Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2017 12月9日(土)午後1時~5時30分、GINZA Lounge ZERO(銀座7-5-4毛利ビル7階)。Bay Trippers、ガ・セネターズなど。詳細未定。

SESSIONs

  • ★Coming Soon

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« I Could Stay With You | トップページ | For Tomorrow May Rain »

Nobody Ever Loved Me Like She Does

 今週も慌ただしい日が続きました。木曜日は仕事で浜松へ。ヤマハのピアノ工場も見学できました。


Dscn6507s


 翌日、美浜で孫と遊んでから、名古屋・東新町のライブハウス・Taurusへ。元ロウガンズのドラマー。ゲンカン倉橋さんの感謝還暦LIVE2019です。

Dscn6512s


 最初は、すでに還暦も遠い昔となった私たちの急造ユニット「前座バンドOver The 60s」。ミートルズの西村さん、亮さんと何度か共演したロウガンズの大野さんに急きょ、Bassの日比野さんをメンバーに加えてステージに。開演前、1時間半のリハをこなし、何とか無事にというか、本番はカチッとできたようでした。Don't Let Me Down、Helpless、I Shall Be Releasedの3曲だけでしたが、前座としての役割は果たせたようです。リハ終了直後から飲んでまったのが良かったのかもしれません。

18664365_1197137957079386_226662896


 続いて、倉橋さんの金沢勤務時代の仕事仲間のカンジーズがブルーハーツ、佐野元春のナンバーにオリジナルを加え元気なロックを聴かせてくれました。

Img_0920s


 いよいよメインイベントです。ドラムのゲンカン倉橋さんを囲むのは、カンジ―さん(Piano)、工藤さん(アコギ)、日比野さん(Bass)にVocal・リリーのエトバーズ。酉年うまれの倉橋さんだから、そう命名されました。Fly Me To The Moon、Don't Know Why、You've Got A Friend、さよならの向こう側、Stand By Me、亜麻色の髪の乙女が演奏され大盛り上がりでした。

Dscn6520s

Dscn6517s


« I Could Stay With You | トップページ | For Tomorrow May Rain »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149483/70694139

この記事へのトラックバック一覧です: Nobody Ever Loved Me Like She Does:

« I Could Stay With You | トップページ | For Tomorrow May Rain »