Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時開演~5時30分終演、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。1ドリンク付き2,000円。新橋烏森ワインバル協賛のアルゼンチンワイン試飲会あり。                                                        ★Beat! The Meatles 忘年会Live 12月16日(土)午後2時-5時、名古屋・栄のメモリーレーン(中区錦3-15-10 タワービル7階)。Honey Pie、うな武、KK&M、Meatlesが出演。入場無料(追加ドリンク500円)。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

Don't Make It Bad

 9月最後のセッションは鶴見・Rubber SoulのハマのBeatles Session会。地元のバンド・リスタートさんやニコニコギター店長さん、Red Berryの戸谷さんなどいつもメンバーのほか、渋谷さんも参戦でした。セッションは和やかにゆるりと進み、パウロさんもずっと「音楽はいいなぁ」とBassを弾いて歌っていました。途中、Back In The U.S.S.R.、でオタマトーンが使われ大受けでした。

Dscn5254s


Dscn5258s


Dscn5266s


 セッションの曲は以下の通りです。
 Drive My Car、Day Tripper、Ticket To Ride、I Don't Want To Spoil The Party、Yes It Is、Boys、Back In The U.S.S.R.、World Without Love、She's A Woman、Golden Slumbers ~ Carry That Weight、The End、While My Guitar Gently Weeps、Something(Live with EC ver.)、She Said She Said、Can't Buy Me Love、Tell Me Why、Eight Days A Week、Oh! Darling、Hey Jude


14542856_1069353406493342_807885936


Always On My Mind

Dscn5246s


 新宿のTOHOシネマズで「Eight Days A Week ~ The Touring Years 」を見てきました。Beatlesのツアーは1962年2月からの英国ツアーが最初。海外ツアーは1963年10月のスウェーデンが最初で、1966年8月の米国サンフランシスコ・キャンドルスティックパークまで、世界15カ国90都市で計166回のライブがあったそうです。その記録映画ですが、PAのない時代、あの歓声の中での演奏とコーラスには本当に驚くばかりです。最強のライブバンドだったわけです。ツアーに疲れていく4人の姿もきちんと描かれています。65年のシェイ・スタジアムのライブエイズ30分のおまけもありました。64年と65年の米国ツアーに同行したラリー・ケインが映画にも出てきますが、ラリーの書いた「ビートルズ1964-65 マジカル・ヒストリー・ツアー」(2006年・小学館文庫)を読んだことを思い出しました。

I Need You

 週末、23日の金曜日は鶴見・Rubber Soulのセッションへ行きました。ホストは、寄本さんとハリー海藤さん。小倉さんのほか、クレソンさん、トーマさん、アズミンさんと久しぶりのメンバーもお見えになりました。女性Bassのわかなさん、なんちゃってドラムと自称されていたユミさん、海藤さんの知人の片山さんで総勢10人ほどのセッションでした。

 始まる前にパウロさんと「I need you」はどう発音するか、という話になりました。「アイ・ニード・ユー」と分けるんじゃなくて、続けて言うとき、言葉で書くのは難しいけど、「アイニージュー」か「アイニーデュー」かというものです。Michelleではどうだったかなぁ、と思ったら「I need you」じゃなくて「I need to」でした。ジョージの「I Need You」はやっぱり、「アイニーデュー」ですかねぇ。

Dscn5235s


 今回はパウロさんのレスポール、クレソンのグレッチ、ハリーさんのテレキャスと皆さんのギターを借りて弾くことができました。感謝です。演奏は、後期の曲を中心でしたが、Dig A Ponyはまたしても間奏を失敗、汗が出ました。SomethingはECとの来日公演バージョンでした。A Hard Day's Nightでは間奏が3連になっちゃうし、Ticket To Rideの最後のチャウーンチャウーンが1回早かったと指摘されるなど、相変わらずライブの醍醐味を楽しむことを余儀なくされました。次回にリベンジです。

Dscn5244s

 この日のセッション曲は次の通りです。

Nowhere Man、Help!、I Feel Fine、Drive My Car、One After 909、Dig A Pony、Baby's In Black、Back In The U.S.S.R.、Tell Me Why、Get Back、While My Guitar Gently Weeps、Something、I'm Happy Just Dance With You、Devil In Her Heart、You're Going To Lose That Girl、In My Life、I Saw Her Standing There、All My Loving、Ticket To Ride、A Hard Day's Night、She's A Woman、She Loves You

I Saw The Light

 ハマのJazz屋さんからのお知らせです。

   ♪  ♪  ♪

Pistachioピスタチオ(本家)出演スケジュール

○9月23日(金曜)午後7時30分~:横浜・野毛「うっふ」(横浜市中区宮川町2-13-4) 電話:045―315-5517 
出演:花火(poledancer)トム(rope-dancer)毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds) *入場無料(投げ銭)
20160923


○9月30日(金曜)午後8時~:赤坂見附「酒屋バ-」(港区赤坂3-10-14地下2階) 電話:03-3584-1717
出演:mayumi(vo)毛利良平(p)ジェイク石丸(b)ピスタチオ(ds)  *入場料:2000円(入場料+飲み放題+つまみ=5000円)
20160930


○10月7日(金曜)午後7時30分~:横浜・野毛「うっふ」(同上) 
出演:大野圭子(flgh&vo)毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds)  *入場無料(投げ銭)


○10月10日(月曜・祝日)午後6時30分~:新横浜プリンスホテル・パーティーライブ( for members only ) 出演:毛利良平(p)上野哲郎(b)ピスタチオ(ds&vo) 


○10月12日(水曜))午後7時30分~:横浜・野毛「ルタンペルデュ」(横浜市中区野毛町2-78-10) 電話:045-242-9777 
出演:毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ(ds&vo)
 *入場無料(投げ銭)


○10月13日(木曜)午後8時~:赤坂見附「酒屋バ-」(同上)
  出演:mayumi(vo&p)古谷悠(b)ピスタチオ(ds) 
*入場料:2000円(入場料+飲み放題+つまみ=5000円)


One Sweet Dream

 9月3回目のセッションは21日、赤坂・Villageへ。ライスフリーのいも娘セッションは初めてでしたが、新宿・Golden Eggでセッションをしているまさつぐさんに初めてお会いしたほか、やっとかめのアッキーさん、ジョンノレンさんらのほか、小倉さん、ワニさんらと一緒でした。


Dscn5213s


 ハリウッドボウルのライブCDはとてもいい内容でしたが、ライスフリーのメンバーから30周年記念で復刻されたレコードを見せてもらいました。よく持っているなぁ、と感心しました。

Dscn5224s


 最初にライスフリーがMagical Mystery Tour、The Word、Drive My Carの3曲を演奏してセッション開始、最後に再びライスフリーのRock And Roll Musicで終了するまで、セッション曲は33曲でした。ノレンさんのSlow Down、アッキーのジョージも良かったです。ルーフトップとAbbey Road B面を演奏できました。セッションナンバーは以下の通りです。

Dscn5216s

 I've Got A Feeling、One After 909、Get Back、While My Guitar Gently Weeps、I Want To Hold Your Hand、Day Tripper、Ticket To Ride、Hey Bulldog、I Feel Fine、Help!、Thank You Girl、You Never Give Me Your Money、Mean Mr. Mustard ~ Polethene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Wiondow ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、Dig A Pony、Back In The U.S.S.R.、Come Together、You Can Do That、Tell Me Why,I Should Have Known Better、I Feel Fine、All My Loving、Nowhere Man、Till There Was You、Slow Down、Roll Over Beethoven、From Me To You、She Loves You、I Saw Her Standing There、A Day In The Life、All You Need Is Love、Devil In Her Heart、Kansas City、Money

She's So Heavy

 13日の火曜日は、久しぶりに赤坂・CrawfishのBeatles Jamへ行きました。ヘンリさんと一緒で、店にはO倉さんやF川さんら知った顔が何人も集まってました。ホストバンドの演奏は、ルーフトップからI've Got A FeelingとDig A Ponyでした。セッション、最初は3人組のバンドの皆さんでした。F川さんは、Save Usを初披露されました。新しい曲に積極的に挑戦するのは素晴らしいですね。

 ヘンリさんと何曲かやりましたが、Yer BluesとI Want Youは、次回にリベンジが必要な出来でした。いや出来てませんでした。反省です。調子が悪かったんでしょうか。少し飲み過ぎて行ったからでしょうか。まぁ、次回は頑張りましょう。

Dscn5207s

Dscn5209s


 セッションでの演奏曲、昨夜はメモしなかったので全くの記憶頼りですが、歳のせいか、この記憶が怪しくなってます。


 Here Comes The Sun、I Don't Want To Spoil The Party、Eight Days A Week、Nowhere Man、Get Back、I Saw Her Standing There、Things We Said Today、You Can't Do That、Come Together、Yer Blues、I Want You、A Hard Days Night、Michelle、Save Us、Boys、Drive My Car、One After 909、Dear Prudence、For You Blue、Slow Down、Bad Boy、We Can Work It Out、Rain

Baby's In Black

14199245_10154421057045502_18133203


 Face BookのCavern Clubの投稿に「Live At The Hollywood Bowl」が取り上げられていました。1964年と65年のライブからのリマスター盤。世界同時発売だそうで、9日午後、戸田のヨーカドーで買ってしまいました。世界中でどんだけ売れてるんでしょう。22日からはライブドキュメンタリー映画「Eight Days A Week」が公開されます。

 これを記念して9日から10月2日まで銀座・ソニービル地下のPLAZA GINZAで公式グッズを集めたギャラリーが開設されるそうです。

Wants You Back Again

 7日、赤坂・VillageのカッシーBeatles Session へ一人で出かけました。7時30分ごろに到着すると、すでに荻野センパイ、渋谷さんが見えてました。途中で8人ぐらいの団体さんが来ましたが、それ以外のセッションプレイヤーは約10人。何と、リンゴは4人、ジョージは3人いましたが、ジョンとポールは1人ずつ、という珍しい組み合わせでした。


14237770_1051319678296715_206754498


14232472_1051346918293991_294821855


 途中で何曲かジョンのギターやBassも弾かせていただきました。この日のセットリストです。参加率は65%でした。


 Nowhere Man、She Loves You、Day Tripper、Come Together、Something、Eight Days A Week、Can't Buy Me Love、Back In The U.S.S.R.、All My Loving、I Call Your Name、Hey Jude、Let It Be、Slow Down、Stand By Me、I Saw Her Standing There、Don't Let Me Down、A Hard Days Night、All My Loving、I Feel Fine、While My Guitar Gently Weeps、Ticket To Ride、Kansas City、Help!、Hello Goodbye、Starting Over、No Reply、Any Time At All、I'm Down、One After 909、I Don't Want To Spoil The Party、This Boy

Showing Photographs

Dscn5198s


 Beatlesの来日50年を記念して6月25日から開かれていた「ロバート・ウィテカー写真展 歴史を刻んだビートルズ日本公演の記録」をラス前の3日に見てきました。ウィテカー氏は公式カメラマンとして東京公演に同行しており、ステージだけでなく、ホテルや機内での様子が展示されていました。壁画のようなAbbey Roadのジャケット写真も用意されており、見学者が撮影していました。

Dscn5192s


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »