Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時開演~5時30分終演、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。1ドリンク付き2,000円。新橋烏森ワインバル協賛のアルゼンチンワイン試飲会あり。                                                        ★Beat! The Meatles 忘年会Live 12月16日(土)午後2時-5時、名古屋・栄のメモリーレーン(中区錦3-15-10 タワービル7階)。Honey Pie、うな武、KK&M、Meatlesが出演。入場無料(追加ドリンク500円)。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

Why Don't We Do It In The Road ?

Pistachioピスタチオ(ds&vo)さんから11月のスケジュールが届きました。

20161106s


○11月6日(日曜)午後7時~:横浜のジャズ喫茶「ちぐさ」
(横浜市中区野毛町2-94) 電話:045―315-2006
出演:津田龍一(p)河野つつむ(sax)増根哲也(b)ピスタチオ、伊藤ちか子(acc)with中村早智(vo)TAKAKO(vo)
*入場料(ドリンク別途):前売3000円、当日3500円


○11月8日(火曜)午後7時30分~:横浜・関内「キングスバー」
(横浜市中区本町6-52 地下1階) 電話:045-671-1601
 出演:加藤アオイ(p&vo)上野哲郎(b)ピスタチオ
  *入場料:3000円(1ドリンク付き)


○11月10日(木曜)午後8時~:赤坂見附「酒屋バ-」
(港区赤坂3-10-14地下2階) 電話:03-3584-1717 
出演:mayumi(p&vo)古谷悠(b)ピスタチオ
*入場料:2000円(得割:入場料+飲み放題+おつまみ=5000円)

20161111s

○11月11日(金曜)午後7時30分:横浜・野毛「ルタンペルデュ」
(横浜市中区野毛町2-78-10) 電話:045-242-9777*入場無料(投げ銭)
出演:大野圭子(flgh&vo)毛利良平(p)中山保(b)ピスタチオ 

20161112s


○11月12日(土曜)午後8時~:赤坂見附「酒屋バ-」(同上)
出演:mayumi(vo)毛利良平(p)ジェイク石丸(b)ピスタチオ
*入場料:2000円(得割:入場料+飲み放題+おつまみ=5000円)


○11月18日(金曜)午後7時30分~:「銀座シグナス」(中央区銀座8-6-18 地下2階) 電話:03-3289-0986 入場料:3000円
 出演:加藤アオイ(p&vo)加藤真由(vo)杉山泰司(g)上野哲郎(b)ピスタチオ

20161118

○11月19日(土曜)午後7時30分~:横浜・野毛「うっふ」(横浜市中区宮川町2-13-4)電話:045―315-5517*入場無料(投げ銭)
出演:大野圭子(flgh&vo)毛利良平(p)古谷悠(b)ピスタチオ

20161119s


○11月25日(金曜)午後8時~:横浜・関内「弁天スタジオ」
(横浜市中区弁天通3-41ヨコハマエクセレントⅡ6階) 電話:045-662-8273*入場料:3000円 
出演:加藤アオイ(p&vo)加藤真由(vo)杉山泰司(g)河原秀夫(b)ピスタチオ


I Call Your Name

Dscn5393s


 富士山が初冠雪した26日、12月17日にGinza Lounge ZEROで開く大樂藝會イン銀座2016の打ち合わせをしました。フライヤーも完成し、フェイスブックにアップしました。


201612172016p10190001


 打ち合わせの後、二次会を開こうと考えている六本木の惣's Barへ。ヘンリさんは初めて行きました。チャキさんがいて、あっという間にセッションに。Ticket To Ride、Help!、Something、Come Together、All My Loving、In My Life、Michelleなどを演奏しました。


 翌27日は上野御徒町のJam Session。哲ぼう&シェリーのセッションです。Bassを始めたばかりの村田さん、オキーフさんも弾いてくれましたが、Bassでの参戦が多い日になりました。若いジョンとジョージも初めて参加され、元気をいただきました。

Dscn5403s


 Match Box、Rock And Roll Music、Dizzy Miss Lizzy、Slow Down、Octopus's Garden、Come Together、Something、I've Got A Feeling、One After 909、Get Back、Sgt. Pepper's ~ With A Little Help From My Friends、Help!、Ticket To Ride、Money、I Feel Fine、I Saw Her Standing There、While My Guitar Gently Weeps、Till There Was You、In My Life、A Day In The Life、I Want To Hold Your Hand、Revolutionなどが演奏されました。


 週末、金曜日は初めて新宿・歌舞伎町のGolden Eggへ行きました。「日本一ゆるいBeatles Session」とうたっていますが、渋谷さん、村田さんとおなじみの顔も。わが方は、ヘンリさんに加え、なんと半年余ぶりのバッシーが一緒でした。

Dscn5423s


 セッションは、まさつぐさん(John)、ようこさん(ポール)、ニッシーさん(リンゴ)がホスト。怪しい歌舞伎町の地下2階のロケーションが、とても懐かしい雰囲気でした。調子に乗って、また1曲歌ってしまいました。


Dscn5407s


 演奏曲、覚えているかなぁ。Birthday、3回も演奏しました。

 I Saw Her Standing There、Please Please Me、Help!、Ticket To Ride、Twist And Shout、I've Got A Feeling、One After 909、Don't Let Me Down、Rain、I Call Your Name、Eight Days A Week、It's Only Love、Ticket To Ride、I'll Get You、Come Together、Birthday、Yea Blues、Birthday、I Cry Instead、Honey Don't、Birthday、Get Back、Mr. Postman、Something(Live with EC)、You Won't See Me、Nowhere Man、Slow Down、I Feel Fine、She Loves You、I Want To Hold Your Hand、Drive My Car、Something、Hey Bulldog、Lady Madonna、Let It Be

Talk About Boys

 リンゴが関西空港着で来日しましたね。11月1日、渋谷へ見に行きます。

Cvxmmgrvyaaqgqp


I Saw The Light

A0115608_22291727


 池袋・ルミネ8階の映画館でハンク・ウィリアムズの伝記映画「I Saw The Light」を見ました。1946年に初めてレコーディングし、ビルボードのカントリー&ウエスタンチャートで35枚のシングル盤がベスト10入りするなど、活躍。二分脊椎症に苦しみ、酒と鎮痛剤の過剰摂取もあり、53年元日に29歳で亡くなったそうです。

 I Saw The Lightと聞くと、No Replyのサビを思い起こしてしまいますが、ハンクの曲はゴスペルっぽいナンバーでした。Beatlesのカントリーカバーは、リンゴが歌うAct Naturallyだけが公式レコーディング曲ですが、ジョージはチェット・アトキンスが好きでそういうギターを弾いていたことはよく知られていますね。ジョンも、ハンクについて「ギターを弾けないころからハンクの真似をして、Honky Tonk Bluesを演奏していた」と話しているそうです。


 21日夜は名古屋から来た友人と新橋の小さな居酒屋で飲んだ後、哲ちゃんホストのセッションに六本木へ。惣's Barは1週間で2回目になってしまいました。さなえさん、森山さん、小倉さん、渋谷さん、おぎやん、村田さんなどおなじみの面々のほか、久しぶりにまっくんにも会えました。駆けつけ3曲と言われ、I Saw Her Standing There、While My Guitar Gently Weeps、Somethingを。最後にTicket To Ride、A Hard Day's Nightを演奏しました。

Dscn5392s


20161021s


You Can Talk To Me

 18日は会社の同僚とちょうい飲みした後、六本木・惣'sBarの長島ゆりさん(Piano & Vocal)のライブ&セッションへ。先月、初めて惣'sで開かれ、哲ぼうさんや小倉さんが参戦していました。哲ぼうさんはこの日、錦糸町・六弦のセッションで、そちらへの招待もありましたが、予定通り六本木へ行きました。

 セッションは9時過ぎから始まり、最初はアコギ青年がI Shall Be Releasedなど味のあるギターを聴かせてくれました。順番が回ってきて、最初は卒業写真の鈴木茂さんに挑戦。続いてBeatlesに移りました。Eight Days A Week、Back In The U.S.S.R.、Hey Bulldog、Here There And Everywhereでギターを弾き、最後にSomethingのBassを弾かせてもらいました。名古屋出身の3つ先輩のオギヤンも参戦されていて、ドラムをたたいたりしていました。

14702268_1187534511335825_6464136_2


Well, Shake It Up, Baby

Ncs_modified20130820114251maxw640im


 デビューアルバム「Please Please Me」のB面最後の曲、Twist And Shout。1963年2月11日の夜10時過ぎ、12時間に及ぶレコーディングの最後にジョンがのどをつぶしそうな状況で歌い上げたカバー曲(原曲はアイズレーブラザ-ズ)。アコギ1本でBeatlesの告井延隆さんはラジオから流れたこの曲でBeatlesを知ったと話していました。


 その2分30秒のTwist And Shoutを1時間演奏し続ける会が今年も開かれます。12月4日(日)午後1時30分から2時30分まで、名古屋市南区千竃通4-21のムッシュです。開場は午後1時。入場無料です。キーはレコード通りDで、見るだけでも、歌うだけでも、コスプレだけでもOKです。各自、楽器持参で集まってください、とのことです。若いころに参加したことがありますが、1時間ずっと弾いているのは、とても大変でした。皆さん、頑張ってください。

 ジョンが亡くなっ後に、3歳先輩の磯部漢太郎さんが始めて今回で36回目になります。

I Believe In Yesterday

Dscn5351s


 今週はセッションと仕事の合間を見て映画も楽しんできました。もちろんシルバー料金で。


 一つは、ノルウェー・オスロを舞台にしたBeatles好きの高校生の青春映画「Yeseterday」。原題は「Beatles」。1984年にノルウェーの作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが発表した小説「Beatles」を、ベーデル・フリント監督が映画化したそうです。クリステンセンは1953年生まれなので、一つ年下。Sgt. Pepper'sに初めて針を落とすシーンなどで当時の高校生の気持ちが実感できます。と言っても、Sgt. Pepper'sのリリースは1967年。原作者は中学2年だったわけで、主人公の4人は少し年上の設定ですね。酒やたばこ、ミセス・ロビンソンも登場するから、そうじゃないとまずいでしょうね。Beatlesの曲が使われ、主人公は、自分がポールでありたいと願っているという面でBeatlesが扱われていますが、基本的には北欧の60年代後半の青春時代を懐かしむ青春映画でした。あの時代、世界中、どこでも少年の考えていることは同じだったんだなぁ、と思いました。

Dscn5354s


 もう1本はお勧めです。1970年10月4日に27歳で亡くなったジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー「ジャニス リトル・ガール・ブルー」。監督は1970年生まれのエイミー・バーグ。家族へ宛てた手紙などをもとに、ジャニスが歩んだ道を、ジャニスの気持ちに寄り添うように描いています。Summer Timeのレコーディング風景、ライブでの熱気など見ごたえ十分でした。あっという間に103分が過ぎました。

Just Like Dylan's Mr. Jones

Dylan14656294_974806775979173_79404


 13日は10月3回目のセッションで上野御徒町・Jam Sessionの真っ赤ナイトに行きました。その最中に流れてきたのがボブ・ディランのノーベル賞受賞のニュースでした。Beatlesとも縁の深かったDylanだけに皆さん、うれしそうでした。「ジョンが生きていたら平和賞だったよね」なんて会話も出ました。名古屋のKK&MのK藤さんが、自宅のDylan在庫30点余を紹介する写真を載せていたので拝借です。我が家には、いつも3曲聴いて嫌になってしまう2枚組の「BOB DYLAN AT BUDOUKAN」と「弾いて歌って、ボブ・ディラン 100 SONGS」の2つだけです。あっ、中山康樹氏の光文社新書「ビートルズとボブ・ディラン」もありました。セッションではYou've Got To Hide Your Love Awayをやろうか、という声も出ましたが、実現しませんでした。

Dscn5385s

 今朝の東京新聞朝刊でも1面トップで扱い2面の「核心」でも解説、社会面での展開のほか、1面コラムの「筆洗」や社説でも取り上げていました。

Dscn5362s


 Jam Sessionは7月1日以来3カ月ぶりの参戦です。森山さんやゴルギーさんに久しぶりに会いました。小倉さんはまたも一緒でした。トーマさんやエディさんなどと楽しい時間が過ごせました。演奏は、また、いつものように「ライブの醍醐味」をたっぷり味わえました。Till There Was Youの間奏を間違えたのは大ショックでした。動揺して最後のFからD♭のコード弾きまで失敗しました。次回、リベンジです。

 10時半ごろに引き上げるまでのセットリストです。サウンドチェックから挙げておきます。
 Drive My Car、You Can Do That、All My Loving、I Feel Fine、Roll Over Beethoven、Can't Buy Me Love、I Wanna Be Your Man、A Hard Days Night、All My Loving、Slow Down、Lady Madonna、Dizzy Miss Lizzy、I Don't Want To Spoil The Party、One After 909、If I Fell、She Loves You、Kansas City、You Like Me Too Much、Mr. Moonlight、Misery、I Saw Her Standing There、The Night Before、Come Together、Something、I Call Your Name、Till There Was You、You Can Do That、She Loves You、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band ~ With A Little Help From My Friends ~ Lucy In The Sky With Diamonds、Rain、Get Back、Dig A Pony、I've Got A Feeling、I'm Happy Just To Dance With You、Woman Is A Niger Of The World、Your Mother Should Know、Can't Buy Me Love、Let It Be ... and more

I Read The News Today

 一気に秋がやって来ました。会社へ向かう戸田の街路樹も紅葉し、赤い実をつけていました。

Dscn5346s


 今朝の東京新聞朝刊、都内版を見たら、下北沢駅前で16日に開かれる野外フェスティバルの記事がトップの扱いで載っていました。出演するバンドのほとんどは知っています。皆さん、がんばってくださいね。応援してます。

Dscn5349s


 話は変わって昨日(11日)は赤坂・CrawfishのBeatles Jamへ出かけました。小倉さんと一緒でした。ほかに藤川さんや学生さんら演奏者は10人に満たない状態でした。小倉さんとは、ルーフトップとアビイロードB面を演奏しました。まだまだ課題が多いです。反省です。

Dscn5341s


 いつも通りのセットリストです。ホストバンドの演奏も3曲入れました。少し早めに引き上げたので、もう少し曲は多いと思います。

 Twist And Shout、She's A Woman、Baby's In Black、I've Just Seen A Face、I Am Tha Walrus、I've Got A Feeling、One After 909、Michelle、Save Us、Nowhere Man、I'll Be Back、Dig A Pony、Something、Get Back、I Want To Tell You、Taxman、Hey Bulldog、Back In The U.S.S.R.、Mean Mr. Mustard ~ Polethene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Wiondow ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、Happiness Is A Warm Gun、Birthday、Not A Second Time、In My Life and more ...

Everybody Had A Good Time

 今日はジョンの誕生日。生きていれば76歳。ちょうど一回り上の辰年ですね、ジョンは。赤坂・Jaka'zでは天野さんの「ジャカビー」が開かれ、Kさんも参加されていました。ジョンの曲も何曲か演奏されたでしょうね。


14591816_1107179756016833_682340432


 Beatles' Sessionに行き始めて10カ月目に入りました。数えてみたら、43回も参戦していました。Live Houseは、亀戸・Burn、御徒町・Jam Session、新宿・Lennon House、赤坂・Crawfish、赤坂・Jaka'z、駒込・K2O、あざみ野・Jungle Pocket、下北沢・Breath、赤坂・Village、六本木・惣's Bar、渋谷・Lantern、鶴見・Rubber Soul、神田・昭和と10店を超えてます。このうち、演奏曲がほぼ分かっている28回のセッションのセットリストを集計してみました。

 28回のセッションで演奏された曲は総計というか延べ924曲。1回平均33曲になります。曲数としては157曲で、Beatlesの曲が140曲で、残り17曲は解散後のポールやジョンの曲でした。


 28回のセッションで10回以上演奏された曲は36曲ありました。1位は33回で、一晩で数回演奏されることもあるデビューアルバム最初の曲 I Saw Her Standing Thereでした。以下、10回以上の曲を挙げてみます。

 2位(26回)All My Loving、Nowhere Man
 4位(23回)Don't Let Me Down、While My Guitar Gently Weeps
 6位(22回)Something
 7位(21回)Help!、One After 909
 9位(19回)Come Together
 10位(18回)Day Tripper、I Feel Fine
 12位(17回)I've Got A Feeling
 13位(16回)Back In The U.S.S.R.、Ticket To Ride、You Can Do That
 16位(15回)Get Back、Golden Slumbers、Carry That Weight、The End、Slow Down
 21位(14回)A Hard Day's Night、Eight Days A Week、I Want To Hold Your Hand、Let It Be
 25位(12回)No Reply
 26位(11回)Birthday、Can't Buy Me Love、Drive My Car、Lady Madonna、She Came in Through The Bathroom Window、Please Please Me、She Loves You
 33位(10回)Hey Jude、Polethene Pam、Till There Was You、You're Going To Lose That Girl


 28回のセッションで1回だけの演奏は43曲、2回だけは26曲でした。いろんな人気投票とは一味違う結果になりました。

Losing My Hair

 3連休前の週末、上野の東京都美術館で開かれた「ゴッホとゴーギャン展」の開会式へ。なかなかいい展覧会でした。12月18日までにぎわいそうです。


Dscn5321s


 見終わった後、5月以来5カ月ぶりの亀戸・Burnへ。ホストの哲ぼうさんとも福助英国ツアー行く前からのやっとかめです。9時近くからお客さんが急に増えた感じで、めっちゃ盛り上がりました。今年のテーマ曲、When I'm 64も初めて演奏できました。よっぴーさんとも久しぶりにツインギターで楽しみました。Bassもたくさん弾きました。なんちゃってBassです。

14570216_10210446639179236_46585609


 
14590374_1131353870286082_409345693


14600978_1131354030286066_612113626


この日のセットリストです。最後までいなかったので、欠落があります。

 I Saw Her Standing There、All My Loving、I Want To Hold Your Hand、The Hippy Hippy Shake、Money、Roll Over Beethoven、Besame Mucho、Baby's In Black、Eight Days A Week、Oh! Darling、Hello Goodbye、A Hard Days Night、I Feel Fine、If I Fell、Rock And Roll Music、I Want To Hold Your Hand、All My Loving、Nowhere Man、Help!、The Night Before、We Can Work It Out、My Bonnie、You're Going To Lose That Girl、Day Tripper、Ticket To Ride、While My Guitar Gently Weeps、Come Together、Here Comes The Sun、Ob-La-Di, Ob-La-Da、When I'm 64、Birthday、From Me To You、Please Please Me and more


I Dig A Pony

 10月最初のセッションは5日、赤坂・Villageのカッシー’s。都合で22:00ごろまでしかいられませんでしたが、楽しいひと時を過ごしました。
Dscn5316s


 セットリストはVillageホームページからです。
 A Hard Day's Night、Nowhere Man、Don't Let Me Down、Eight Days A Week、Dizzy Miss Lizzy、Rock and Roll Music、Norwegian Wood (This Bird Has Flown)、It's Only Love、You've Got To Hide Your Love Away、Two of Us、I Want to Hold Your Hand、I Need You、Something、While My Guitar Gently Weeps、All My Loving、I've Got A Feeling、One After 909、Dig a Pony、Day Tripper、Please Please Me、Come Together、I Saw Her Standing There、Hey Jude、Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、She Loves You、You Can't Do That、I Am the Walrus、Baby It's You、You're Going To Lose That Girl、Help!、I Feel Fine、Twist and Shout

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »