Meatles Live

  • ★Rubber Soul 27周年 Party LIVE 6月3日(土)午後5時開場、5時30分開演。横浜・鶴見のRubber Soul。Red Berry企画、Bay Trippersは初っ端、5時30分~6時に出演。他にピギーズ、悟、Silver Spoon、セッションバンドが出演。その後セッションタイムもあり。2,200円+ドリンク代。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <5月> ★2日(火)19:30~赤坂・Village/カッシー/MC2,000円 ★2日(火)19:00~亀戸・Burn/哲ぼう/MC1,500円 ★3、10、17、24、31日(水)18:00~神泉・Lantern/1,600円 ★5日(金)19:00~立川・Crazy Jam/Beatles/2,000円 ★6日(土)19:00~湯島・Fabulous Guitars/チャック近藤/MC2,400円 ★7日(日)12:30~下北沢・Breath/ヒルブレ/MC1,900円 ★7日(日)13:00~越谷・Abbey Road/貼寸/2,000円 ★11日(水)19:00~御徒町・Jam Session/真っ赤ナイト/2,000円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★9日(火)19:30~赤坂・Crawfish/Part Masters/MC1,500円 ★12日(金)19:00~上野・Anton Studio/Silver Hammer Night/2,500円 ★12日(金)19:00~下北沢・Breath/キンブレ/MC1,900円 ★12日(金)19:30~六本木・惣’s Bar/さなえ’sなんでもナイト/2,500円 ★13日(土)17:30~御徒町・Jam Session/びいとる倶楽部/RevoleverA/2,000円 ★14日(日)14:00~赤坂・Jaka’z/てつさな裏ジャカビー/3,000円 ★18日(木)19:00~六本木・惣’s Bar/山鹿庸一/2,500円 ★18日(木)19:00~鶴見・Rubber Soul/浜のBeatlesセッション会/2,000円 ★18日(木)19:30~名古屋本郷・Armadillo/BeatlesSessionLive The Bears/MC1,000円 ★19日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/久保肇、パウロと遊ぼう/MC2,300円 ★19日(金)19:00~六本木・惣’s Bar/長島ゆりLive & Session/2,500円 ★20日(土)19:00~六本木・惣’s Bar/哲ちゃん/2,500円 ★20日(土)14:00~町田・Café Beatles Club/ ★25日(木)19:00~御徒町・Jam Session/哲ぼう&シェリー/2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Village/いも娘/MC2,000円 ★25日(木)19:00~赤坂・Jaka’z/Beatles & Rock/3,000円 ★26日(金)19:00~新宿・Golden Egg/まさつぐ/MC1,500円 ★26日(金)19:00~鶴見・Rubber Soul/寄本、Ito、パウロと遊ぼう/MC2,000円 ★26日(金)19:00~大宮・B+/哲ぼう/MC1,000円 ★27日(土)19:00~下北沢・Breath/ヨルブレ/MC1,900円

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« Come And Show Me The Magic | トップページ | He Shoot Coca Cola »

You Can Selebrate Anything You Want

 Dscn5682s


 大樂藝會イン銀座2016は17日(土)、銀座Lounge ZEROで盛況のうちに終了しました。6組の出演者含め総勢115人が来場してくださり、大いに盛り上がりました。協賛の新橋烏森ワインバルさんが提供してくれたアルゼンチンワイン2ケースも見事になくなりました。様々な差し入れもいただき、これまた感謝感謝です。来年も同じ会場で開きましょう、と関係者で合意しました。


 会場で配ったプログラムです。

20160002


20160001


 トップバッターはお母さんゴスペルコーラスグループ・Circle Of Voices。2年ぶりの登場でしたが、ハーモニーの美しさは格段に上がっていました。小さい子どもたちが最前列で応援していました。
Dscn5596s


 続いてこの大樂藝會の発案者・村串栄一さんと娘さんの沙夜子さん。今年も大きな病気を克服しての登場でした。
Dscn5599s


Dscn5603s

 三番手で登場は、このLounge ZEROのオーナー・中村さんが率いるロックバンド・ZERO Ⅱ。60年代、70年代の超有名曲をたっぷり聴かせてくれました。
Dscn5609s


 会場に爽やかな風を吹き込んでくれる漆間巌さんのグループが登場です。ピアノとストリングスの優しい調べが年末の疲れを癒してくれるような気がしてなりません。
Dscn5622s


 ラス前は、ガ・セネターズです。ピストン堀内の転勤で、今回はメンバーの奥さんをボーカル、コーラスに迎えて1974年の郡山ワンステップフェスティバル再現に挑みました。お約束の被り物はサンタさんでした。
Dscn5626s


 Bay Trippersは最後でした。年末なのに今年初めてのライブで、3月に生まれたBassyの娘さん、名古屋から学生時代のバンド仲間も来てくれたり、Beatlesセッション仲間のモリさんやRed Berryのクルさんも駆けつけてくれたりしました。ありがとうございます。タローが抜けた穴は、白いシャツを買ってネクタイ姿でステージに上がったおぐちゃんが埋めてくれました。ルーフトップとAbbey Road B面メドレーを中心としたセットリスト、気持ちよく演奏できました。


Dscn5800s

Dscn5707s


Dscn5691s


Dscn5692s


 開演から終わるまで、4時間半。長い間聴いていただき、重ねて感謝申し上げます。日時は決まってませんが、来年もこの会場で大樂藝會イン銀座2017を開くことで関係者が合意しました。来年もよろしくお願いします。

« Come And Show Me The Magic | トップページ | He Shoot Coca Cola »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149483/68893719

この記事へのトラックバック一覧です: You Can Selebrate Anything You Want:

« Come And Show Me The Magic | トップページ | He Shoot Coca Cola »