っていた通りの凄腕ギターでした。ここで王様の息子さん、18歳の王子様がBassで登場。「脳天爆発男」(Paranoid)、「Into The Void」などを聴かせてくれました。


Dscn4945s


 セッションはここでBeatlesへ戻りました。パウロ鈴木さんBass、後藤納央人さんDrums、王様Vocal & GuitarのバックでWhile My Guitar Gently Weeps、Get Back、さらにお客さまのVocalでI Saw Her Standing Thereの3曲を弾かせていただきました。While My Guitarも日本語直訳歌詞でした。Get Backは王様が直訳の「帰って来いよ」、パウロさんが英語と、同時通訳みたいなコーラスになりました。

 
Dscn4956s_2この後、セッションはZeppelinへ。Rock'n' RollとGood Times Bad Timesで終了となりました。演奏写真は撮れなかったので、終わってから王様と2ショットです。少しばかり緊張しましたが、プロに囲まれての演奏はとても楽しかったです。ありがとうございました。


 鶴見・Rubber Soulでの王様の年越しカウントダウン、今年もあるそうです。

« Boy, You're Gonna Carry That Weight | トップページ | But She Don't Care »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149483/66747522

この記事へのトラックバック一覧です: Say The Word:

« Boy, You're Gonna Carry That Weight | トップページ | But She Don't Care »