Meatles Live

  • ★大樂藝會イン銀座2021 2021年1月30日(土) 銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)など。新橋烏森ワインバル協賛。詳細未定                                     <以下は終了しています> ★大樂藝會イン銀座2019 12月21日(土)午後1時~5時30分、銀座7丁目・GINZA Lounge ZERO。出演は、稲熊均(Piano)、Mr. Postman(弾き語り)、ハニーハンターズ(昭和歌謡)、Silver Haired Daddies(サイモン&ガーファンクル)、Bay Trippers(Beatles)、ガ・セネターズ(コピジナル)、Gootz(ロック)。新橋烏森ワインバル協賛。1ドリンク&1グラスワイン付き2,000円★The Beatles Day 12月8日(日)開演19:30。名古屋・栄のライブバー・アンティークノエルが2000年から続けているジョンとジョージの追悼ライブ。Meatles'はいつも通り最初に出演。ほかにジェリービーンズ、ビートエスなど出演。1ドリンク付き2,500円(税別)。★All Together Now!!  4月21日(日)開場11:45、開演12:15。下北沢・Breath。2,000円(1ドリンク付き)。出演は順にCharlotte、さいもん、The B-Side、Bay Trippers ★大樂藝會イン銀座2018 12月15日(土)、GINZA Lounge ZERO。不死身のひと・村串栄一の仲間たち(Bay Trippers、ガ・セネターズ、Gootz、ゼロⅡ、ピスタチオトリオ、Mr. Postman)。新橋烏森ワインバル協賛★ジョン・レノン&ジョージ・ハリスン追悼 2018年12月8日(土)名古屋・栄のAntique Noel。ミートルズ、ジェリービーンズ、ワンアフター909ほか。★Rooftop Live 中日ビルお別れ会  2018年8月19日(日)、名古屋・栄の中日ビル屋上ビアガーデン。Eto Ones、SPITZu、Mr. Postman、、Meatles。                      

オススメLive

  • ★Coming Soon
無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

Your Mother Should Know

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止で緊急事態宣言が1カ月ほど延長される見込みとなりました。5月に予定していた2つのライブも中止となり、セッションも行けてません。

 

 このブログも書く材料がないなぁと思っていたら、Face Bookで、影響を受けた10枚のアルバムを10日間で紹介するというバトンリレーを見かけました。こういうのもいいな、と10枚のアルバムを選びました。10枚は、中学2年から大学生までの10年ほどの間に入っていました。仕事を始めてからは該当作がないというのは、ちょっとショックではありますが、まぁ、そんなものかもしれません。50年以上昔を思い出しながら、書いてみましょう。最初は、やっぱりBeatlesです。

Revolver

  Beatlesが来日した1966年6月、名古屋の北のはずれの田舎の中学2年生でした。ラジオで洋楽を聴き始めたのは、中学生になってからだと思います。当時は、歌謡曲に対してポピュラーと呼ばれていました。「9500万人のポピュラーリクエスト」という番組で、米国のキャッシュボックス、ビルボードといったヒットチャートを紹介していたのを聴いていました。小さなレコードプレーヤーを買ってもらったのも中学1年の終わりか、2年の初めだったと思います。

 Beatlesはその中で頻繁に紹介されていたので知ってはいましたが、熱狂的なファンというわけではありませんでした。女の子たちが大騒ぎしていたようで、少し引いてみていたようです。それでもこの年の5月にRubber SoulからカットされたEP盤「Michelle」を買った覚えがあります。Michelle、Girl、Nowhere Man、What Goes On の4曲入りで500円でした。繰り返し聴いて、Michelleのイントロを何とか弾こうとしていました。 

Michelle-ep

 6月30日から7月2日まで計5回の武道館ライブは、名古屋のテレビ局CBCで観ました。平日の夕方だったので、クラブ活動をしないで帰宅し、白黒テレビの前にかじりついていました。洋楽、ロックバンドのステージを、テレビではありますが、見たのは初めてでした。日本公演で演奏したPaperback Writerは、リリースされた後、多重録音がすごいと話題になりましたが、Beach BoysがGood Vibrations でそれを上回る多重録音をしたという話もラジオで盛り上がりました。そんな中で発売されたのが、Revolverでした。高校受験の模試を受けた帰りに購入した覚えがあります。初めて手にしたLPでした。不思議なイラストの表も、リンゴのサングラス姿がカッコよかった裏側の写真も気に入りました。1曲目、Taxmanのカウントにはびっくりしました。「どうなってるんだぁ」。すべての曲が不思議な世界を醸し出していました。

 

 Revolver の後もBeatlesは聴いていましたが、レコードを買うことはありませんでした。大学生になってバンド仲間からすべてのレコードを借りてカセットテープに落とし、一から聴き直しました。当時はBassの担当で、Somethingを必死でコピーしていたこともあり、Abbey Roadはすごいなぁと実感したのもそのころです。Beatlesの全アルバムをCDでそろえたのは、1990年にカバーバンドGlass Onionを結成してからでした。

_108240741_beatlesabbeyroadsquarereuters

 

 

 

 

 

Looking Through The Bent Backed Tulips

 本来なら大型連休初日の25日、運動不足解消のための散歩でチューリップ発見。近くの小学校の花壇だそうです。

Img_6659

  近くの水路ではツツジが真っ盛り。

Img_6660

 鯉のぼりもたくさん泳いでいました。

Img_6661

 この前の記事で満開だった桜はきれいな新緑に変わっていました。

Img_6662

 

 

 

 

 

 

 

Because The Sky Is Blue

 新型コロナウイルス感染症の拡大が進み、4月8日には緊急事態宣言も発令されましたが、ゴールデンウイーク近くになっても終息の気配は見えません。医療現場での奮闘には本当に頭が下がります。とにかく自分たちができることをするしかありません。手を洗う、密閉・密集・密接の3密を避けるから、外出しない、マスクをつける、通勤を避け在宅勤務というように感染防止策もどんどん強化してきています。この状態ははまだまだ続きそうです。気分的につらくなりますが、「みんなでガンバロー」です。

 

 セッションやライブは軒並み中止となっていますが、在宅勤務の合間にギターを手にする機会は増えています。弦は錆びても、腕は錆びないようにしないといけないな、と思いながらYouTubeに合わせています。

 

 通勤時には1日7,000歩ぐらい歩いていたのが、在宅ではほぼ0。これはいけないと、人通りの少ない道を選んで散歩してます。

 青空に泳ぐ鯉のぼりが気持ちよさそうです。

Img_6657

 今月初め、近くの公園のソメイヨシノです。

Img_6643

 これは先週撮ったハナミズキ。青い空に映えますね。

Img_6653

 自動車学校は休校中ですが、藤棚は元気いっぱいでした。

Img_6656

 

 

 

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »