Meatles Live

  • ★GWビートルズ企画 中~後期編 2020年5月6日(水、振替休日)下北沢・Breath。12:00開場、12:30開演。Bay Trippersなど出演。2,600円(1ドリンク付き)                                     ★第42回ジョニエンビートルズ祭り 5月31日(日)15:00開場。小岩・Johnny Angel。企画バンド・RUBYとして出演。MC1,500円。                                                      ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

See How They Run

 Img_4682s

 会社の前の市役所通りガードレールでバラが満開になっています。

 5月3回目のセッションは、16日、赤坂・Crawfish。同僚と池袋で一杯引っかけてから行きました。きんごろうさん、オキーフさん、なっちゃん、ガブリエルさんら前回も一緒だった人たちに加え、高林さんが初参加でした。5日のセッション以来、ギターに触ってなく、演奏がいつも以上にひどかったです。自分でもびっくりするほど老人力がアップしてます。反省。次回こそは。

Img_4691s

 演奏曲は以下の通りです。

 Ticket To Ride、Don't Let Me Down、Something、Being For The Benefit Of Mr. Kite! 、When I'm Sixty-Four、You're Going To Lose That Girl、I'll Cry Instead、Act Naturally、You Won't See Me、Paper Back Writer、What You're Doing、Martha My Dear、1985、Dig A Pony、One After 909、Get Back、I'm A Loser、Anytime At All、You Can't Do That、Help!、And I Love Her、Michelle、Do You Want To Know A Secret、Lady Madonna、Your Mother Should Know、I Am The Walrus、Piggies、You Never Give Me Your Money ~ Sun King ~ Mean Mr. Mustard ~ Polethene Pam ~ She Came In Through The Bathroom Window ~ Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End、Look At Me

Tell Aunt Mary

Img_4380s

 長い連休も気が付くと残り2日。初夏の日差しを浴びて輝くツツジを見ながら鶴見・Rubber Soulへ。久保肇さんのセッションです。Bassのワカナさん以外、初めての人ばかりでした。オールジャンル+Beatlesのセッションで、Billy JoelやThe Rolling Stones、それにサックスがメインのJazzyなBluesもあって新鮮でした。

Img_4386s

 Beatlesのギターは一人だけでしたので全曲参戦できました。久保さんの脇で少し緊張しました。While My GuitarやMonkeyは久しぶりでした。Michelleをセッションで弾いたのは初めてのような気がします。Drumsの青年はBeatles勉強中ということでしたが、1回聴いて楽譜にメモしてクリアしていたのにはビックリしました。

Img_4430s

 演奏された曲は次の通りです。

 Please Please Me、I Want To Hold Your Hand、Eight Days A Week、Long Tall Sally、Michelle、Birthday、New York States Of Mind、Summer, Highland Falls、Honesty、F-Blues、Walking Blues、Honky Tonk Woman、Brown Sugar、Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band ~ With A Little Help From My Friends、While My Guitar Genty Weeps、Something、Back In The U.S.S.R.、I Saw Her Standing There、Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey、She Loves You、Mr. Moonlight、Ruby Tuesday

Img_4417s

I Roll A Stoney

59592145_10219068594687197_7388658090716

 令和最初のセッションは3日、立川のCrazy Jamへ。山鹿さんのセッションは以前、六本木・惣's Barへお邪魔したことがありますが、立川は初めての参戦です。遠いかなと思いましたが、溝の口経由で南武線を使い、所要時間は約60分で済みました。ドラムスのオグちゃんと、オグちゃんの地元バンドのボーカリスト・ハニーちゃんとイカの活き造りを肴に一杯やってから入りました。連休中ですいているかと思いきや、開演前なのにすでに満員状態。クレソンさん、高林さん、ヨシキさんなどおなじみのメンバーとも久しぶりの再会です。途中、ワイヤレスシステムがうまく作動せず音が途切れるアクシデントもありましたが、30人もの参加者がいた中でそこそこ演奏でき、楽しく過ごせました。

59651959_10219068600167334_5600334146472

 演奏曲は以下の通りです。

 Here Comes The Sun、If I Fell、Got To Get Into My Life、Rock And Roll Music、And Your Bird Can Sing、Run For Your Life、This Boy、Nowhere Man、Dig A Pony、One After 909、Can't Buy Me Love、Hello Goodbye、A Hard Day's Night、Ticket To Ride、Lady Madonna、While My Guitar Genty Weeps、Yes It Is、If I Fell、Ain't She Sweet、Twist And Shout、Maby I'm Amazed、I Feel Fine、Hey Bulldog、Oh! Darling、Back In The U.S.S.R.、She Loves You、I Want To Hold Your Hand、My Love、Hey Jude、I'm A Loser、Sgt. Peppers、Something

Turn Off Your Mind

Elle est retrouvee.

Quoi? - L'Eternite.

C'est la mer allee

Avec le soleil.

 

 学生時代に知ったランボーの詩を久しぶりに目にしました。白水社発行の月刊誌「ふらんす」5月号。池田憲昭さんが連載している「コートジボワール便り グローバルヘルスの現場から」の2回目のイントロに引用されていました。池田さんは、ゴダールの「気狂いピエロ」のエンディングで知ったそうですが、私は漫画で知ったような覚えがあります。永島慎二だったか、岡田史子だったか、全く思い出せませんが。

Img_4353s_1

 新しい時代が始まりました。何を見つけることができるのかなぁ。10連休の中、ぼぉーっと考えています。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »