Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

The Sky Is Blue

 お盆休みに入り、2日で3回のセッションを楽しみました。

Img_5272s

 まずは二子玉川のGemini Theaterで開かれたBeagles主宰の「大人のBeatlesセッション」。オグオグとハニーさんと近くの創作居酒屋で一杯、いや二杯飲んで参戦しました。さいもんのお二人や今日はお客のビバちゃん、奥さまと一緒の坂口さん、それに八十日目の森山さんやApple Honeyのピアメロさんら強力メンバーがそろっていました。ピアノなしでYou Never Give Me Your Money~Sun Kingに挑戦しましたが、ボロボロでした。「難曲チャレンジコーナー」みたいにフォローしていただきましたが、スミマセン。来月はリベンジします。

 Beaglesの演奏から始まった演奏曲は、だいたい以下の通りです。

  Tell Me Why / Day Tripper / Kansas City / Baby's In Black / We Can Work It Out / I'm A Loser / I Don't Want To Spoil The Party / Nowhere Man / I Want To Tell You / Everybody's Trying To Be My Baby / Here Comes The Sun / While My Guitar Gentle Weeps / You Never Give Me Your Money / Sun King / Hold Me Tight / Help! / Good Day Sunshine / Help! / I Feel Fine / All I've Got To Do / I'll Be Back / Come Together / Something / You Won't See Me / You Can't Do That / Octopus's Garden / Drive My Car / ALl My Loving / You Really Got A Hold On Me / I Want To Tell You / Bad Boy / Hey Bulldog / I Saw Her Standing There / Do You Want To Know A Secret

Img_5273s

  翌日午後は、浅草・Live In Appleへ初めてお邪魔しました。手島正揮さんが主宰で、谷さんがサポートでした。お盆休みを狙ったお昼の開催でしたが、お客さまは6人でしたが、バランスの取れたメンバーで楽しく演奏できました。下郷さんと会ってびっくりでしたが、彼女はこの店の常連だそうです。ドラムスの藤田さんが双子の弟さんと一緒に来ていて、ドラムだけでなくギターやベースも弾いて歌いましたが、双子デュオは声も息もピッタリで、手島さんも最大級の賛辞を送っていました。

Img_5265s

 Appleでの演奏曲は以下の通りです。

 Blackbird / Mother Nature's Son / I'll Be Back / If I Fell / This Boy / Drive My Car / Day Tripper / Ticket To Ride / I Feel Fine / Nowhere Man / We Can Work It Out / Why Don't We Do It In The Road / Get Back / One After 909 / Little Child / Yes It Is / I Call Your Name / Come Together / Something / Octopus's Garden / Revolution / I'm Down / I Want To Hold Your Hand / Oh! Darling / Honey Pie / Lady Madonna / I Don't Want To Spoil The Party / While My Guitar Gently Weeps / You're Going To Lose That Girl / Golden Slumbers ~ Carry Tha Weight ~ The End / I've Got A Feeling / Every Little Things / Baby's In Black / Yer Blues / Another Girl / All My Loving / Seachin' / The Hippy Hippy Shake / Kansas City / Two Of Us / She Loves You / Don't Let Me Down

Img_5267s

 Appleの終わった後、下郷さんと浅草で食事をして六本木の惣's Barへ。哲ぼうさんのBeatlesその他何でもセッションです。セッションはしごは初めてです。こちらもお盆休みのせいか、お客さまは他にキンゴロウさんだけ。下郷さんがポルトガル語でイパネマの娘などボサノバを弾き語りしてセッションがスタートです。キンゴロウさんがキーボードに入り、下郷さんがなんとドラムスに座り、チャキさんのBassで50周年のAbbey RoadのB面に挑戦。Here Comes The Sunから、Because、You Never Give Me Your Money、Sun King、Mean Mr. Mustard、Polethen Pam、She Came In Through The Bathroom Window、Golden Slumbers、Carry That Weight、The Endと全曲制覇でした。この後、Mother Nature's Son、Change The World、Lady Madonna、Till There Was You などを演奏しました。

 

Img_5269s

Img_5271s

 

 

Here Come Old Flattop

 8日はAbbey Roadのジャケットが撮影されて50年の節目とあって、あの横断歩道に世界中のファンが駆けつけたとニュースが流れていました。一度、ドラムスのトラで入ってもらった愛ちゃんがたまたまロンドンに行っていて、この騒ぎに遭遇したそうです。

