Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

On Our Way Home

 仕事納めの28日、会社の納会に顔を出した後、新宿三丁目のレノンハウスの「哲かもセッション」へ。誰か来るのかなぁ、と心配してましたが、大将やワニさん、不動さん、村田さんらおなじみの方が集まってきて、今年最後のセッションを楽しめました。

Dscn5864s


 Birthdayから始まって、Dig A Pony、Two Of Usと課題曲も演奏。Kansas City ~ Hey, Hey, Hey, Hey、Eight Days A Week、This Boy、Nowhere Man、One After 909、Somethingなどがセッションされました。Here Comes The Sunを演奏して9時半ごろに帰宅の途に就きました。

 今年(2016年)、Bay Trippersはドラムのタローが愛知・美浜に転居、ジョンのBassyは子育て優先でライブは12月の大樂藝會だけしかできませんでした。その代り、ギターを弾く場を確保しようと各地のセッションに行くようになりました。1月8日の亀戸・Burnから始まり、赤坂・Crawfish、赤坂・Village、御徒町・Jam Session、駒込K2O、鶴見・Rubber Soul、六本木・惣's Bar、下北沢・Breath、神泉・Lantern、新宿・Golden Egg、新宿・Lennon House、あざみ野・Jungle Pocketへ顔を出しました。12月28日のLennon Houseまで合計60回になりました。週に1度のペースでした。
 
 神楽坂・Mash Record、新所沢・Nave Studio、立川・Crazy Jam、町田・Beatles Cafe、大宮・B+、越谷・Abbey Road、上野・Anton Studio、小岩・Johnny Angel、湯島・Fabulous Guitarsなど、まだ一度も行ったことのないセッション会場もいっぱいあります。来年はどれだけ行けるのでしょうか。

Christmas Time Is Here Again

 3連休前の22日、上野御徒町・Jam Sessionの哲ぼうさんのセッションへ、久しぶりにヘンリさんと出かけました。


Dscn5856s


 初めての方もいれば、何度もご一緒した方もみえて、楽しい時間が過ごせました。今年のセッションの最後となるのかな?

 演奏された曲は以下の通りです(順不同)。

 Nowhere Man、I Saw Her Standing There、All My Loving、Roll Over Beethoven、I Should Have Known Better、You Can't Do That、Rain、Something、No Reply、Kansas City ~ Hey, Hey, Hey, Hey、Eight Days A Week、I Don't Want To Spoil The Party、What You're Doing、Everybody's Tryong To Be My Baby、Help!、Ticket To Ride、Dizzy Miss Lizzy、You Can Do That、Nowhere Man、Taxman、She Said She Said、I Want To Hold Your Hand、Slow Down、A Day In The Life、Penny Lane、Ob-La-Di, Ob-La-Da、While My Guitar Gently Weeps、Birthday、Yer Blues、Honey Pie、Something、Let It Be,Get Back、Rain、Lady Madonna、Don't Let Me Down、Christmas Time、Happy Xmas

15622360_1244015249010465_420941148


He Shoot Coca Cola

 1950年代の米ウエストコースト・ジャズを代表するチェット・ベイカーを描いた映画「ブルーに生まれついて」(Born To Be Blue)を見てきました。ヘロインに溺れて身を滅ぼした後、一人の女性の支えを受けて復帰するまでを描いた映画です。1989年に発表された「Let's Get Lost」とは違ってドキュメンタリーではないそうで、主演のイーサン・ホークが素晴らしい演技をしていました。彼の歌うMy Funny Valentainはサイコーでした。

Dscn5849s


 最後はマイルス・デビスも駆けつけたニューヨークのBirdlandでのライブシーン。支えてきた彼女は同行せず、治療のための薬が切れて、演奏できるかどうかの不安に押しつぶされそうなチェット。その結末はパンフレットにかかれた通り「痛いほどの音楽と、愛」でした。

You Can Selebrate Anything You Want

 Dscn5682s


 大樂藝會イン銀座2016は17日(土)、銀座Lounge ZEROで盛況のうちに終了しました。6組の出演者含め総勢115人が来場してくださり、大いに盛り上がりました。協賛の新橋烏森ワインバルさんが提供してくれたアルゼンチンワイン2ケースも見事になくなりました。様々な差し入れもいただき、これまた感謝感謝です。来年も同じ会場で開きましょう、と関係者で合意しました。


 会場で配ったプログラムです。

20160002


20160001


 トップバッターはお母さんゴスペルコーラスグループ・Circle Of Voices。2年ぶりの登場でしたが、ハーモニーの美しさは格段に上がっていました。小さい子どもたちが最前列で応援していました。
Dscn5596s


 続いてこの大樂藝會の発案者・村串栄一さんと娘さんの沙夜子さん。今年も大きな病気を克服しての登場でした。
Dscn5599s


Dscn5603s

 三番手で登場は、このLounge ZEROのオーナー・中村さんが率いるロックバンド・ZERO Ⅱ。60年代、70年代の超有名曲をたっぷり聴かせてくれました。
Dscn5609s


 会場に爽やかな風を吹き込んでくれる漆間巌さんのグループが登場です。ピアノとストリングスの優しい調べが年末の疲れを癒してくれるような気がしてなりません。
Dscn5622s


 ラス前は、ガ・セネターズです。ピストン堀内の転勤で、今回はメンバーの奥さんをボーカル、コーラスに迎えて1974年の郡山ワンステップフェスティバル再現に挑みました。お約束の被り物はサンタさんでした。
Dscn5626s


 Bay Trippersは最後でした。年末なのに今年初めてのライブで、3月に生まれたBassyの娘さん、名古屋から学生時代のバンド仲間も来てくれたり、Beatlesセッション仲間のモリさんやRed Berryのクルさんも駆けつけてくれたりしました。ありがとうございます。タローが抜けた穴は、白いシャツを買ってネクタイ姿でステージに上がったおぐちゃんが埋めてくれました。ルーフトップとAbbey Road B面メドレーを中心としたセットリスト、気持ちよく演奏できました。


Dscn5800s

Dscn5707s


Dscn5691s


Dscn5692s


 開演から終わるまで、4時間半。長い間聴いていただき、重ねて感謝申し上げます。日時は決まってませんが、来年もこの会場で大樂藝會イン銀座2017を開くことで関係者が合意しました。来年もよろしくお願いします。

Come And Show Me The Magic

 いよいよ大樂藝會イン銀座2016が今週末に迫ってきました。ドラムのおぐちゃんと13日、赤坂・Crawfishのセッションで待ち合わせしました。忘年会の後で酔っ払って行きましたが、おぐちゃんも一人で飲んでもっと酔っ払っていたかも。それでも、Dig A Pony、Let It Be、While My Guitar Gently Weeps、We Can Work It Outなどを何とか一緒に演奏しました。

Dscn5582s


 その前日は銀座の老舗Jazzクラブ・Swingへ野村佳乃子さんのXmas Liveへ。Pistachio Trioのゲストで来てから1年以上のご無沙汰でした。サックス・クラリネット、ピアノ、ベース、ドラムがバックバンド。サックスの右近茂さんが間奏のアドリブで、どっかで聴いたことのあるフレーズを入れて吹いていました。ガ・セネターズのコピジナルを思い出しました。Swingの次回ライブは来年2月13日(月)、バレンタインデイの前日だそうです。たまには、ゆったり楽しむのもいいですね。

Dscn5576s


I Pick A Moon Dog

 いつの間にやら12月に入っています。17日の今年初ライブに向けて、7日は赤坂・Village、8日は上野御徒町・Jam Sessionのセッションに参戦しました。

15401146_1025371780908134_769444432


 7日は羽生結弦選手の誕生日でしたが、おぐちゃんの誕生日でもありました。Villegeでシャンパンがお祝いに出されました。


Dscn5565s


 セッションでは、ホストのカッシーが来年は1年間、大阪に住みますが、Villageセッションは続けると話してみえました。セッションでは、オキーフさんが登場したほか、ジャンさんらと知り合いになりました。この日のセットは以下の通りでした。

 A Hard Day's Night、The Long and Winding Road、 I Call Your Name、Rock and Roll Music、Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!、 One After 909、Don't Let Me Down、 The Ballad of John and Yoko、Dear Prudence, I've Got A Feeling、 Revolution、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band、Lucy in the Sky with Diamonds、 Hey Bulldog、
Martha My Dear、 While My Guitar Gently Weeps、Slow Down、 Help!、 Eight Days A Week、Birthday、Golden Slumbers - Carry That Weight - The End、Cold Turkey、 Lady Madonna、 Let It Be、Dizzy Miss Lizzy、 I'm So Tired、 She Loves You、Please Please Me、 I Feel Fine、Don't Let Me Down、 Ticket to Ride、Nowhere Man、 Back in the U.S.S.R.、 This Boy、All My Loving、 Money (That's What I Want)、P.S.I Love You、 Helter Skelter

15337594_423532231369472_8414548316

 ジョンの命日の翌8日は、Jam Sessionの真っ赤ナイト。来年1月で真っ赤さんのこのセッションも終わるとあって久しぶりに大賑わいでした。昨日、Villageで一緒だったオキーフさんらのほか、久しぶりに井上まささん、ジェットさんらにも会えました。ジョンのHappy XmasやBack In The U.S.S.R.~Dear Prudence、She Said She Saidなどをまたしてもオキーフさんと共演するなど楽しい時間でしたが、翌日の仕事のため9時過ぎで早引けしました。

Look In My Direction

201612172016p10190001s


 あっという間の師走入り。今年は12月17日(土)午後に開催する「大樂藝會イン銀座」に向けて、Bay Trippers全員によるスタジオリハが3日にありました。細かいところまでチェックして、2週間後のライブに備えました。2016年、Bay Trippersとしては初めてのライブです。嫌でも力が入りますが、張り切り過ぎないようにガンバリます。


Dscn5555s


« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »