Meatles Live

  • ★埼玉Beatles祭 6月10日(土)午後6時開場、6時30分開演。東松山・レトロポップ食堂。Bay Trippersはトーマ・ジョンの応援を得て20:00ごろから出演。500円+2品オーダー。                                               ★Breath7周年記念ビートルズパーティー 7月1日(土)18:00オープン、18:30スタート。下北沢・Breath。哲ぼうジョンを迎えSHE DON'T CAREとして19:40~19:55ごろ出演。他にThe Party、Wild Wings、ヨルブレ、Another Beat、The Apple Honey、Pure Jam、The Quarry Beatなどが出演。2,900円(1ドリンク、フード付き)。                                                              ★Meatles結成20周年記念復活ライブ 7月29日(土)14:00~17:00、名古屋・栄のメモリーレーン。1997年結成のMeatlesで活動したメンバーが再集合。他にKK&M、ウエストワンズ(交渉中)が出演。入場無料の予定。                                         ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • <6月> Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« And The Band Begins To Play | トップページ | The Wild And Windy Night »

She Don't Care

 Bassy Don't Care …9日、下北沢・Breathでの新年会ライブ。Bassyの代わりに哲ぼうさんに応援してもらい、SHE DON'T CARE というバンド名で出演しました。年末の大樂藝會イン銀座のセットリストを若干変えて、臨みました。

Dscn5905s


 アルバム「Let It Be」の収録曲を、歌詞とは別の余分なセリフも入れての演奏です。「I dig a Pigmy」からのTwo Of UsからDig A Pony、I've Got A Feeling、One After 909からGet Back。最後は「I hope we passed the audition」というジョンの冗談を入れ、笑い声もサンプリングして再現しました。

Dscn5939s


Dscn5908s


 Let It Beの後はAbbey Roadです。ヘルプの哲ぼうさんのリクエストでI Want You。イントロのギターソロは失敗しましたが、最後の繰り返しの突然の終わりはバッチリ決まりました。B面メドレーはSun Kingのイントロから突然、アウトロへ飛びMean Mr. Mustard ~ Polythene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Window ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The Endを一気に流しました。細かいミスはライブならでは。いい雰囲気で演奏できました。時間は押していましたが、アンコールでCome Togetherもできました。


 SHE DON'T CAREは三番目の出演でした。

 トップはシャーロット。何と哲ぼうさんもメンバーです。ギターは貼寸さん。越谷で活躍しており、Breathは初登場。BBCライブの曲をたっぷり聴かせていただきました。

Dscn5896s

 シャーロットのセットリストです。
 Cry For A Shadow、Ain't She Sweet、The Hippy Hippy Shake、I'll Be On My Way、Soldier Of Love、Take Good Care Of My Baby、To Know Her Is To Love Her、Don't Ever Change、When I Get Home、Words Of Love、What You're Doing、This Boy、Everybdy's Trying To Be My Baby、I'm Gonna Sit Right And Cry

 二番目はThe Pier Headです。この日のライブのために結成したそうで、吉武さん(B)、トーマさん(ジョン)にピアメロさん(Piano)にジョージは貼寸さんです。兄とか弟とか言ってました。確かに衣装は違っていましたが。

Dscn5899s

 セットリストは前期から後期までバランスよく組まれていました。
 Twist And Shout、She's A Woman、You Can't Do That、You Like Me Too Much、You Won't See Me、Octopusu's Garden、Something、Get Back、Don't Let Me Down、Here Comes The Sun、I Don't Want To Spoil The Party、The Night Before、Long Tall Sally

 

 最後はモンキービジネス。元気いっぱいの演奏でした。若さにはもう勝てません。


Dscn5941s

 Ain't That A Shame、Don't Let Me Down、Get Back、Come Together、Something、Boys、Can't Buy Me Love、Norwegian Wood、While My Guitar Gently Weeps、Let It Be、Rain

 バンドパフォーマンスは終了しましたが、この後はセッションが繰り広げられました。お客さま、バンドメンバーが入り乱れて20曲を演奏しました。

15940592_1310190035711674_141483153

 The Long And Winding Road、I Should Have Known Better、I'm Happy Just To Dance With You、The Night Before、A Hard Day's Night、Birthday、Dizzy Miss Lizzy、Long Tall Sally、I Saw Her Standing There、Can't Buy Me Love、Here There And Everywhere、Ask Me Why、Baby's In Black、Penny Lane、Your Mother Should Know、Happines Is A Warm Gun、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band With A Little Help From My Friends、Nowhere Man、Hey Jude、Twist And Shout


 お疲れさまでした!!!


 実は前日の8日、赤坂・Jaka'zで「哲ぼう、さなえの裏ジャカビー」というセッションがありました。SHE DON'T CAREのメンバー全員、参加しました。9日のライブの曲、結局、すべてセッションの中で演奏しました。「公開練習」みたいなものでした。幸い参加者が少なくてできたことでした。女子バンドに入れてもらったり、Long Train Runnin'、Smoke On The Waterを演奏したり、楽しく力をいただいたセッションでした。こちらの皆さんにもありがとうです。

Dscn5882s


« And The Band Begins To Play | トップページ | The Wild And Windy Night »

コメント

今日は、酔っ払いのオッサンがいて大変でしたが、新しい試みと、サンプラーのムチのビシビシで萌えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149483/69182675

この記事へのトラックバック一覧です: She Don't Care:

« And The Band Begins To Play | トップページ | The Wild And Windy Night »