000161652_640

 そんな日に、上野御徒町のJam Sessionへ哲ぼうさんのセッションに出かけました。

Img_5186s

 哲ぼうさんの来る前から自主的に演奏していましたが、この日も強者が続々登場。キンゴローさん、浦野さん、オキーフさん、よっぴーさん、ゴルギーさん、高林さん、さくらっち、りかちゃん、オサダさんらに加えて、市が尾・インマイライフで毎回あっていたマシュマロパイのけんちゃん、それにおぐちゃんがOldies Bandの歌姫・祐ちゃんを連れて登場しました。

 Abbey Road フォトセッションの日とは知りませんでしたが、なぜかこの日はAbbey Roadをほぼ全曲演奏するという濃い日になりました。

Img_5207s

Img_5191s

Img_5202s

 I Am The Walrusで、さくらっちはカズーでブラスを担当、ケンちゃんはボトルネックでなくボトルボディで演奏です。

Img_5190s

Img_5203s 

 翌日は猛暑の名古屋出張だったので10時ごろで引き上げましたが、それまでの演奏曲は以下の通りです。

Back In The U.S.S.R. / Oh! Darling / Octopus's Garden / Day Tripper / And Your Bird Can Sing / Something / All My Loving / Revolution / Come Together / Something / I Need You / I Feel Fine / No Reply / I Want To Hold Your Hand / Don't Let Me Down / While My Guitar Gently Weeps / Back In The U.S.S.R. / You Never Give Me Your Money / Sun King / Mean Mr.Mustard / Polethene Pam / She Came In Through The Bathroom Window / Golden Slumbers / Carry That Weight / The End / Yer Blues / I Saw Her Standing There / Nowhere Man / All My Loving / Oh! Darling / Till There Was You / I Call Your Name / Being For The Benefit Of Mr. Kite ! / Maxwell's Silver Hammer / Octpus's Garden / Rain / Nowhere Man / Drive My Car / Long Tall Sally / I Am The Walrus

It's A Clean Machine

Img_5173s  

 真夏の茅ヶ崎・Botchy Botchyで開かれたダイム村上バンドのライブに行ってきました。ヘンリさんら会社の同僚6人と高校時代の友人2人と一緒に参戦しました。写真で分かる通り、壁にはお店のギターがわんさか掛けてあります。お客さまも約50人とぎっしり満員、いやでも熱が上がっていきます。

 「ああ青春」(1979篠島コンサート)でライブはスタート。「春を呼べⅡ」(1982王様達のハイキングツアー)、「されど私の人生」(1979ツアー)と続き、なぜかタローのドラムソロが始まります。市が尾にあったインマイライフに置いてあったのと同じミニサイズのドラムスですが、力一杯叩いているようでよく響きます。ドラムソロは「マークⅡ」(1973ライブ73)の前奏となりました。「唇をかみしめて」(1982王様たちのハイキング)の後、村上さんと菊ちゃんがギターを交換しました。この日の村上さんのギターは、ESPのランダムスター。次の曲「この指とまれ」(1985ワンラストナイトつま恋)で拓郎バックバンドの青山徹さんが使っていたギターそのものだそうです。青山さんから、村上さんが借りているそうですが、「この曲は弾けない」と菊ちゃんに代わってもらったそうです。74小節もの長いソロは、つま恋ライブの音そのものだったそうです。盛り上がったところで第一部は「流星」(2012ツアー)で一区切りです。

 第二部は「知識」(1979ツアー)から始まりました。「爪」(1982王様たちのハイキング)、「冷たい雨が降っている」(1991大倉山ジャンプ競技場ライブ)、「ひらひら」(1979ツアー)、「春だったね」(2006つま恋)と怒涛の演奏が続き、最後はやっぱりあの「落陽」(1982王様達のハイキング)でした。楽屋に下がる間もなく、アンコールは2曲。最初は、弥生さんが中島みゆきになる「永遠の嘘をついてくれ」(2006年つま恋)、そした最後の最後は「人生を語らず」(2014ツアー)でした。途中でダイムさんのアコギの弦が切れ、壁に掛かっていたギターを代役に使うという(しかも2台も)ハプニングもありましたが、楽しいライブでした。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »